研究者
J-GLOBAL ID:200901060554702202   更新日: 2021年04月27日

坂井 建宣

サカイ タケノブ | Sakai Takenobu
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://mehp.mech.saitama-u.ac.jp/
研究分野 (2件): 複合材料、界面 ,  材料力学、機械材料
研究キーワード (8件): 分子動力学シミュレーション ,  粘弾性 ,  アコースティック・エミッション ,  複合材料 ,  高分子材料 ,  composite ,  polymer ,  viscoelastisity
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2019 - 2022 膝関節音の周波数解析を用いた変形性膝関節症重症度分類法の開発
  • 2020 - 2022 分子構造からみた時間-温度換算則の妥当性とMD解析による長期寿命予測法の開発
  • 2020 - 2021 アコースティック・エミッション法を用いたCGLガスワイピング音の周波数解析
  • 2017 - 2020 高分子材料の分子構造と寿命の関係の解明
  • 2019 - 2020 時間-温度換算則を活用した樹脂の寿命予測
全件表示
論文 (63件):
  • Naohiro Takase, Jun Koyanagi, Kazuki Mori, Takenobu Sakai. Molecular Dynamics Simulation for Evaluating Fracture Entropy of a Polymer Material under Various Combined Stress States. Materials. 2021. 14. 8. 1884
  • 福嶋 遼太, 蔭山 健介, 坂井 建宣. CFRTPの曲げ特性に及ぼすひずみ速度依存性の粘弾性および結晶構造的考察. 日本複合材料学会誌. 2021
  • 福嶋 遼太, 蔭山 健介, 坂井 建宣. 大気中熱処理がCFRTPの動的粘弾性特性に及ぼす影響. 実験力学. 2021. 21. 2
  • Reimon Terazawa, Atsushi Tamura, Kensuke Kageyama, Takenobu Sakai. Molecular Dynamics Simulation of Weak Bonds in Carbon Fiber Reinforced Plastic Adhesive Joints. Advanced Composite Materials. 2021
  • Jun Koyanagi, Kodai Hasegawa, Akio Ohtani, Takenobu Sakai, Kenichi Sakaue. Formulation of Non-linear Viscoelastic-Viscoplastic Constitutive Equation for Polyamide 6 resin. Heliyon. 2021
もっと見る
MISC (17件):
  • 小熊 広之, 白石 知久, 森田 寛之, 坂本 大輔, 坂井 建宣. TiコーティングがFRPの物性に与える影響. 強化プラスチック協会誌. 2020. 66. 9. 395-400
  • 坂井 建宣. 変形挙動予測によるプラスチックの寿命予測. プラスチックス. 2019. 2019. 10
  • 坂井 建宣. 複合材料の寿命評価-時間-温度換算則-. 強化プラスチック協会誌. 2019. 65. 8. 335-338
  • Carlos Rolando Rios-Soberanis, Jose Rodriguez-Laviada, Emilio Perez-Pacheco, Takenobu Sakai, Shuichi Wakayama. Acoustic Emission Technique Applied in Textiles Mechanical Characterization. 2016 THE 3RD INTERNATIONAL CONFERENCE ON MECHATRONICS AND MECHANICAL ENGINEERING (ICMME 2016). 2017. 95. 1-4
  • 松岡 史都, 若山 修一, 坂井 建宣. 筋骨格系組織の動的な生体力学的特性の計測手法 : 動的粘弾性測定とアコースティック・エミッション法 (特集 生体計測およびその応用). 実験力学 : Journal of JSEM : Journal of the Japan Society for Experimental Mechanics. 2016. 16. 4. 289-294
もっと見る
特許 (1件):
  • 膝関節症診断システム
書籍 (3件):
  • 高分子の残留応力対策
    2016
  • 動的粘弾性チャートの解釈事例集
    2016
  • よくわかる実験技術・学術用語 第2版
    2010
講演・口頭発表等 (126件):
  • Effect of temperature and strain rate on damage accumulation behavior of unidirectional CFRP
    (33rd Technical Conference of the American Society for Composites 2018 2018)
  • Preparation and characteristic evaluation of silica-agglomerate electret with ultra-thin PTFE layer for ultrasonic sensor
    (IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines 2018)
  • CFRP の損傷蓄積挙動に及ぼすひずみ速度の影響
    (日本機械学会M&M2016 材料力学カンファレンス講演論文集 2016)
  • OS1405 関節音による変形性膝関節症診断システムの開発
    (日本機械学会関東支部総会講演会講演論文集 2016)
  • An experimental-numerical hybrid approach to analysis of fiber-matrix interfacial stresses
    (Conference Proceedings of the Society for Experimental Mechanics Series 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2005 - 2008 慶應義塾大学 総合デザイン工学
  • 2002 - 2004 慶應義塾大学 総合デザイン工学専攻
  • 1997 - 2002 東京理科大学 機械工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (慶應義塾大学)
経歴 (4件):
  • 2009/04 - 首都大学東京 助教
  • 2008/04 - 2009/03 東京理科大学 助教
  • 2005/04 - 2008/03 慶應義塾大学 大学院 後期博士課程
  • 2002/04 - 2003/01 東日本電信電話株式会社
委員歴 (17件):
  • 2020/04 - 現在 日本機械学会 出版センター 幹事
  • 2019/09 - 現在 日本実験力学会 企画理事
  • 2017/04 - 現在 日本複合材料学会 編集委員
  • 2016/04 - 現在 強化プラスチック協会 情報編集委員
  • 2015/04 - 現在 日本複合材料学会 代議員
全件表示
受賞 (9件):
  • 2018/11 - 埼玉大学 学長奨励賞
  • 2018/06 - Society for Experimental Mechanics 2018 Wolfgang Knauss Young Investigator Award
  • 2018/06 - 日本複合材料学会 第36回 林賞 アコースティック・エミッション法による複合材料の損傷蓄積挙動評価に関する研究
  • 2016/10 - 日本材料学会関東支部 若手活動賞
  • 2014/08 - 日本実験力学会 称号「実験力学専門術士」
全件表示
所属学会 (6件):
米国実験力学会 ,  日本非破壊検査協会 ,  日本材料学会 ,  日本機械学会 ,  日本実験力学会 ,  日本複合材料学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る