研究者
J-GLOBAL ID:200901062503959708   更新日: 2021年03月05日

林 幸雄

ハヤシ ユキオ | Yukio Hayashi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.jaist.ac.jp/profiles/info.php?profile_id=00017
研究分野 (9件): 通信工学 ,  数理物理、物性基礎 ,  安全工学 ,  社会システム工学 ,  感性情報学 ,  ソフトコンピューティング ,  情報ネットワーク ,  計算機システム ,  情報学基礎論
研究キーワード (5件): スケールフリー ,  スモールワールド ,  社会ネットワークサービス ,  無線通信システム ,  次世代情報通信網
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2017 - 2020 レジリエントな自己組織化・自己修復ネットワークの設計・拡張と資源配分
  • 2013 - 2016 フラクタル階層ネットワークの自己組織化と増強法
  • 2009 - 2012 地理的空間上の人口分布に応じた自律分散ネットワークの構築法
  • 2006 - 2008 アドホックなスケールフリーネットワークの構築法
  • 2006 - 2008 アドホックなスケールフリーネットワークの構築法
全件表示
論文 (52件):
  • Yukio Hayashi, Atsushi Tanaka, Jun Matsukubo. More Tolerant Reconstructed Networks Using Self-Healing against Attacks in Saving Resource. Entropy. 2021. 23. 1. 102-102
  • Masaki Chujyo, Yukio Hayashi. A loop enhancement strategy for network robustness. Applied Network Science. 2021. 6. 1. 1-13
  • Yukio Hayashi, Atsushi Tanaka, Jun Matsukubo. Effective Self-Healing Networks against Attacks or Disasters in Resource Allocation Control. ThinkMind Digital Library. 2020. ADAPTIVE2020. 85-91
  • Masaki Chujyo, Yukio Hayashi. Significant improvement of network robustness by enhancing loops through rewiring. BookOfAbstracts, The 8th International Conference on Complex Networks and their Applications. 2019. 569-571
  • Liao Fuxuan, Yukio Hayashi. Identifying a crucial role for robustness and spreading in complex networks. BookOfAbstracts, The 8th International Conference on Complex Networks and their Applications. 2019. 572-574
もっと見る
MISC (134件):
  • 中条雅貴, 林 幸雄. Closely Relation Between Improvement of Network Robustness and Enhancement of Loops. 情報処理学会 第16回ネットワーク生態学シンポジウム. 2021
  • 林 幸雄. ネットワークインフラにおける連鎖被害, 相互依存性, レジリエンス, 自己修復に対する諸課題. 電子情報通信学会 2021年総合大会 予稿集, 依頼シンポジウムセッション BI-6大規模災害・パンデミック時に役立つ情報伝搬・情報ネットワーク技術とその課題. 2021. BI-6. 4. SS-47-SS-48
  • 北川寛也, 林 幸雄. 基幹通信網における経路の脆弱性の分析. 電子情報通信学会 IN研究会 信学技報(スマートファシリティ研究会・Society 5.0 for SDGsを支える需要家分散電源を利用したアグリゲーション・VPPシステムの技術動向). 2020
  • 中条雅貴, 林 幸雄. Feedback Vertex Setを用いたネットワーク頑健性の向上. 電子情報通信学会 IBIS研究会 信学技報IBISML2020-31. 2020. 120. 195. 55-60
  • 黄 子琪, 林 幸雄. ソーシャルネットワークにおけるインフルエンサーの情報拡散力の分析. 電子情報通信学会 2020年総合大会, B-7-20 情報ネットワーク, 通信講演論文集2. 2020. 137-137
もっと見る
特許 (5件):
  • 情報関連付け装置
  • パターン生成装置
  • パターン認識学習装方式
  • 文書画像再配置ファイリング装置
  • 文脈効果を持つパターン認識装置
書籍 (8件):
  • Pythonと複雑ネットワーク分析 -関係性データからのアプローチ
    近代科学社 2019
  • 情報ネットワーク科学入門
    コロナ社 2015
  • 自己組織化する複雑ネットワーク -空間上の次世代ネットワークデザイン-
    近代科学社 2014
  • Rethinking of Communication Requests, Routing, and Navigation Hierarchy on Complex Networks -for a Biologically Inspired Efficient Search on a Geographical Space-
    iConcept 2012 ISBN:9781922227027
  • ネットワーク科学への招待
    サイエンス社 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (25件):
  • Self-Healing Strategy for Improving Robustness in Limited Resource
    (International Conference on Complex Systems 2020)
  • Spatial Hiding of High Degree Nodes as Easy to be Targets by the Decentralization in a Growing Robust Network
    (International Symposium on Automation, Information and Computing (ISAIC 2020))
  • Rewirings by enhancing loops improve network robustness
    (International School and Conference on Network Science (NetSci-X) 2020)
  • A new relation of k-shell and feedback vertex set
    (International School and Conference on Network Science(NetSci-X) 2020)
  • How to change the generation rule from selfish preferential attachment to cooperative intermediation attachment
    (International School and Conference on Network Science(NetSci-X) 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1995 京都大学 工学研究科 博士(工学)
  • - 1987 豊橋技術科学大学 電気電子工学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (2件):
  • (株) ATR人間情報通信研究所, 視聴覚機構研究所出向
  • 富士ゼロックス(株)システム技術研究所 等
委員歴 (6件):
  • 2021/01 - 現在 ADAPTIVE(Adaptive and Self-Adaptive Systems and Applications), IARIA Steering Committee
  • 2017/01 - 現在 Program Commitee of COMPLEX NETWORKS(International Conference on Complex Networks and Their Applications)
  • 2008 - 2016 JST さきが け「知の創生と情報社会」 領域アドバイザー(併任)
  • 2006 - 2009 日本応用数理学会 学会誌編集委員
  • 2003 - 2005 文部科学省研究振興局 学術調査官(2003-2005)
全件表示
受賞 (2件):
  • 2012/11 - IARIA Best paper Award
  • 2012/10 - IARIA BEST PAPER AWARD Adaptive Fractal-like Network Structure for Efficient Search of Targets at Unknown Positions
所属学会 (3件):
電子情報通信学会 ,  日本応用数理学会 ,  情報処理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る