研究者
J-GLOBAL ID:200901060827679837   更新日: 2020年08月25日

松元 慎吾

マツモト シンゴ | Matsumoto Shingo
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.ist.hokudai.ac.jp/labo/mre/index-j.html
研究分野 (4件): 生体化学 ,  ケミカルバイオロジー ,  薬系分析、物理化学 ,  医用システム
研究キーワード (8件): 量子生命科学 ,  生体分子化学 ,  核偏極 ,  代謝 ,  放射線治療 ,  分子イメージング ,  電子スピン共鳴 ,  超偏極13C MRI
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2023 常温・低磁場核偏極による安定同位体PETイメージングの実現と実用展開
  • 2018 - 2021 低磁場核偏極による生体分子の超高感度センシング技術の開発
  • 2018 - 2020 パラ水素誘起分極13C MRIによる細胞死の非侵襲的イメージング技術の開発
  • 2016 - 2020 水素エネルギーを活用した後天的遺伝子変異イメージング技術の創出
  • 2015 - 2018 超偏極13C MRIによる恒常性破綻臓器ネットワークの動的可視化
全件表示
論文 (64件):
  • Tarasenko TN, Jestin M, Matsumoto S, Saito K, Hwang S, Gavrilova O, Trivedi N, Zerfas PM, Barca E, DiMauro S, et al. Macrophage derived TNFα promotes hepatic reprogramming to Warburg-like metabolism. J Mol Med. 2019. 97. 9. 1231-1243
  • Kishimoto S, Brender JR, Crooks DR, Matsumoto S, Seki T, Oshima N, Merkle H, Lin P, Reed G, Chen AP, et al. Imaging of glucose metabolism by 13C-MRI distinguishes pancreatic cancer subtypes in mice. eLIFE. 2019. 8. e46312
  • Saito K, Sail D, Yamamoto K, Matsumoto S, Blackman B, Kishimoto S, Brender JR, Swenson RE, Mitchell JB, Krishna MC. Synthesis and evaluation of 13C-labeled 5-5-dimethyl-1-pyrroline-N-oxide aimed at in vivo detection of reactive oxygen species using hyperpolarized 13C-MRI. Free Radic Biol Med. 2019. 1. 131. 18-26
  • Yokoyama, T., Taguchi, A., Kubota, H., Stewart, N.J., Matsumoto, S., Kirilyuk, I.A., Hirata, H. Simultaneous T2* mapping of 14N- and 15N-labeled dicarboxy-PROXYLs using CW-EPR-based single-point imaging. Journal of Magnetic Resonance. 2019. 305
  • Sourbier, C., Ricketts, C.J., Liao, P.-J., Matsumoto, S., Wei, D., Lang, M., Railkar, R., Yang, Y., Wei, M.-H., Agarwal, P., et al. Proteasome inhibition disrupts the metabolism of fumarate hydratase- deficient tumors by downregulating p62 and c-Myc. Scientific Reports. 2019. 9. 1
もっと見る
MISC (27件):
  • Hironobu Yasui, Shingo Matsumoto, Osamu Inanami, Murali Cherukuri Krishna. [Imaging of Tumor-Specific Hypoxia Dynamics and Its Significance in Radiation Biology]. Igaku butsuri : Nihon Igaku Butsuri Gakkai kikanshi = Japanese journal of medical physics : an official journal of Japan Society of Medical Physics. 2020. 40. 1. 13-18
  • 高草木 洋一, 松元 慎吾, 松尾 政之, 高草木 香織, 齋藤 圭太, 岸本 俊, 三浦 雅彦, 宮崎 年恭, 菅原 二三男, 坂口 謙吾, et al. マルチモダル分子イメージングによる腫瘍内微小環境の多角的評価と天然由来含硫糖脂質の誘発する放射線増感作用メカニズムの解明. 第 14 回 日本分子イメージング学会総会・学術集会. 2019
  • 安井博宣, 河合辰哉, 松元慎吾, 齋藤圭太, CAMPHAUSEN Kevin, KRISHNA Murali, 稲波修. マウス脳室内グリオーマモデルにおける放射線感受性評価へのESR酸素分圧イメージングの適用. 電子スピンサイエンス学会年会講演要旨集. 2018. 57th. 106-107
  • 松尾政之, 松元慎吾, 齋藤圭太, 高草木洋一, 田中秀和, 兵藤文紀, James B. Mitchell, Murali C. Krishna. がん治療における酸素分圧と糖代謝変化の画像解析. 第 46 回 日本磁気共鳴医学会大会. 2018
  • Keita Saito, Shingo Matsumoto, Yoichi Takakusagi, Masayuki Matsuo, Hellmut Merkle, James B. Mitchell, Murali C. Krishna. Monitoring effect of rapamaycin on pyruvate metabolism in SCC tumor using hyperpolarized 13C-MRI. International Society for Magnetic Resonance in Medicine (ISMRM) 2018. 2018. 3069
もっと見る
特許 (2件):
  • Transient hypoxia inducers and their use
  • Quantitative oxygen imaging systems and methods using echo-based single point imaging
学歴 (3件):
  • 2002 - 2005 九州大学 博士
  • 2000 - 2002 九州大学 修士
  • 1996 - 2000 九州大学 創薬科学
学位 (1件):
  • 薬学博士 (九州大学)
経歴 (6件):
  • 2015/02 - 現在 北海道大学 情報科学研究科 准教授
  • 2014/07 - 2015/01 アメリカ国立がん研究所NCI, NIH スタッフ・サイエンティスト
  • 2009/12 - 2014/07 アメリカ国立がん研究所NCI, NIH リサーチ・フェロー
  • 2005/12 - 2009/12 アメリカ国立がん研究所NCI, NIH 博士研究員
  • 2005/04 - 2006/11 九州大学 薬学研究院 JSPS特別研究員 PD
全件表示
受賞 (2件):
  • 2008 - 国際分子イメージング学会 (WMCI) Travel Stipend Award
  • 2008 - EPR2008 (Biomedical Redox Navigation) Young Investigator Award
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る