研究者
J-GLOBAL ID:200901061260661296   更新日: 2021年05月06日

島田 竜登

シマダ リュウト | Shimada Ryuto
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): アジア史、アフリカ史 ,  史学一般 ,  経済史 ,  地域研究
研究キーワード (9件): 異文化交流 ,  インド洋 ,  海域アジア史 ,  東南アジア史 ,  南アジア史 ,  アジア経済史 ,  グローバル・ヒストリー ,  東インド会社 ,  アジア間貿易
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2022 近世海上貿易ネットワークの構造と変容:アジアの季節変動とグローバル・ヒストリ ー
  • 2017 - 2020 近世アジアと砂糖の世界史:砂糖の生産・国際流通・消費文化に関する国際共同研究
  • 2016 - 2020 グローバル商品の誕生:世界の一体化初期局面の主要15品目の生産と多様な消費文化
  • 2015 - 2018 近世アジアと砂糖の世界史:砂糖の生産・国際流通・消費文化に関する国際共同研究
  • 2016 - 2017 インド洋世界における商品・市場・商人、1500-1860年
全件表示
論文 (51件):
  • Ryuto Shimada. “Tayowan as a Global Center: Trade and Agricultural Development in Taiwan by the Dutch East India Company during the Seventeenth Century”, in: Liu Yi-chang & Ann Heylen eds., Nanying History, Society and Culture V: Early Tainan Region (Tainan: The Interna. 2019. 205-220
  • Ryuto Shimada. “South Asian Settlers at Batavia in the Seventeenth and Eighteenth Centuries”, in: Rila Mukherjee and Radhika Seshan (eds.), Indian Ocean Histories: The Many Worlds of Michael Naylor Pearson (London and New York: Routledge). 2019. 124-136
  • 島田 竜登. 「「長期の一八世紀」の世界」秋田茂編『グローバル化の世界史』(ミネルヴァ書房). 2019. 147-170
  • Ryuto Shimada. “Southeast Asia and International Trade: Continuity and Change in Historical Perspectives”, in: Keijiro Otsuka and Kaoru Sugihara (eds.) Paths to the Emerging State in Asia and Africa, (Singapore: Springer). 2019. 55-71
  • 島田 竜登. 「アジア海上貿易の転換」島田竜登編『1683年 近世世界の変容』(山川出版社). 2018. 18-63
もっと見る
MISC (22件):
  • 島田竜登. 「世界システム論」. 金澤周作監修『論点・西洋史学』ミネルヴァ書房. 2020. 126-127
  • 島田 竜登. 「グローバル化する反グローバル運動」. 中央公論. 2018. 132. 12. 62-65
  • 島田 竜登. [書評] 中牧弘允編『世界の暦文化事典』. 比較文明. 2018. 34. 217-220
  • Ryuto Shimada. “Beyond Diplomacy: Japan and Vietnam in the 17th and 18th Centuries”. The Newsletter, The International Institute of Asian Studies (IIAS). 2018. 79. 36-37
  • 島田 竜登. [書評] 阿部珠理著『メイキング・オブ・アメリカ : 格差社会アメリカの成り立ち』. 比較文明. 2017. 33. 204-207
もっと見る
書籍 (6件):
  • 『1683年 近世世界の変容』
    山川出版社 2018
  • 『1789年 自由を求める時代』
    山川出版社 2018
  • 『グローバル経済史』
    放送大学教育振興会 2018
  • 『歴史に刻印されたメガシティ』
    東京大学出版会 2016
  • 『アジア経済史研究入門』
    名古屋大学出版会 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (86件):
  • 「シンポジウム趣旨説明:「長期の18世紀」と海域アジア--港市と農村の社会変化」
    (2019年度東方学会秋季学術大会 2019)
  • “Keynote Lecture: Nagasaki: A Gateway of Tokugawa Japan to the World Economy”
    (Expert Meeting: Between Realism and Reality, National Museum of Ethnology, Leiden, The Netherlands 2019)
  • “Commodity Chain and Cultural Divergence”
    (Workshop: Categories at Work in Global History, University of Warwick, Warwick, United Kingdom 2019)
  • “Japanese Views of the World from a Historical Perspective”
    (German-Japanese Joint Symposium: Cultures in Translation: World History - World Literature - World Society: Japan, Germany and the World in a Transcultural Comparison, The University of Tokyo, Tokyo, Japan 2019)
  • “New Scopes for Asian Maritime History in the Early Modern Period from Global Perspectives”
    (International Conference: Maritime Monsoon Asia in the Early Modern Period: Global Trade and Early European Colonial Cities, The University of Tokyo, Tokyo, Japan 2019)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1998 - 2006 早稲田大学 理論経済学・経済史専攻 博士後期課程(退学)
  • 2005 - PhD (Leiden University)
  • 2001 - 2001 Leiden University Advanced MA in Asian, African and Amerindian Studies
  • 1996 - 1998 早稲田大学 理論経済学・経済史専攻 修士課程
  • 1992 - 1996 早稲田大学 経済学科
学位 (3件):
  • 修士(経済学) (早稲田大学)
  • Advanced MA (Leiden University)
  • PhD (Leiden University)
経歴 (4件):
  • 2017/04 - 現在 放送大学 客員准教授
  • 2012/04 - 現在 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部 准教授
  • 2007/04 - 2012/03 西南学院大学経済学部 准教授
  • 2006/04 - 2007/03 西南学院大学経済学部 講師
所属学会 (7件):
比較文明学会 ,  経営史学会 ,  歴史学研究会 ,  東南アジア学会 ,  社会経済史学会 ,  東方学会 ,  史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る