研究者
J-GLOBAL ID:200901060709062590   更新日: 2011年01月23日

茂木 千明

モテギ チアキ | Motegi Chiaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 臨床心理学
研究キーワード (4件): 家族心理学 ,  臨床心理学 ,  Family psychology ,  Clinical psychology
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2007 - 学生相談の機能
  • 2004 - 心理劇的ロールプレイングの活用
  • 1999 - 家族とセラピストからみた家族像の研究
  • 1999 - Family image of families and therapists.
MISC (19件):
  • 森本幸子, 遠藤寛子, 神田あづさ, 茂木千明. 学生相談に関する研究(2)-学生相談の連携の在り方とその課題-. 人間の発達(仙台白百合女子大学発達研究センター紀要). 2009. 5. 55-63
  • 遠藤寛子, 茂木千明, 森本幸子, 湊谷愛. 家族相談の機能に関する研究(1)-学生相談における連携対応の必要性-. 人間の発達(仙台白百合女子大学発達研究センター紀要). 2008. 3. 31-41
  • 健康な家族機能に対する家族の評価. 仙台白百合女子大学紀要. 2007. 11. 65-80
  • 心理劇的ロールプレイングを活用したグループ体験とその課題:参加メンバーのシャイネス傾向とグループ体験との関係. 人間の発達(仙台白百合女子大学発達研究センター紀要). 2006. 1. 38-50
  • 家族図式による現実と理想の家族関係の比較-家族関係単純図式投影法を用いた体験学習から-. 仙台白百合女子大学紀要. 2003. 第7号 29-43
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • 児童養護施設における生活関係図の作成の試み:家族関係単純図式投影法の応用として
    (日本心理臨床学会第28回大会 2009)
  • 学生相談の機能に関する研究:学生相談における連携対応の必要性と課題
    (日本学生相談学会第26回大会 2008)
  • 健康な家族機能に対する評価:健康な家族機能と現実の家族の重要側面との関係
    (日本家族心理学会第20回大会 2003)
  • 家族の健康性に関する研究(3):健康な家族に対する記述
    (日本家族心理学会第19回大会 2002)
  • 遊戯療法における場面展開と役割:自閉症児の弟をもつ5歳女児(姉)との関わりから
    (日本心理臨床学会第19回大会 2000)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 2004 東北学院大学
  • - 2004 東北学院大学
  • - 1995 文教大学 臨床心理学
  • - 1995 文教大学
  • - 1993 文教大学 人間科学科心理学専攻
全件表示
学位 (2件):
  • 修士(学術) (文教大学)
  • 博士(学術) (東北学院大学)
受賞 (1件):
  • 2004 - 日本家族心理学会第5回研究奨励賞
所属学会 (6件):
日本学生相談学会 ,  日本カウンセリング学会 ,  日本健康心理学会 ,  日本精神衛生学会 ,  日本心理臨床学会 ,  日本家族心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る