研究者
J-GLOBAL ID:200901061710861231   更新日: 2020年10月09日

山本 万里

ヤマモト マリ | Yamamoto Mari
所属機関・部署:
職名: ヘルスケア創出研究統括監
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/nfri/introduction/chart/08/index.htmlhttp://www.naro.affrc.go.jp/english/vegetea/benifuuki/
研究分野 (1件): 食品科学
研究キーワード (14件): 食によるヘルスケア創出 ,  細胞内情報伝達系 ,  ヒト培養細胞 ,  サンルージュ ,  べにふうき ,  生活習慣病予防 ,  機能性弁当 ,  眼精疲労軽減効果 ,  緑茶 ,  抗アレルギー作用 ,  機能性農林水産物開発 ,  機能性表示食品 ,  機能性食品 ,  ヒト介入試験
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2018 - 2023 スマートバイオ産業・農業基盤技術:食を通じた健康システムの確立による健康寿命の延伸
  • 2016 - 2021 茨城、長野、沖縄の農林水産物・食品の機能性発掘のための研究開発
  • 2018 - 2020 認知症に関与するマイクロバイオーム・バイオマーカー解析
  • 2013 - 2016 脂質代謝改善効果をもつ高カテキン緑茶およびその加工品の開発
  • 2012 - 2016 生体調節機能成分を活用した野菜生産技術の実証研究「抗糖尿病アディポネクチン様活性をもつオスモチン定量法の確立と野菜中含有量の解明」
全件表示
論文 (136件):
  • Ren Yoshitomi, Kai Nakayama, Shuya Yamashita, Motofumi Kumazoe, Ting-An Lin, Chen-Yi Mei, Yuki Marugame, Yoshinori Fujimura, Mari Maeda-Yamamoto, Shinichi Kuriyama, et al. Plasma Homocysteine Concentration is Associated with the Expression Level of Folate Receptor 3. Scientific Reports. 2020. 10. 1. 10283
  • Tomoko Kamohara, Manami Koshiguchi, Mari Maeda Yamamoto, Yuki Shinoda, Norihiro Kametani, Shizuka Hirai, Yukari Egashira. The Combination of ‘Benifuuki’ with Quercetin Suppresses Hepatic Fat Accumulation in High-fat High-cholesterol Diet-fed Rats. Journal of Nutritional Science and Vitaminology. 2019. 65. 2. 196-201
  • Mie Nishimura, Naoki Tominaga, Yuko Ishikawa-Takano, Mari Maeda-Yamamoto, Jun Nishihira. Effect of 12-Week Daily Intake of High-Lycopene Tomato (Solanum Lycopersicum) PR-7 on Lipid Metabolism: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled, Parallel-Group Study. Nutrients. 2019. 11. 5. E1177
  • Masahiro Miyawaki, Hiroyuki Sano, Hisashi Imbe, Reiko Fujisawa, Keiji Tanimoto, Jungo Terasaki, Mari Maeda-Yamamoto, Hirofumi Tachibana, Toshiaki Hanafusa, Akihisa Imagawa. "Benifuuki" Extract Reduces Serum Levels of Lectin-Like Oxidized Low-Density Lipoprotein Receptor-1 Ligands Containing Apolipoprotein B: A Double-Blind Placebo-Controlled Randomized Trial. Nutrients. 2018. 10. 7. 924
  • Shuya Yamashita, Asami Hirashima, I-Chian Lin, Jaehoon Bae, Kanami Nakahara, Motoki Murata, Shuhei Yamada, Motofumi Kumazoe, Ren Yoshitomi, Mai Kadomatsu, et al. Saturated fatty acid attenuates anti-obesity effect of green tea. Scientific Reports. 2018. 8. 1. 10023
もっと見る
MISC (39件):
