研究者
J-GLOBAL ID:200901062044510662   更新日: 2020年09月30日

矢藤 繁

ヤトウ シゲル | Yatoh Shigeru
所属機関・部署:
職名: 教授
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2007 - ヒト膵管細胞から膵β細胞への分化誘導に関する研究
  • 2007 - 糖尿病における合併症の実態把握とその治療に関するデータベース構築による大規模前向き研究
論文 (48件):
  • Sekiya, Motohiro, Matsuda, Takaaki, Yamamoto, Yuki, Furuta, Yasuhisa, Ohyama, Mariko, Murayama, Yuki, Sugano, Yoko, Ohsaki, Yoshinori, Iwasaki, Hitoshi, Yahagi, Naoya, et al. Deciphering genetic signatures by whole exome sequencing in a case of co-prevalence of severe renal hypouricemia and diabetes with impaired insulin secretion. BMC MEDICAL GENETICS. 2020. 21. 1
  • Matsuzaka, Takashi, Kuba, Motoko, Koyasu, Saori, Yamamoto, Yuta, Motomura, Kaori, Arulmozhiraja, Sundaram, Ohno, Hiroshi, Sharma, Rahul, Shimura, Takuya, Okajima, Yuka, et al. Hepatocyte ELOVL Fatty Acid Elongase 6 Determines Ceramide Acyl-Chain Length and Hepatic Insulin Sensitivity in Mice. Hepatology (Baltimore, Md.). 2020. 71. 5. 1609-1625
  • Suzuki, Y, Suzuki, H, Ishikawa, T, Yamada, Y, Yatoh, S, Sugano, Y, Iwasaki, H, Sekiya, M, Yahagi, N, Hada, Y, et al. Not diabetic polyneuropathy but muscle strength and fasting C-peptide levels are important predictors for falls in subjects with diabetes. DIABETOLOGIA. 2019. 62. 1:SI. S509-S509
  • 鈴木康裕, 鈴木浩明, 矢藤繁, 岩崎仁, 江口清, 羽田康司, 島野, 仁. 2型糖尿病患者における糖・脂質代謝および体組成、筋力、筋持久力に及ぼすベルト電極骨格筋電気刺激療法の中期的効果(原著). 物理療法科学. 2019. 26. 50-60
  • Sharma, Rahul, Matsuzaka, Takashi, Kaushik, Mahesh K, Sugasawa, Takehito, Ohno, Hiroshi, Wang, Yunong, Motomura, Kaori, Shimura, Takuya, Okajima, Yuka, Mizunoe, Yuhei, et al. Octacosanol and policosanol prevent high-fat diet-induced obesity and metabolic disorders by activating brown adipose tissue and improving liver metabolism. Scientific reports. 2019. 9. 1. 5169
もっと見る
書籍 (55件):
  • 「スルフォニルウレア:SU剤-飲み薬-(糖尿病治療薬)」
    メディクイックブック第1部 患者さんによくわかる薬の説明 2015年版 552ページ:金原出版。 2015
  • メディクイックブック第1部 患者さんによくわかる薬の説明 2015年版
    金原出版。 2015
  • メディクイックブック第1部 患者さんによくわかる薬の説明 2015年版
    金原出版。 2015
  • メディクイックブック第1部 患者さんによくわかる薬の説明 2015年版
    金原出版。 2015
  • メディクイックブック第1部 患者さんによくわかる薬の説明 2015年版
    金原出版。 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (26件):
  • 1型DM感受性遺伝子を有したL-asparaginase誘発糖尿病の一例
    (第29回臨床内分泌代謝update 2019)
  • 清涼飲料水多飲での高血糖緊急症を機に先端巨大症と診断した一例(ポスター).
    (第29回臨床内分泌代謝update 2019)
  • Not diabetic polyneuropathy but muscle strength and fasting C-peptide levels are important predictors for falls in subjects with diabetes
    (55th Annual Meeting of the European-Association-for-the-Study-of-Diabetes (EASD) 2019)
  • 1型糖尿病におけるFreeStyleリブレの血糖コントロールに与える影響
    (第62回日本糖尿病学会年次学術集会 2019)
  • 異所性GHRH産生胸腺カルチノイドを合併した多発性内分泌腫瘍症(MEN)1型の1例(ポスター)
    (第92回日本内分泌学会学術総会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1997 - 2001 筑波大学 生化系
  • 1987 - 1993 筑波大学
学位 (2件):
  • 博士(医学) (筑波大学)
  • Doctor of Medicine (University of Tsukuba)
経歴 (12件):
  • 2007/02/01 - 現在 筑波大学 人間総合科学研究科 講師
  • 2003/04/16 - 2007/01/31 Joslin Diabetes Center, Boston, MA, U.S.A. Section on Islet Transplantation and Cell Biology Postdoctoral fellow.
  • 2002/04/01 - 2003/03/31 水戸協同病院 代謝内分泌内科 科長
  • 2001/04/01 - 2002/03/31 筑波大学附属病院 医員
  • 1996/10/01 - 1997/03/31 東取手病院 医師
全件表示
受賞 (4件):
  • 2012/09 - Diabetes Masters Conference 2012年度Diabetes Masters Conference 研究助成
  • 2008/09/25 - 筑波大学附属病院 筑波大学附属病院研究奨励賞
  • 2006/04 - Juvenile Diabetes Research Foundation (JDRF, U.S.A.) Postdoctoral Fellowship
  • 2003/04 - 鈴木万平糖尿病学国際交流財団 ポストドクトラルフェローシップ
所属学会 (4件):
American Diabetes Association ,  日本内分泌学会 ,  日本内科学会 ,  日本糖尿病学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る