研究者
J-GLOBAL ID:200901062587860450   更新日: 2021年06月17日

高見 直樹

タカミ ナオキ | Takami Naoki
所属機関・部署:
職名: 准教授
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 2021 ドイツのシュタインマンの企業倫理論に関する研究-企業対話に注目して-
論文 (10件):
  • 高見直樹. 「シュタインマンの企業倫理論とプーマ社の事例 -企業対話に注目して-」. 『経済理論』. 2021. 404. 21-41
  • 高見 直樹. 「岡本人志著『企業行動とモラル』(文眞堂、2011年)」. 『経済理論』. 2012. 370
  • 高見 直樹. 「企業不祥事の要因についての一考察 -シュタインマンの見解を中心として-」. 『研究年報』. 2010. 14
  • 高見 直樹. 「企業倫理と企業対話 -シュタインマンの見解を中心として-」. 『経済理論』. 2009. 351
  • 高見 直樹. 「シュタインマンの企業倫理論の基本構想」. 『経済理論』. 2007. 335
もっと見る
MISC (3件):
  • 高見直樹. 2019年度実施状況報告書. 科研 研究課題18K01756. 2021
  • 高見直樹. 2018年度実施状況報告書. 科研 研究課題18K01756. 2019
  • 高見直樹. 「トランプがきた」への感想. The Asahi Shimbun GLOBE. 2017. 189
書籍 (3件):
  • 「グロッホラ」
    文眞堂 2012
  • 「「経営者の社会的責任」論批判と企業倫理論の構想 -シュタインマンの見解について-」
    千倉書房 2008 ISBN:9784805109090
  • 「「経営者の社会的責任」論とシュタインマンの企業倫理論」
    文眞堂 2004 ISBN:4830944900
講演・口頭発表等 (1件):
  • 「「経営者の社会的責任」論とシュタインマンの企業倫理論」
    (経営学史学会第11回大会 2003)
学歴 (2件):
  • 2001 - 2005 大阪市立大学 経営学研究科 後期博士課程 単位修得退学
  • 1999 - 2001 大阪市立大学 経営学研究科 前期博士課程 修了
学位 (2件):
  • 博士(経営学) (大阪市立大学)
  • 修士(経営学) (大阪市立大学)
経歴 (2件):
  • 2007/04 - 現在 和歌山大学 経済学部 准教授
  • 2005/04 - 2007/03 和歌山大学 経済学部 講師
所属学会 (1件):
経営学史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る