研究者
J-GLOBAL ID:200901060588127460   更新日: 2021年10月26日

川口 博明

カワグチ ヒロアキ | Kawaguchi Hiroaki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.kitasato-u.ac.jp/vmas/faculty/vm/vm_study06.html
研究分野 (5件): 獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  実験病理学 ,  実験動物学
研究キーワード (10件): 循環器病理学 ,  腫瘍病理学 ,  動物モデル ,  疾患モデル ,  ミニブタ ,  マイクロミニピッグ ,  機能性食品開発 ,  非臨床試験 ,  医薬品開発 ,  医療機器開発
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2016 - 2019 マイクロミニピッグ動脈硬化モデルを用いた葉酸欠乏による梗塞促進の機序解明.
  • 2013 - 2016 医療機器開発のための動脈硬化マイクロミニピッグの作出.
  • 2000 - Study on Pathogenesis of Breast Cancer
  • 1999 - 乳癌の発生と進展に関する研究
論文 (90件):
もっと見る
MISC (216件):
講演・口頭発表等 (24件):
  • ラットDMBA誘発乳腺腫瘤における新生仔期内分泌かく乱化学物質(DES)投与の修飾作用についての早期検索.
    (第23回日本毒性病理学会 2007.1.東京 2007)
  • 7,12-dimethylbenz(a)anthracene誘発ラット乳がんおよび乳腺症の発生と進展について.
    (第22回日本毒性病理学会 2006.1.鹿児島 2006)
  • 新生児期2週間DES投与ラットにおけるDMBAによる乳癌誘発への影響.
    (第13回日本乳癌学会総会 2005.6.倉敷市. 2005)
  • 新生仔期2週間DES投与ラットにおけるDMBAによる乳癌誘発への影響.
    (第21回日本毒性病理学会 2005.1.浜松. 2005)
  • 新生仔期男性ホルモン投与雌ラットにおけるDMBA誘発乳癌および乳腺症へのエストロジェン大量投与および卵巣摘出の影響.
    (第10回良性乳腺疾患研究会 2004.1.鹿児島 2004)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1995 - 2000 鹿児島大学 医学研究科
  • 1989 - 1995 鹿児島大学 獣医学科
経歴 (8件):
  • 2021/04 - 現在 北里大学 獣医学部 獣医病理学研究室 教授
  • 2016/04 - 2021/03 鹿児島大学 大学院医歯学総合研究科 衛生学・健康増進医学分野 准教授
  • 2012/04 - 2015/07 鹿児島大学 共同獣医学部獣医学科 組織病理学分野 准教授
  • 2011/04 - 2012/03 鹿児島大学 農学部獣医学科 病理学分野 准教授
  • 2008/12 - 2011/03 鹿児島大学農学部獣医学科 助教
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 内閣府 食品安全委員会専門参考人
  • 2017/09 - 現在 日本獣医病理学専門家協会(JCVP) 評議員
  • 2016/04 - 現在 日本毒性病理学会 評議員
  • 2014/03 - 現在 日本獣医学会 評議委員
  • 2013/01 - 現在 国際毒性病理用語・診断基準統一化(INHAND)委員会 国際毒性病理用語・診断基準統一化(INHAND)ミニブタワーキンググループメンバー
全件表示
受賞 (1件):
  • 2014 - JOURANL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS JOURANL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS AWARD 2014 Rapid Development of Atherosclerosis in the World’s Smallest Microminipig fed a high-fat/high cholesterol diet: A Useful Animal Model Because of its Size and Similarity to Human Pathophysiology.
所属学会 (7件):
日本獣医病理学会 ,  日本実験動物医学会 ,  日本毒性病理学会 ,  日本獣医学会 ,  The Japanese Society of Toxicologic Pathology ,  Japanese Socienty of Veterinary Pathology ,  The Japanese Society of Veterinary Science
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る