研究者
J-GLOBAL ID:200901060397776639   更新日: 2020年08月31日

佐藤 尚

サトウ タカシ | Sato Takashi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (6件): 知能情報学 ,  認知科学 ,  計算科学 ,  ソフトコンピューティング ,  感性情報学 ,  情報学基礎論
研究キーワード (34件): 進化シミュレーション ,  進化ゲーム理論 ,  人工社会 ,  思春期主体 ,  主体価値 ,  言語進化 ,  エージェント ,  マルチエージェントシミュレーション ,  エージェントシミュレーション ,  ミクロマクロ・ループ ,  マルチエージェントシステム ,  心の理論 ,  言語の進化 ,  言語の起源 ,  敵対的生成ネットワーク ,  深層学習 ,  進化論的計算 ,  強化学習 ,  学習 ,  創発 ,  経済シミュレーション ,  社会シミュレーション ,  ゲーム理論 ,  リカレントニューラルネットワーク ,  ニューラルネットワーク ,  進化経済学 ,  人工知能 ,  動的認知主体 ,  言語の起源と進化 ,  ルールダイナミクス ,  内部ダイナミクス ,  進化言語学 ,  人工生命 ,  複雑系
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2016 - 2020 脳・生活・人生の統合的理解にもとづく思春期からの主体価値発展学(B01計画研究:社会・生活における主体価値の動態解明)
  • 2013 - 2016 強化学習個体群における行動時系列を基にしたコミュニケーション創発メカニズムの解明
  • 2010 - 2012 内部ダイナミクスを持つ動的認知主体群によるルールダイナミクスの創発とその安定化
論文 (13件):
  • Takashi Sato. Inhibition of addictive behaviors by peer-group effect in a conditional delayed reward task. Journal of Information and Communication Engineering (JICE). 2019. 5. 1. 280-286
  • Takashi Sato. Emergence of robust cooperative states by Iterative internalizations of opponents' personalized values in minority game. Journal of Information and Communication Engineering (JICE). 2017. 3. 5. 157-166
  • Akira Masumi, Takashi Sato. Analyzing the advantages of utilizing state representationsin in a probabilistic reversal learning task. Journal of Information and Communication Engineering (JICE). 2017. 3. 5. 142-147
  • Takashi Sato, Fumiko Shirasaki. A comparative study on the performances of Q-learning and neural Q-learning agents toward analysis of emergence of communication. Journal of Information and Communication Engineering (JICE) -Electric Publication-. 2016. 2. 4. 128-135
  • Takashi Sato. Emergence of proto-communication using action primitives symbolized in recurrent Q-learning agents. Journal of Information and Communication Engineering (JICE). 2016. 2. 2. 87-93
もっと見る
MISC (6件):
  • 佐藤尚, 真隅暁. 思春期主体の認知的柔軟性:計算モデルによる行動データの分析. 新学術領域研究「脳・生活・人生からの統合的理解にもとづく思春期からの主体価値発展学」NEWS LETTER. 2019. 3. 10-10
  • 佐藤尚, 真隅暁. 思春期で遭遇し始める適切な選択が推定困難な選択状況のシミュレーション実験. 新学術領域研究「脳・生活・人生からの統合的理解にもとづく思春期からの主体価値発展学」NEWS LETTER. 2018. 2. 10-11
  • 佐藤尚. 主体価値の間接的共有に基づく協調的状態の創発. 新学術領域研究「脳・生活・人生からの統合的理解にもとづく思春期からの主体価値発展学」NEWS LETTER. 2017. 1. 10-10
  • 佐藤尚, 橋本敬. 社会構造のダイナミクスに対する内部ダイナミクスとミクロマクロ・ループの効果. 情報処理学会シンポジウム論文集. 2004. 2004. 12. 263-270
  • 佐藤尚, 橋本敬. マルチエージェント・システムによるリーダーおよび群れの創発. 電子情報通信学会技術研究報告. 2001. 100. 529(AI2000 41-55). 25-30
もっと見る
書籍 (2件):
  • 進化経済学 基礎
    日本経済評論社 2010
  • Recent Advances in Modelling and Simulation
    2008
講演・口頭発表等 (132件):
  • エージェント間コミュニケーションにおいて原語短縮⻑選好が与える短縮語形成への影響
    (第18回沖縄複雑系研究会 2020)
  • 遮蔽物および捕食・逃避行動が眼の位置の進化に与える影響
    (第18回沖縄複雑系研究会 2020)
  • アリの栄養交換による幼若ホルモンの移動が与える分業維持への影響
    (第18回沖縄複雑系研究会 2020)
  • 利己的個人による共同罰の発生・維持に基づく社会的ジレンマの解消
    (第18回沖縄複雑系研究会 2020)
  • ラート踏切時の関節角度が乗りの成否に及ぼす影響をRandomForestで評価
    (第18回沖縄複雑系研究会 2020)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2005 北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 知識システム基礎学専攻 博士後期課程
学位 (1件):
  • 博士(知識科学) (北陸先端科学技術大学院大学)
経歴 (6件):
  • 2014/06 - 現在 独立行政法人 国立高等専門学校機構 沖縄工業高等専門学校 准教授
  • 2014/12 - 2018/03 北陸先端科学技術大学院大学 教育連携客員准教授
  • 2014/12 - 2018/03 北陸先端科学技術大学院大学 教育連携アドバイザー
  • 2007/10 - 2014/05 独立行政法人 国立高等専門学校機構 沖縄工業高等専門学校 メディア情報工学科 助教
  • 2005/09 - 2007/09 独立行政法人 沖縄科学技術研究基盤整備機構 沖縄大学院大学 先行研究プロジェクト 神経計算ユニット(組織変更のため) 常勤研究員
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2020 - 現在 The International Conference on Intelligent Informatics and Biomedical Sciences (ICIIBMS) Committee Steering Committee
  • 2011 - 現在 沖縄複雑系研究会(旧・琉球大学-沖縄高専交流研究会) 実行委員・世話人
  • 2015 - 2019 The International Conference on Intelligent Informatics and Biomedical Sciences (ICIIBMS) Committee Publication & Publicity Chair
  • 2017/11 - 2018/11 日本神経回路学会 第28回全国大会(JNNS2018)実行委員会 広報委員長
  • 2015 - 2015 第2回「複雑系科学と応用哲学」沖縄研究会 実行委員兼沖縄コーディネーター
全件表示
受賞 (3件):
  • 2018/02 - Applied Science and Computer Science Publications(ASCSPub.) Excellent Paper Award
  • 2018/02 - Applied Science and Computer Science Publications(ASCSPub.) Best of the Best Paper Award
  • 2004 - 人工知能学会第18回全国大会・全国大会優秀賞
所属学会 (4件):
日本神経回路学会 ,  進化計算学会 ,  人工知能学会 ,  進化経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る