研究者
J-GLOBAL ID:200901061793450912   更新日: 2018年09月12日

菅原 良子

スガワラ ヨシコ | Sugawara Yoshiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 教育学
研究キーワード (4件): 地域と学習・教育 ,  青年団 ,  発達と学習 ,  体験学習
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 地域づくりと教育
  • 地域における人間形成と学び
MISC (10件):
  • 共著. 福祉系高校における福祉教育の現状と課題-九州管内における福祉系高校の福祉担当教員へのアンケート調査から-. 長崎ウエスレヤン大学地域総合研究所研究紀要別冊. 2005. 2-11
  • 単著. 町内会の源流-函館市における町内会のルーツー. 「長崎談叢」編集委員会『長崎談叢』. 2005. 94. 90-109
  • 単著. 1930年代の「地方」都市における青年団活動の展開-北海道函館市を事例として-. 長崎ウエスレヤン大学地域総合研究所研究紀要. 2005. 3. 1. 103-110
  • 単著. 教職課程における導入科目としての『授業』実践-『教育社会学』の実践から-. 『教育実践研究論集』九州地区大学教職課程研究連絡協議会研究部会. 2004. 創刊. 29-40
  • 大島茂男著『永続経済と共同組合-接続可能な21世紀-』(大月書店、平成10年)の検討(単著). 『教育における公共性と共同性』 第11回現代生涯学習研究セミナー記録集. 1999
もっと見る
書籍 (2件):
  • 地域福祉生活支援活動の推進
    長崎大学公開講座叢書13『地域福祉の推進』 2001
  • 地域福祉システムと地域福祉生活共同組織
    長崎大学公開講座叢書13『地域福祉の推進』 2001
講演・口頭発表等 (9件):
  • 福祉系高校における福祉教育の現状と課題-九州管内における福祉系高校の福祉担当教員へのアンケート調査から-
    (日本社会福祉学会九州部会第45回大会(長崎ウエスレヤン大学) 2004)
  • 教職課程における導入科目としての授業実践-「教育社会学」の実践から-
    (九州地区教職課程件家優連絡協議会2003年度研究連絡会教員部会 2003)
  • 1930年代における地方の都市問題と地域組織-北海道函館市における青年団活動を事例として-
    (第50回日本社会教育学会(早稲田大学) 2003)
  • 1930年代における「地方」都市青年団活動の展開 -青年団の「自主化」と国家への包摂-
    (第46回日本社会教育学会(早稲田大学) 1999)
  • 現代社会をどうとらえるか(大島茂男著『永続経済と協同組合-接続可能な21世紀-』大月書店、1998年)の検討
    (第11回現代生涯学習研究セミナー 1999)
もっと見る
学位 (1件):
  • 教育学修士 (北海道教育大学)
所属学会 (4件):
長崎史談会 会員(現在に至る) ,  北海道歴史研究者協議会 会員(現在に至る) ,  日本図書館協会 会員(現在に至る) ,  日本社会教育学会 会員(現在に至る)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る