研究者
J-GLOBAL ID:200901062409330251   更新日: 2020年08月29日

西條 修

サイジョウ オサム | Saijo Osamu
研究分野 (1件): 船舶海洋工学
研究キーワード (7件): モーダル実験 ,  海中展望塔 環境荷重 ,  上載建築物 ,  浮遊式人工基盤 ,  流体-構造系連成振動 ,  海洋建築物 ,  Coupled Vibration associated with Structure and Fluid
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2001 - 海洋建築物の特性調査と安全評価手法
  • 2001 - 海中展望塔の構造安全性能評価と限界状態設計
  • 2001 - Response Analysis of Hyperboloidal Body of One Sheet-Type-Offshore Structures induced by Seismic & Wave Loads
  • 2000 - 浮遊式人工基盤上-上載建築物の居住性評価
  • 2000 - Response Analysis of Floating Plate by Wave Loads
全件表示
MISC (167件):
  • 西條 修, Eto Hiroaki, Yuasa Shigenori, Wada Kohei, Nakanura Hayato. An Investigation on Characteristics of Ship Wave in Canal. The 20th International Society of Offshore and Polar Engineering CD Rom Proceedings Floating bodies 4 (V.3). 2010. V.3
  • 西條 修, Naruta Shigeyuki, Eto Hiroaki, Saito Keisuke, Matunaga Hiroe, Saijo Osamu. Operational Modal Analysis of Existing Floating Oceanic Architectural Buildings; Restaurant and Pier. The 20th International Society of Offshore and Polar Engineering. 2010. iV. v.1
  • SAIJO Osamu, Eto Hiroaki, Yuasa Shigenori, Wada Kohei, Nakanura Hayato. An Investigation on Characteristics of Ship Wave in Canal. The 20th International Society of Offshore and Polar Engineering CD Rom Proceedings Floating bodies 4 (V.3). 2010. V.3
  • SAIJO Osamu. Operational Modal Analysis of Existing Floating Oceanic Architectural Buildings; Restaurant and Pier. The 20th International Society of Offshore and Polar Engineering. 2010. iV. v.1
  • 西條 修, Keisuke Saito, Shigeyuki Naruta, Hiroaki Eto, Osamu Saijo, Kiyota Ohki. 実存浮遊式海洋建築物の実稼働モード解析. Proceedings of OMAE2009-79829 :The 28th International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering. 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (105件):
  • その5 実稼働モード解析結果および理論解析結果の比較検討
    (日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸) 2010)
  • 海洋円筒シェルの波浪による応力・変形解析
    (日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集A-2 2003)
  • Stress-Displacement Analysis of Clamped-Free Circular Cylindrical Shell Surrounded By Water
    (The Sixth Regional Symposium, PACON2003, Kaohsigng, Taiwan, 2003)
  • 浮遊式海洋農場の提案
    (第15回日本大学理工学部学術講演会論文集Ja12 pp.754-755 2003)
  • 浮遊式人工基盤における動揺知覚に対するアンケート調査 8211;-南淡町立海づり公園"うずしおメガフロート南淡"-その3 板厚変化による付加質量の傾向-
    (第15回日本大学理工学部学術講演会論文集 2003)
もっと見る
Works (9件):
  • 島嶼社会における自然環境保護と人間活動-地域資源の持続的活用と生活環境の形成に関する調査研究
    2000 -
  • 「海の構造物と基礎 海の構造物に作用する荷重」と題して講演, 土質工学会, 「海の構造物と基礎」の出版に関する講習会講師
    1995 -
  • 太平洋アジア機械工学会議閉会式で会議のImpressionsを述べる。
    1995 -
  • Speaker of Impression on Pacific-Asia Conference on Mechanical Engineering (The Technological Univ. of the Philippines)
    1995 -
  • Speaker of Impression on Pacific-Asia Conference on Mechanical Engineering (The Technological Univ. of the Philippines)
    1995 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1974 日本大学 建築
  • - 1974 日本大学
  • - 1966 日本大学 建築
  • - 1966 日本大学
学位 (1件):
  • 工学博士
経歴 (1件):
  • 日本大学 理工学部 海洋建築工学科 教授
委員歴 (3件):
  • 2003 - 2005 日本建築学会 日本建築学会代議員
  • 日本建築学会 海洋委員会委員長
  • 日本建築学会 海洋本委員会委員
受賞 (2件):
  • 1974 - 斉藤賞(桜門建築会)
  • 1973 - 海外留学奨学金(日大)
所属学会 (15件):
日本建築学会 ,  土木学会 ,  日本造船学会 ,  米国土木工学会 ,  PACON INTERNATIONAL ,  海洋と極地工学会(ISOPE) ,  造船学会 ,  太平洋科学技術会議 ,  地盤工学会 ,  米国土木学会 ,  Architectural Institute of Japan ,  Japan Society of Civil Engineers ,  Society of Naval Architects of Japan ,  ISOPE ,  Japanese Geotechnical Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る