研究者
J-GLOBAL ID:200901061177354071   更新日: 2020年10月07日

西岡 純

ニシオカ ジュン | Nishioka Jun
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://nishioka48.wixsite.com/nishiokahttps://nishioka48.wixsite.com/nishioka/english
研究分野 (1件): 環境動態解析
研究キーワード (4件): オホーツク海 ,  北太平洋 ,  化学海洋学 ,  Chemical Oceanography
競争的資金等の研究課題 (22件):
  • 2017 - 2021 海氷融解水を介した極域-亜寒帯域海洋の生物地球化学的リンケージの解明
  • 2017 - 2020 ポリニヤを起点とする熱塩/物質循環
  • 2017 - 2020 カムチャツカ半島の淡水供給が制御する環オホーツク陸海結合システム
  • 2015 - 2020 海洋混合学の創設:物質循環・気候・生態系をつなぐ統合的理解の推進
  • 2015 - 2020 オホーツク海・ベーリング海における混合と物質循環の解明
全件表示
論文 (153件):
  • Youhei Yamashita, Jun Nishioka, Hajime Obata, Hiroshi Ogawa. Shelf humic substances as carriers for basin-scale iron transport in the North Pacific. Scientific Reports. 2020. 10. 1
  • Naoya Kanna, Shin Sugiyama, Yasushi Fukamachi, Daiki Nomura, Jun Nishioka. Iron Supply by Subglacial Discharge Into a Fjord Near the Front of a Marine-Terminating Glacier in Northwestern Greenland. Global Biogeochemical Cycles. 2020. 34. 10
  • Yusuke Kawaguchi, Jun Nishioka, Shigeto Nishino, Shinzou Fujio, Keunjong Lee, Amane Fujiwara, Daigo Yanagimoto, Humio Mitsudera, Ichiro Yasuda. Cold Water Upwelling Near the Anadyr Strait: Observations and Simulations. Journal of Geophysical Research: Oceans. 2020. 125. 9
  • Mutsuo Inoue, Ryosei Takehara, Shotaro Hanaki, Hiroaki Kameyama, Jun Nishioka, Seiya Nagao. Distributions of radiocesium and radium isotopes in the western Bering Sea in 2018. Marine Chemistry. 2020. 225. 103843-103843
  • Dong Yan, Kazuhiro Yoshida, Jun Nishioka, Masato Ito, Takenobu Toyota, Koji Suzuki. Response to Sea Ice Melt Indicates High Seeding Potential of the Ice Diatom Thalassiosira to Spring Phytoplankton Blooms: A Laboratory Study on an Ice Algal Community From the Sea of Okhotsk. Frontiers in Marine Science. 2020. 7
もっと見る
MISC (46件):
  • 金子拓郎, 平譯享, 西岡純. 基礎生産量の季節性から推察される北太平洋亜寒帯域の栄養物質循環. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2018. 2018. ROMBUNNO.ACG41-08 (WEB ONLY)
  • 田中雄大, 長谷川大介, 安田一郎, 辻英将, 柳本大吾, 藤尾伸三, 後藤恭敬, 伊藤進一, 西岡純, 齋藤類, et al. Strong vertical turbulent nitrate flux in the Kuroshio across the Tokara Strait and the Izu Ridge. 日本地球惑星科学連合および米国地球物理学連合合同大会2017予稿. 2017. AOS15-P08
  • 金子拓郎, 平譯享, 西岡純. 西部北太平洋亜寒帯域における基礎生産量の季節性の経年変動. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2017. 2017. ROMBUNNO.ACG52-07 (WEB ONLY)
  • 平譯享, 和賀久朋, 金子拓郎, 鈴木光次, 山下洋平, 西岡純. 春季親潮・沿岸親潮水の光学的性質と海色クロロフィルa濃度推定への影響. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2017. 2017. ROMBUNNO.ACG52-06 (WEB ONLY)
  • 田中雄大, 安田一郎, 久万健志, 西岡純, 田中祐希, 大西広二, 上野洋路, 増島雅親. GEOTRACES計画エンジン全開ヘ-躍進する微量元素海洋学-ベーリング海南東部陸棚縁辺域での潮汐混合と溶存鉄輸送. 月刊海洋. 2016. 47-55
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1993 - 1995 北海道大学大学院水産学研究科水産化学専攻博士前期課程
学位 (1件):
  • 論文博士;水産科学 (北海道大学)
経歴 (2件):
  • 2005/06 - 現在 北海道大学 低温科学研究所 准教授
  • 1995/04 - 2005/05 財)電力中央研究所
委員歴 (17件):
  • 2017/10 - 現在 GEOTRACES Dara management committee
  • 2017/10 - 現在 日本学術会議 IIOE-2小委員会委員
  • 2017/10 - 現在 日本学術会議 SOLAS小委員会 委員長
  • 2017/04 - 現在 日本海洋学会 日本海洋学会評議員
  • 2017/02 - 現在 Surface Ocean Lower atmosphere study (SOLAS) Scientific Steering Committee
全件表示
受賞 (4件):
  • 2016 - 北海道大学 北海道大学研究総長賞・奨励賞
  • 2015 - 北海道大学 北海道大学研究総長賞・奨励賞
  • 2014 - 北海道大学 北海道大学研究総長賞・奨励賞
  • 2005/04 - 日本海洋学会 岡田賞
所属学会 (5件):
日本地球化学会 ,  日本海洋学会 ,  American Society of Limnoligy and Oceanography ,  American Geophysical Union ,  PICES IFEP Advisory Panel
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る