研究者
J-GLOBAL ID:200901061312996275   更新日: 2021年10月16日

田口 智清

タグチ サトシ | TAGUCHI Satoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://staguchi.wordpress.com/
研究分野 (2件): 数理物理、物性基礎 ,  流体工学
研究キーワード (9件): ボルツマン方程式 ,  エアロゾル ,  Microfluidics ,  evaporation/condensation ,  non-equilibrium gas dynamics ,  Rarefied gas dynamics ,  界面で蒸発・凝縮を伴う流れ ,  非平衡気体力学 ,  希薄気体力学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2021 - 2025 特異性・非適切性が本質的な微分方程式の数値計算における多倍長数値計算環境の活用
  • 2020 - 2023 二光子重合造形の深紫外領域への展開と応用
  • 2020 - 2023 局在力場における単一ナノ粒子運動の実験と数理
  • 2017 - 2020 分子気体流における境界の形状効果の解明
  • 2017 - 2020 不連続な壁面温度によって誘起されるマイクロスケール気体流に対するすべりの境界条件
全件表示
論文 (29件):
  • Tetsuro Tsuji, Satoshi Taguchi, Hiroki Takamatsu. Switching between laser-induced thermophoresis and thermal convection of liquid suspension in a microgap with variable dimension. ELECTROPHORESIS. 2021
  • Satoshi Taguchi, Tetsuro Tsuji, Masashi Kotera. Transient behaviour of a rarefied gas around a sphere caused by impulsive rotation. Journal of Fluid Mechanics. 2021. 909. 1-32
  • Satoshi Taguchi, Tetsuro Tsuji. On the motion of slightly rarefied gas induced by a discontinuous surface temperature. Journal of Fluid Mechanics. 2020. 897. A16-1-A16-32
  • Satoshi TAGUCHI, Kazuyuki SAITO, Shigeru TAKATA. A rarefied gas flow around a rotating sphere: diverging profiles of gradients of macroscopic quantities. Journal of Fluid Mechanics. 2019. 862. 5-33
  • Satoshi Taguchi, Toshihiro Suzuki. Asymptotic far-field behavior of macroscopic quantities in a problem of slow uniform rarefied gas flow past a sphere. PHYSICAL REVIEW FLUIDS. 2017. 2. 11. 113401-01-113401-24
もっと見る
MISC (18件):
  • 宮嵜 武, 守 裕也, 田口智清, 高橋直也. 「ながれと遊ぼうコンテスト2019」の報告. ながれ. 2020. 39. 1. 37-38
  • 宮嵜 武, 守 裕也, 田口智清, 高橋直也. 「ながれと遊ぼうコンテスト2018」の報告. ながれ. 2019. 38. 1. 37-38
  • 田口智清. マイクロスケール気体流による球の抵抗. ながれ. 2018. 37. 5. 471-474
  • 田口智清, 野津剛, 稲澤歩. 乱流を測る - 乱流理解に貢献する計測技術の最前線・課題・展望 - 特集の企画にあたって. ながれ. 2018. 37. 3. 229-230
  • 宮嵜武, 田口智清, 高橋直也. 「ながれと遊ぼうコンテスト2017」の報告. ながれ. 2018. 37. 1. 69-70
もっと見る
講演・口頭発表等 (76件):
  • 集光レーザーにより誘起される 熱泳動と熱対流の共存状態に対する流路高さの影響
    (日本流体力学会年会 2021 2021)
  • 球の突発的な回転が引き起こす気体の非定常応答
    (日本流体力学会年会 2021 2021)
  • 円板を過ぎる中程度に希薄な流れ:モデル Boltzmann 方程式の数値解析
    (日本流体力学会年会 2021 2021)
  • 揚力の数理
    (京都大学情報学研究科公開講座 2021)
  • Asymptotic theory for a slightly rarefied gas over a boundary with a discontinuous temperature distribution
    (Seminar at BITS Pilani, India (organizer: Prof. Anirudh Singh Rana) 2020)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2001 - 2004 京都大学 航空宇宙工学専攻
  • 1999 - 2001 京都大学 航空宇宙工学専攻
  • 1995 - 1999 京都大学 物理工学科
  • 1992 - 1995 島根県立出雲高等学校
学位 (3件):
  • 博士(工学) (京都大学)
  • 修士(工学) (京都大学)
  • 学士(工学) (京都大学)
経歴 (9件):
  • 2019/07 - 現在 京都大学 大学院情報学研究科 先端数理科学専攻 教授
  • 2017/04 - 2019/06 京都大学 大学院情報学研究科 先端数理科学専攻 准教授
  • 2016/03 - 2017/03 電気通信大学 大学院情報理工学研究科 情報理工学域機械知能システム学専攻 III類(理工系) 准教授
  • 2011/03 - 2016/02 電気通信大学 大学院情報理工学研究科 助教
  • 2011/04 - 2014/09 東京電機大学 非常勤講師
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2015/04/24 - 2016/03/31 文部科学省技術政策研究所動向センター専門調査員
受賞 (1件):
  • 2014/02/14 - 日本流体力学会 日本流体力学会竜門賞 温度場を駆動源とする低圧/マイクロスケール気体流に関する分子運動論的研究
所属学会 (3件):
日本流体力学会 ,  日本機械学会 ,  アメリカ物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る