研究者
J-GLOBAL ID:200901060412277040   更新日: 2021年03月08日

山添 秀剛

ヤマゾエ シュウゴウ | YAMAZOE Shugo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 英語学 ,  言語学
研究キーワード (6件): 認知言語学 ,  語用論 ,  意味論 ,  Cognitive Linguistics ,  Pragmatics ,  Semantics
論文 (12件):
  • 山添 秀剛. 日本語名詞化表現の意味とメトニミー. 『ことばから心へ-認知の深淵-(吉村公宏教授退職記念論文集)』(開拓社). 2020. 119-129
  • 山添 秀剛. -ing名詞の意味とメトニミー. 『英語語法文法研究 第26号』(開拓社). 2019. 26. 5-21
  • 山添 秀剛. 水平表現としての上下のメタファーについて. 『人文学会紀要 第97号』(札幌学院大学). 2015. 97. 75-92
  • 山添 秀剛. 状態変化を表す「go+名詞」句に関する一考察 (布施晶子先生追悼号). 『人文学会紀要 第91号』(札幌学院大学). 2012. 91. 69-83
  • 山添 秀剛. 「手段・方法」を表すメタファー表現に関する一考察(廣川和市教授退職記念号). 『人文学会紀要 第82号』(札幌学院大学). 2007. 82. 81-97
もっと見る
書籍 (6件):
  • 『認知言語学演習3 解いて学ぶ認知構文論』
    大修館書店 2017 ISBN:9784469213645
  • 『認知言語学演習2 解いて学ぶ認知意味論』
    大修館書店 2017 ISBN:9784469213638
  • 『認知言語学演習1 解いて学ぶ認知言語学の基礎』
    大修館書店 2017 ISBN:9784469213614
  • 『プログレッシブ英和中辞典 第5版』 瀬戸賢一・投野由紀夫(編集主幹)
    小学館 2012 ISBN:9784095102054
  • 『英語多義ネットワーク辞典』 瀬戸賢一(編集主幹)
    小学館 2007 ISBN:9784095100517
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • -ing名詞の意味とメトニミー(シンポジウム「英語の文法研究とレトリック」)
    (第26回英語語法文法学会(立命館大学) 2018)
  • 水平表現としての上下のメタファーについて
    (第60回日本英文学会北海道支部大会(北海道大学) 2015)
  • 状態変化動詞としてのfallに関する認知言語学的考察
    (第20回日本英語学会(青山学院大学) 2002)
  • ‘Go + adjective’の三用法に関する認知的成立条件と意味的傾向
    (第29回大阪市立大学英文学会(大阪市立大学) 2001)
  • 状態変化動詞としてのComeとGoに関する認知言語学的考察
    (第26回関西言語学会(龍谷大学) 2001)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2001 - 2004 大阪市立大学大学院 後期博士課程 言語文化学専攻
学位 (4件):
  • 博士(文学) (大阪市立大学)
  • 修士(文学) (大阪市立大学)
  • 学士(文学) (大阪市立大学)
  • 学士(経済学) (同志社大学)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 札幌学院大学 人文学部 教授
  • 2008/04 - 2019/03 札幌学院大学 人文学部 准教授
  • 2010/04 - 2011/03 Lancaster University 客員研究員
  • 2005/04 - 2008/03 札幌学院大学 人文学部 専任講師
所属学会 (5件):
日本語用論学会 ,  日本英文学会 ,  英語語法文法学会 ,  日本認知言語学会 ,  日本英語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る