研究者
J-GLOBAL ID:200901060667258686   更新日: 2020年09月01日

佐邊 壽孝

サベ ヒサタカ | Sabe Hisataka
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://g21001.med.hokudai.ac.jp/http://g21001.med.hokudai.ac.jp/index-e.html
研究分野 (1件): 医化学
研究キーワード (30件): パキシリン ,  インテグリン ,  細胞運動 ,  細胞接着 ,  浸潤 ,  シグナル伝達 ,  Arf6 ,  カドヘリン ,  paxillin ,  endocytosis ,  乳癌 ,  p130Cas ,  AMAP1 ,  E-cadherin ,  接触阻止 ,  癌細胞 ,  PAG3 ,  endosomal recycling ,  ARF ,  AMAP2 ,  単球細胞 ,  癌浸潤 ,  GEP100 ,  マクロファージ ,  転移 ,  チロシンリン酸化 ,  Git1 ,  PAGs ,  ArfGAP ,  分子細胞生物学
競争的資金等の研究課題 (26件):
  • 2014 - 2016 癌的機能獲得型p53変異を有する転移性癌細胞の放射線抵抗性機序の解明
  • 2011 - 2015 上皮管腔組織の破綻と上皮間葉転換
  • 2008 - 2011 上皮間充織形質転換(EMT)における浸潤性獲得機序の解析
  • 2005 - 2009 がん細胞の細胞基質間接着とその制御機構
  • 2006 - 2007 細胞の運動性獲得、運動極性決定、運動方向持続性を担う基本分子機構の解析
全件表示
論文 (11件):
  • Otsuka Y, Oikawa T, Yoshino H, Hashimoto S, Handa H, Yamamoto H, Hashimoto A, Sabe H. Frequent overexpression of AMAP1, an Arf6 effector in cell invasion, is characteristic of the MMTV-PyMT rather than the MMTV-Neu human breast cancer model. Cell communication and signaling : CCS. 2018. 16. 1. 1
  • Oikawa T, Otsuka Y, Onodera Y, Horikawa M, Handa H, Hashimoto S, Suzuki Y, Sabe H. Necessity of p53-binding to the CDH1 locus for its expression defines two epithelial cell types differing in their integrity. Scientific reports. 2018. 8. 1. 1595
  • Handa H, Hashimoto A, Hashimoto S, Sabe H. Arf6 and its ZEB1-EPB41L5 mesenchymal axis are required for both mesenchymal- and amoeboid-type invasion of cancer cells. Small GTPases. 2016. 1-7
  • Sabe H, Hashimoto A, Hashimoto S, Oikawa T. Tumor responsiveness to statins requires overexpression of the ARF6 pathway. Molecular & cellular oncology. 2016. 3. 4. e1185564
  • Tien DN, Kishihata M, Yoshikawa A, Hashimoto A, Sabe H, Nishi E, Kamei K, Arai H, Kita T, Kimura T, Yokode M, Ashida N. AMAP1 as a negative-feedback regulator of nuclear factor-κB under inflammatory conditions. Scientific reports. 2014. 4. 5094
もっと見る
MISC (249件):
特許 (12件):
書籍 (23件):
  • 細胞骨格と接着
    共立出版 2006 ISBN:4320056426
  • 細胞骨格と接着
    共立出版 2006
  • Paxillin-associated ArfGAPs: their isoform specificities and roles in coordination.
    'Protein and Cell Regulation' vol.1. 'ARF family GTPases(ed. R. Kahn; Series editors: A. Ridney, J. Frampton; Kluwer Academic Publishers). 2003
  • 細胞-細胞,細胞-基質の相互作用
    岩波講座,現代医学の基礎2 "分子・細胞の生物学(]G0002[)"岩波書店 2000
  • 細胞接着を制御するシグナル
    医学&サイエンスミリーズ 羊土社 1999
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • The Arf6 pathway: a major pathway driving the malignancy and drug-resistance of refractory cancers
    (第76回日本癌学会学術総会 2017)
  • The Arf6 pathway: a central pathway driving mesenchymal malignancies and drug-resistance of refractory cancers
    (愛知県がんセンター研究所 特別招聘セミナー 2017)
  • Arf6 is a core driver of mesenchymal invasion and metastasis, and therapeutic resistance of different types of cancers under RTK and GPCR signaling
    (第68回日本細胞生物学会大会 2016)
  • Different genome statuses in breast cancer and renal cancer generate the Arf6-based mesenchymal machinery critical for metastasis and poor survival
    (The 4th Global Cancer Genomics Consortium Symposium 2014)
  • ゲノム・代謝変異と癌悪性度進展
    (社団法人がんと炎症・代謝研究会理事会 2014)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1986 京都大学 医学研究科 病理系
  • - 1980 京都大学 理学部 化学
学位 (2件):
  • 医学博士
  • 理学修士
経歴 (11件):
  • 2010 - 現在 北海道大学 医学(系)研究科(研究院) 教授
  • 2000 - 大阪大学大学院医学系研究科連携大学院加齢機構学客員教授 兼任
  • 1999 - 京都大学大学院生命科学研究科分子病態学分野客員教授 兼任
  • 1998 - 大阪バイオサイエンス研究所分子生物学部門 研究部長
  • 1995 - 新技術事業団 さきがけ21 研究員(兼任)
全件表示
所属学会 (4件):
日本細胞生物学会 ,  日本生化学会 ,  日本癌学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る