研究者
J-GLOBAL ID:200901061510207502   更新日: 2020年08月30日

石松 惇

イシマツ アツシ | Ishimatu Atushi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 環境動態解析 ,  動物生理化学、生理学、行動学 ,  水圏生産科学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 1996 - CO2が海産動物に及ぼす影響について
  • 1996 - Effects of CO2 on marine animals
  • 1995 - トビハゼ・ムツゴロウ類の生理生態学
  • 1995 - Ecophysiology of the mudskippers
MISC (136件):
書籍 (19件):
  • Effect of ocean acidification on nektonic organisms: fish and cephalopods.
    Oxford University Press 2011
  • Mudskippers: front runners in the modern invasion of land
    Science Publisher 2011
  • Effect of ocean acidification on nektonic organisms: fish and cephalopods.
    Oxford University Press 2011
  • Mudskippers: front runners in the modern invasion of land
    Science Publisher 2011
  • Life threatened in acidic coastal waters.
    テラパブ 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (174件):
  • CO2海洋隔離が魚類に及ぼす影響
    (日本環境学会 2006)
  • 大気CO2濃度の増加が海産生物に及ぼす影響
    (日本環境学会 2006)
  • Effects of CO2 Ocean Sequestration on Marine Animals
    (The 25th International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering (OMAE 2006), 2006)
  • Mudskippers brood their eggs in air but submerge them for hatching
    (Recent Advances and Future Prospects on Tropical Ecology and Biodiversity Research 2006)
  • Effects of CO2 on marine animals
    (Tunghai University, Taiwan. 2006)
もっと見る
Works (9件):
  • 二酸化炭素が海産無脊椎動物に及ぼす生理的影響
    2003 - 2005
  • 韓国産ムツゴロウ・トビハゼ類の環境適応に関する生理生態学的研究
    2003 - 2005
  • 有明海の環境変化が漁業資源に及ぼす影響に関する総合研究
    2001 - 2005
  • 亜熱帯オセアニアのマングローブ湿地におけるムツゴロウ・トビハゼ類の生存戦略
    2000 - 2002
  • トラフグ「やせ病」の発症機構
    2000 - 2001
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1983 九州大学 水産学
  • - 1983 九州大学
  • - 1976 長崎大学 水産学科
  • - 1976 長崎大学
学位 (1件):
  • 農学博士
経歴 (6件):
  • 2010 - マレーシア科学大学 客員教授
  • 2010 - Visiting Professor,Universiti Sains Malaysia
  • 1983 - 1984 動物生理学科、オーフス大学、デンマーク その他
  • 1983 - 1984 その他
  • 1984 - 動物学科、オーフス大学、デンマーク 研究員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2009 - 水産学進歩賞
  • 2006 - ベストポスター賞
所属学会 (7件):
日本環境学会 ,  長崎県科学技術振興会議企画委員会委員 ,  日本動物行動学会 ,  日本魚類学会 ,  日本比較生理化学会 ,  日本動物学会 ,  日本水産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る