研究者
J-GLOBAL ID:200901061465188208   更新日: 2021年06月17日

中野 裕美

ナカノ ヒロミ | Nakano Hiromi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.crfc.tut.ac.jp/nakano/index.html
研究分野 (2件): 構造材料、機能材料 ,  無機材料、物性
研究キーワード (5件): 蛍光体材料 ,  組織・構造解析 ,  無機材料 ,  電子顕微鏡 ,  材料工学
競争的資金等の研究課題 (31件):
  • 2019 - 2022 ナノポーラス金による細胞接着制御
  • 2020 - 2021 蛍光体に関する研究
  • 2019 - 2020 新規蛍光体酸化物の低温・短時間合成のための電気炉の改良と発光特性向上に向けた取り組み
  • 2018 - 2019 様々な反応場中での酸化物合成と元素の価数・配位環境の変化
  • 2018 - 2019 ナノポーラス金の近接抗菌作用を利用した細胞に無害な選択抗菌性マイクロ構造の開発
全件表示
論文 (221件):
  • 中野裕美, 斎藤源生. Ba0.79(Al, Zn)10.9O17.14-δ:Eu2+蛍光体材料の単相合成とZn添加が発光特性に及ぼす影響. 粉体工学会 和文誌. 2021. 58. 1. 4-9
  • Shota Ando, Hiromi Nakano. Properties of (Ba, Ca)2( Si, P)O4: Eu Synthesized by Various Annealing and Cooling Process. Materials Science Forum,. 2021. 1016. 231-235
  • Hiromi Nakano. Applications of Smart Material of Li2O-(Nb/Ta)2O5-TiO2 Solid Solution Having a Unique Periodical Structure. Materials Science Forum,. 2021. 1016. 1009-1013
  • Konatsu Kamimoto, Hiromi Nakano. Changes in crystal structure and photoluminescence property for Ca2(Si, P)O4:Eu2+ phosphor by addition of Al3+ ion. 粉体工学会 和文誌. 2020. 57. 11. 572-576
  • 安藤将太, 亀山海, 中野裕美. 新規蛍光体酸化物の実用化に向けた励起・発光特性向上の取り組み. あいちSR光センター成果報告書. 2020. web
もっと見る
MISC (44件):
  • 中野裕美. 性の多様性の理解. 粉体工学会和文誌. 2021. 58. 1. 30-30
  • 中野裕美. テレワークの導入による多様な働き方. 粉体工学会和文誌. 2020. 57. 11. 595-595
  • 中野裕美. アンコンシャスバイアスのない社会に. 粉体工学会和文誌. 2020. 57. 5
  • 中野裕美. 研究室紹介 無機材料研究室(中野研究室). 粉体技術. 2020. 12. 1. 2-3
  • 中野裕美. 女性活躍のためにやるべきこと. 粉体工学会 四分法. 2018
もっと見る
特許 (4件):
書籍 (10件):
  • 機器分析ハンドブック3 固体・表面分析編
    化学同人 2021
  • ナノ粒子塗工液の調整とコーティング技術
    技術情報協会 2019
  • 新規蛍光体材料とダイバーシティ社会に向けて
    MIKAWA-NAVI 2016
  • 入門機器分析化学
    三共出版 2015
  • Chemical Sensors Vol.1
    MOMENTUM PRESS 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (161件):
  • Photoluminescence property of new phosphor of Ce2O3- and P2O5-doped Ca2SiO4 phosphor
    (The 8th Asian Particle Technology Symposium 2021)
  • Enhancement of the photoluminescence properties of the Li-Ta-Ti-O:Mn4+ red emitted phosphor
    (The 8th Asian Particle Technology Symposium 2021)
  • Comparison of PL intensity between LNT:Mn and LTT:Mn phosphors
    (The 8th Asian Particle Technology Symposium 2021)
  • Ca2(Si, P)O4:Ce3+ 新規蛍光体の合成および結晶構造変化と発光特性の関係
    (2021)
  • Li-(Ta, Nb)-Ti-O:Mn4+ 蛍光体の発光強度に及ぼすMgO添加効果
    (日本セラミックス協会2021年年会 2021)
もっと見る
Works (2件):
  • 透過型電子顕微鏡の測定技術に関する研究
    2009 -
  • リサイクルジルコニア
    2003 - 2004
学歴 (2件):
  • - 1983 豊橋技術科学大学 物質工学
  • - 1983 豊橋技術科学大学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (豊橋技術科学大学)
委員歴 (27件):
  • 2018/04 - 現在 日本学術振興会 124委員会
  • 2016/01 - 現在 粉体工学会 ダイバーシティ委員会 委員長
  • 2015/04 - 現在 紛体工学会 理事
  • 2005 - 現在 日本材料学会 セラミック材料部門委員会幹事
  • 2020/10 - 2026/09 日本学術会議 25-26期 連携会員
全件表示
受賞 (31件):
  • 2021/01 - 材料学会セラミック材料部門委員会 ヤングプレゼンテーション賞 Li-Ta-Ti-O:Mn4+蛍光体の低温・短時間合成 と発光強度向上に向けた取り組み
  • 2020/06 - 日本セラミックス協会 フェロー表彰 TEMによるセラミックス材料の評価・解析と協会の男女共同参画推進
  • 2019/12 - 豊橋技術科学大学 卒業研究発表会 優秀発表賞
  • 2018/12 - 豊橋技術科学大学 卒業研究発表会 優秀発表賞
  • 2018/09 - 日本セラミックス協会 川柳 銅賞
全件表示
所属学会 (4件):
粉体工学会 ,  日本材料学会 ,  応用物理学会 ,  日本セラミックス協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る