研究者
J-GLOBAL ID:200901060588127460   更新日: 2020年08月31日

川口 博明

カワグチ ヒロアキ | Kawaguchi Hiroaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (5件): 獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  実験病理学 ,  実験動物学
研究キーワード (5件): マイクロミニピッグの研究 ,  毒性病理学 ,  獣医病理学 ,  実験病理学 ,  実験動物学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2016 - 2019 マイクロミニピッグ動脈硬化モデルを用いた葉酸欠乏による梗塞促進の機序解明.
  • 2013 - 2016 医療機器開発のための動脈硬化マイクロミニピッグの作出.
  • 1999 - 乳癌の発生と進展に関する研究
論文 (10件):
  • Abe M, Kawaguchi H, Miura N, Akioka K, Ushikai M, Oi S, Yukawa A, Yoshikawa T, Izumi H, Horiushi M. Diurnal Variation of Melatonin Concentration in the Cerebrospinal Fluid of Unanesthetized Microminipig. In Vivo. 2018. 32. 3. 583-590
  • Arimura E, Okatani H, Araki T, Ushikai M, Nakakuma M, Abe M, Kawaguchi H, Izumi H, Horiuchi M. Effects of Diets with Different Proportions of Protein/Carbohydrate on Retinal Manifestations in db Mice. In vivo (Athens, Greece). 2018. 32. 2. 265-272
  • akeishi K, Kawaguchi H, Akioka K, Noguchi M, Arimura E, Abe M, Ushikai M, Okita S, Tanimoto A, Horiuchi M. Effects of Dietary and Lighting Conditions on Diurnal Locomotor Activity and Body Temperature in Microminipigs. In Vivo. 2018. 32. 1. 55-62
  • Noguchi M, Hirata M, Kawaguchi H, Tanimoto A. Corpus luteum Regression Induced by Prostaglandin F in Microminipigs During the Normal Estrous Cycle. In vivo (Athens, Greece). 2017. 31. 6. 1097-1101
  • Noguchi M, Ikedo T, Kawaguchi H, Tanimoto A. Estrus synchronization in microminipig using estradiol dipropionate and prostaglandin F2α. The Journal of reproduction and development. 2016. 62. 4. 373-378
もっと見る
MISC (179件):
  • 御手洗すみれ, 石川真悟, 川口博明, 畑添至, 隅田泰生, 帆保誠二, 小澤真, 小澤真. 鹿児島県内で検出された牛呼吸器合胞体ウイルスの遺伝的性状の解析. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2018. 161st. 363
  • 宮本 陽子, 川口 博明, 谷本 昭英. 雄ラット乳腺の発達とホルモン・レセプターの関連性(Relationship between morphological development and sex hormone receptor expression of mammary glands with age in male rats). Experimental Animals. 2018. 67. 3. 361-371
  • 谷本昭英, 川口博明, 大竹正剛, 三好和睦, 佐藤正宏. 世界最小のミニブタを用いた動脈硬化モデル:クローン動物および遺伝子改変動物への展開. 日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web). 2018. 50th. 189 (WEB ONLY)
  • 谷本 昭英, 川口 博明, 大竹 正剛, 三好 和睦, 佐藤 正宏. 実験動物モデルを識る 世界最小のミニブタを用いた動脈硬化モデル クローン動物および遺伝子改変動物への展開. 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2018. 50回. 189-189
  • 堀内正久, 川口博明. 食事・光による生体リズムへの影響:ミニブタとヒトの類似性を考える. 産業衛生学雑誌. 2018. 60. 135
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • ラットDMBA誘発乳腺腫瘤における新生仔期内分泌かく乱化学物質(DES)投与の修飾作用についての早期検索.
    (第23回日本毒性病理学会 2007.1.東京 2007)
  • 7,12-dimethylbenz(a)anthracene誘発ラット乳がんおよび乳腺症の発生と進展について.
    (第22回日本毒性病理学会 2006.1.鹿児島 2006)
  • 新生児期2週間DES投与ラットにおけるDMBAによる乳癌誘発への影響.
    (第13回日本乳癌学会総会 2005.6.倉敷市. 2005)
  • 新生仔期2週間DES投与ラットにおけるDMBAによる乳癌誘発への影響.
    (第21回日本毒性病理学会 2005.1.浜松. 2005)
  • 新生仔期男性ホルモン投与雌ラットにおけるDMBA誘発乳癌および乳腺症へのエストロジェン大量投与および卵巣摘出の影響.
    (第10回良性乳腺疾患研究会 2004.1.鹿児島 2004)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2000 鹿児島大学 医学研究科 病理学第一
  • - 1995 鹿児島大学 獣医学研究科 獣医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (鹿児島大学)
経歴 (8件):
  • 2016/04 - 現在 鹿児島大学 准教授
  • 2015/08 - 2016/03 鹿児島大学 特任准教授
  • 2012/04 - 2015/07 鹿児島大学 准教授
  • 2011/04 - 2012/03 鹿児島大学 准教授
  • 2008/12 - 2011/03 - 鹿児島大学農学部獣医学科 助教
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2013/01 - 現在 国際毒性病理用語・診断基準統一化(INHAND)委員会 国際毒性病理用語・診断基準統一化(INHAND)ミニブタワーキンググループメンバー
  • 2010/04 - 現在 内閣府 食品安全委員会専門委員
受賞 (1件):
  • 2014 - JOURANL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS JOURANL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS AWARD 2014 Rapid Development of Atherosclerosis in the World’s Smallest Microminipig fed a high-fat/high cholesterol diet: A Useful Animal Model Because of its Size and Similarity to Human Pathophysiology.
所属学会 (12件):
九州実験動物研究会 ,  日本獣医病理学会 ,  日本実験動物医学会 ,  実験病理組織技術研究会 ,  良性乳腺疾患研究会 ,  乳癌基礎研究会 ,  鹿児島乳癌研究会 ,  日本骨代謝学会 ,  日本骨形態計測学会 ,  日本乳癌学会 ,  日本毒性病理学会 ,  日本獣医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る