研究者
J-GLOBAL ID:200901061316111073   更新日: 2005年02月16日

大藪 敏宏

オオヤブ トシヒロ | Oyabu Toshihiro
所属機関・部署:
職名: 助教授
ホームページURL (1件): http://www.tuins.ac.jp/~toyabu/
研究分野 (2件): 思想史 ,  哲学、倫理学
研究キーワード (6件): 相関社会科学 ,  ヘーゲル ,  ドイツ観念論 ,  Interdisciplinary social science ,  Hegel ,  German Idealism
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 相関社会科学の哲学的基礎
  • ヘーゲル哲学および弁証法論理学の研究
  • Philosophical Foundation of Social Theory
  • Study on Hegel's Philosophy and Logic
MISC (35件):
  • 自己意識の個別性と偶然性-ヘーゲル法哲学における意志の自由と個別的自己意識-. 「国際教養学部紀要」.富山国際大学. 2005. 第1号、pp.149-156
  • Particularity of Self-Consciousness and Contingency-Free Will of Hegel's Philosophy of Law-. Journal of the Faculty of International Studies, Toyama University of International Studies. 2005. Vol.1,p.149-156
  • 法における自由の実現と人倫的世界の無神論-ヘーゲル法哲学における自由意志能力説批判-. 2004. 4. 13-23
  • Realization of Freedom in Law and Atheism of Ethical World-Hegel's Criticism on Faculty Theory of Free Will-. Journal of the Faculty of Humanities and Social Sciences. 2004. 4. 13-23
  • History of Causal Determinism and Formation of Nordern Psychology -H. A. Taine's Acceptance of Hegel's Though and P. Janet's Harvard Lecture-. Journal of the Faculty of Humanities and Social Sciences. 2003. 3. 9-20
もっと見る
書籍 (1件):
  • 濱井修監修『倫理用語集』(共著)
    山川出版社 1996
Works (4件):
  • 「関係の実在性をめぐる再考察-久保陽一『ヘーゲル論理学の基底』の射程-」(ヘーゲル研究会1999年度合評会)
    1999 -
  • 「ヘーゲル法哲学における偶然性の問題-ミネルヴァの梟をめぐるアポロギアの弁証法-」(ヘーゲル研究会第37回研究発表会)
    1998 -
  • 「イェーナ論理学における様相の概念」(ヘーゲル研究会第28回研究発表会)
    1995 -
  • 「無限性と時間-イェーナ期ヘーゲルにおける時間論の形成」(日本哲学会)
    1995 -
学歴 (2件):
  • - 1983 早稲田大学 経済学科
  • - 1983 早稲田大学
学位 (1件):
  • 文学修士 (法政大学)
所属学会 (5件):
ヘーゲル研究会 ,  日本社会学会 ,  社会思想史学会 ,  日本倫理学会 ,  日本哲学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る