研究者
J-GLOBAL ID:200901060911877733   更新日: 2021年07月20日

吉江 宗生

ヨシエ ムネオ | Yoshie Muneo
所属機関・部署:
職名: 特別研究主幹
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所  研究監
研究分野 (6件): 船舶海洋工学 ,  土木計画学、交通工学 ,  安全工学 ,  社会システム工学 ,  環境材料、リサイクル技術 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術
研究キーワード (3件): 港湾荷役 ,  水中施工 ,  流出油回収技術
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2013 - 2017 プライシングを考慮したコンテナターミナルの長期的バーススケジューリング
  • 2011 - 2016 流出重油・ガスの自動追跡システムの確立と革新的海洋防災システムへの展開
  • 2009 - 港湾ターミナル物流の研究
  • 2009 - Container terminal simulation and Cargo systems for efficient operation of the super high standard terminal.
  • 2006 - 2007 浮流重油自動追従ブイシステムの開発
全件表示
論文 (4件):
  • Muneo Yoshie, Yoshitaka Matsuzaki, Isamu Fujita, Kenji Takezaki, Toshinari Tanaka, Naomi Kato, Hidetaka Senga. At-sea trial test of an autonomous buoy which tracks drifting oil and observation of in-situ data tracking drifting markers on the sea for predicting location of the spilled heavy oil. Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference. 2009. 437-444
  • Muneo Yoshie, Isamu Fujita, Kenji Takezaki. Development of an oil skimmer operated by crane barges. International Oil Spill Conference - IOSC 2008, Proceedings. 2008. 469-474
  • Muneo Yoshie, Isamu Fujita, Kenji Takezaki. Field simulation of oil skimming system package for crane barges in emergency. OCEANS'08 MTS/IEEE Kobe-Techno-Ocean'08 - Voyage toward the Future, OTO'08. 2008
  • Muneo Yoshie, Isamu Fujita, Yukihiro Saito. About construction of simulation tank for oil recovery in marine situations. Ocean '04 - MTS/IEEE Techno-Ocean '04: Bridges across the Oceans - Conference Proceedings. 2004. 3. 1476-1481
MISC (51件):
  • 吉江宗生. デジタルツインとコンテナターミナルの私的展望. 港湾荷役. 2021. 66. 1
  • 吉江宗生. Front Line 目指すは国際競争力確保!港湾・空港の機能強化に役立つ新技術の研究開発を. PARI. 2020. 41
  • 吉江宗生. 港湾のi-Construction 港湾におけるICTの活用 港湾空港生産性向上技術センターの取り組み. 港湾. 2017. 94. 9
  • 吉江宗生, 平林丈嗣, 田中敏成, 佐藤智夫, 喜夛司. 水中施工システムの展望と戦略. 建設ロボットシンポジウム論文集(CD-ROM). 2017. 17th
  • 吉江宗生. 港湾インフラと物流 新技術を活用した港湾整備・維持管理・機能転換 水中施工システムの研究開発状況-海のi-Construction~海洋開発に向けて-. 土木施工. 2017. 58. 11
もっと見る
特許 (16件):
  • トラクタシャーシ共同利用システム
  • コンテナターミナル輸送管理システム
  • 情報通信技術を活用したコンテナ輸送およびシステム
  • 人工知能を活用した荷役機械の分散配置システム
  • 人工知能を活用したコンテナターミナルシステム
もっと見る
書籍 (1件):
  • Applications to marine disaster prevention : spilled oil and gas tracking buoy system
    Springer Japan 2017 ISBN:9784431559894
学歴 (2件):
  • 1987 - 1989 北海道大学 土木工学専攻
  • 1983 - 1987 北海道大学 土木工学科
学位 (2件):
  • 修士 (北海道大学)
  • 博士(工学) (大阪大学)
経歴 (12件):
  • 2018/07 - 現在 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所 特別研究主幹
  • 2016/04 - 2018/03 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 経営戦略室 参事
  • 2014/10 - 2016/03 独立行政法人 港湾空港技術研究所 企画管理部 研究計画官
  • 2011 - 2014/09 独立行政法人 港湾空港技術研究所 新技術研究開発領域 領域長
  • 2009/04 - 2011 独立行政法人 港湾空港技術研究所 施工・制御技術部 計測・制御研究チーム 室長
全件表示
受賞 (2件):
  • 2019/05 - 海洋音響学会 業績賞 高解像度音響映像取得装置
  • 2008 - Pan Asian Association of Maritime Engineering Society AMEC 2008 Best paper Awards Study on Control System of Spilled Oil Tracking Autonomous Buoy System
所属学会 (5件):
IEEE-OES ,  土木学会 ,  自動車技術会 ,  Society of Automotive Engineers of Japan ,  JSCE
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る