研究者
J-GLOBAL ID:200901060827679837   更新日: 2021年12月09日

松元 慎吾

マツモト シンゴ | Matsumoto Shingo
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.ist.hokudai.ac.jp/labo/mre/index-j.html
研究分野 (4件): 生体化学 ,  ケミカルバイオロジー ,  医用システム ,  薬系分析、物理化学
研究キーワード (9件): ケミカルバイオロジー ,  量子生命科学 ,  生体計測 ,  核偏極 ,  放射線治療 ,  分子イメージング ,  代謝 ,  電子スピン共鳴 ,  超偏極13C MRI
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2023 常温・低磁場核偏極による安定同位体PETイメージングの実現と実用展開
  • 2020 - 2022 低磁場核偏極NMRと深層学習によるon siteメタボローム診断
  • 2018 - 2021 低磁場核偏極による生体分子の超高感度センシング技術の開発
  • 2018 - 2020 パラ水素誘起分極13C MRIによる細胞死の非侵襲的イメージング技術の開発
  • 2016 - 2020 水素エネルギーを活用した後天的遺伝子変異イメージング技術の創出
全件表示
論文 (67件):
  • Miura N, Mushti C, Sail D, AbuSalim JE, Yamamoto K, Brender JR, Seki T, AbuSalim DI, Matsumoto S, Camphausen KA, et al. Synthesis of [1-13C-5-12C]-alpha-ketoglutarate enables noninvasive detection of 2-hydroxyglutarate. NMR Biomed. 2021. 34. 11. e4588
  • Stewart NJ, Sato T, Takeda N, Hirata H, Matsumoto S. Hyperpolarized 13C Magnetic Resonance Imaging as a Tool for Imaging Tissue Redox State, Oxidative Stress, Inflammation, and Cellular Metabolism. Antioxid Redox Signal. 2021. Online ahead of print
  • Stewart NJ, Matsumoto S. Biomedical Applications of the Dynamic Nuclear Polarization and Parahydrogen Induced Polarization Techniques for Hyperpolarized 13C MR Imaging. Magn Reson Med Sci. 2021. 20. 1. 1-17
  • Kimura K, Iguchi N, Nakano H, Yasui H, Matsumoto S, Inanami O, Hirata H. Redox-sensitive mapping of a mouse tumor model using sparse projection sampling of electron paramagnetic resonance. Antioxid Redox Signal. 2021. Online ahead of print
  • Stewart NJ, Nakano H, Sugai S, Tomohiro M, Kase Y, Uchio Y, Yamaguchi T, Matsuo Y, Naganuma T, Takeda N, et al. Hyperpolarized 13 C Magnetic Resonance Imaging of Fumarate Metabolism by Parahydrogen-induced Polarization: A Proof-of-Concept in vivo Study. ChemPhysChem. 2021. 22. 10. 915-923
もっと見る
MISC (19件):
もっと見る
特許 (2件):
  • Transient hypoxia inducers and their use
  • Quantitative oxygen imaging systems and methods using echo-based single point imaging
学歴 (3件):
  • 2002 - 2005 九州大学 博士
  • 2000 - 2002 九州大学 修士
  • 1996 - 2000 九州大学 創薬科学
学位 (1件):
  • 薬学博士 (九州大学)
経歴 (6件):
  • 2015/02 - 現在 北海道大学 情報科学研究科 准教授
  • 2014/07 - 2015/01 アメリカ国立がん研究所NCI, NIH スタッフ・サイエンティスト
  • 2009/12 - 2014/07 アメリカ国立がん研究所NCI, NIH リサーチ・フェロー
  • 2005/12 - 2009/12 アメリカ国立がん研究所NCI, NIH 博士研究員
  • 2005/04 - 2006/11 九州大学 薬学研究院 JSPS特別研究員 PD
全件表示
受賞 (2件):
  • 2008 - 国際分子イメージング学会 (WMCI) Travel Stipend Award
  • 2008 - EPR2008 (Biomedical Redox Navigation) Young Investigator Award
所属学会 (2件):
パラ水素誘起偏極学会 PERM ,  国際核磁気共鳴学会 ISMAR
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る