  • 石川(高野) 祐子, 若木 学, 斎藤 新, 河崎 靖, 山本(前田) 万里. ナス科野菜の酸素ラジカル吸収能(Oxygen radical absorbance capacity)の評価. 農研機構研究報告 食品研究部門 = Bulletin of the NARO, Food Research. 2017. 1. 87-93
  • 百瀬祐子, 山本万里, 鍋谷浩志. 緑茶に含まれる機能性関与成分エピガロカテキンガレート(EGCG)によるLDLコレステロール値の低下の機能に関する研究レビュー. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2016. 2016. 2E163 (WEB ONLY)
  • 倉持(熊野)みゆき, 立松謙一郎, 亀山眞由美, 早川舞, 山本(前田, 万里, 畑中研一, 瀬筒秀樹, 町田幸子. 遺伝子組換えカイコによる可溶性酸化LDL受容体(LOX-1)の生産. 日本生化学会大会(Web). 2015. 88th. 1P0889 (WEB ONLY)-[1P0889]
  • 麻生愛花, 一法師克成, 山岸直子, 守谷直子, 青木(吉田)綾子, 後藤達彦, 豊田淳, 山本(前田)万里, 鈴木チセ. 社会的敗北ストレス負荷がマウスの胆汁酸産生に及ぼす影響. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2015. 2015. 3F22P19 (WEB ONLY)
  • Mari Maeda-Yamamoto. From the Experimental Research of Functional Foods to Product Development -The Case of Green Tea-. FOOD HYGIENE AND SAFETY SCIENCE. 2014. 55. 6. J206-J210
もっと見る
特許 (24件):
  • 間葉系幹細胞増殖促進用組成物及び認知機能改善用組成物
  • 眼精疲労又は身体疲労の改善又は予防剤
  • 血圧上昇剤
  • 飲食物及びスクリーニング方法
  • 血糖低下剤、1,5-アンヒドログルシトール低下剤及び飲食組成物
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1992 - 現在 九州大学 農学博士
  • 1980 - 1984 千葉大学 農芸化学科
学位 (1件):
  • 農学博士 (九州大学)
経歴 (13件):
  • 2019/11 - 現在 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 ヘルスケア創出研究統括監
  • 2015/05 - 現在 筑波大学 グローバル研究院 協働大学院 教授
  • 2019/04 - 2019/10 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 本部企画戦略本部 研究管理役
  • 2018/04 - 2019/03 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食農ビジネス推進センター センター長
  • 2016/04 - 2018/03 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 食品健康機能研究領域長(中課題推進責任者)
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2019/03 - 現在 日本農芸化学会 学術活動強化委員会 委員長
  • 2002/06 - 2021/03 バイオインダストリー協会 B&I編集幹事
  • - 2021/03 日本食品免疫学会 評議員
  • - 2019/06 日本動物細胞工学会 評議員、幹事
  • 2015/03 - 2019/02 日本農芸化学会 理事
全件表示
受賞 (10件):
  • 2018/04 - 日本農学会 日本農学賞(読売農学賞) 緑茶の生理機能の解明とその応用に関する研究
  • 2016/11 - 日本食品免疫学会 食品免疫産業賞 緑茶の抗アレルギー作用の解明及び応用開発
  • 2016/04 - 飯島藤十郎記念食品科学財団 飯島藤十郎食品技術賞 機能性表示食品に対応したべにふうき緑茶活用食品の開発
  • 2016/03 - 日本農芸化学会 2016農芸化学技術賞 健康機能を有する緑茶「べにふうき」の効果、作用機序、茶葉特性の解明ならびに飲食品の開発
  • 2013/08 - 内閣府 第11回産学官連携功労者農林水産大臣賞 メチル化カテキン高含有「べにふうき」緑茶とそれを利用した外用剤の開発
全件表示
所属学会 (11件):
日本フードファクター学会 ,  日本食品免疫学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本動物細胞工学会 ,  日本食品科学工学会 ,  Biotechnology and Agrochemistry ,  Japan Society for Bioscience ,  Japanese Society of Nutrition and Food Science ,  Japanese Society for Immunology ,  Japanese Society for Food Science and Technology ,  Japanese Association for Animal Cell Technology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る