研究者
J-GLOBAL ID:200901062737922514   更新日: 2020年08月28日

赤堀 志子

Akahori Naoko
所属機関・部署:
職名: 准教授
論文 (20件):
  • 戯曲版 Frankenstein ー失われた人間性. 学苑. 2015. 900. 41-57
  • 英語学習者を対象としたアクティブ・ラーニングの取り組みと学生のモティベーション向上について. 学苑 2015年3月号. 2015. 893. 40-48
  • Misuzu Takami, Naoko Akahori. Inappropriate uses of psychological verbs by Japanese learners of English. Twenty Years of Learner Corpus Research - Looking Back, Moving Ahead (LCR2011 Proceedings). 2013. 447-454
  • 『カンタベリー物語』における結婚(1). 昭和女子大学紀要『学苑』. 2010. 841. 1-9
  • Tomoko Kaneko, Takako, Kobayashi, Emiko Takano, Misuzu Takami, Mika Ishizuka, Sayo Natsukari, Naoko Akahori. The Development of Cohesive Ties in English by Japanese University Students. 昭和女子大学紀要『学苑』. 2010. 833. 12-24
もっと見る
書籍 (5件):
  • 英語学習者コーパス活用ハンドブック
    大修館書店 2013 ISBN:9784469245806
  • 昭和女子大学女性文化研究叢書第6集
    昭和女子大学女性文化研究所 2008
  • エラーから学ぶ英作文ハンドブック
    青山社 2007
  • 英語で言うとこうなります
    竹書房 2000
  • 知的に楽しむ英語読本
    青山社出版 2000
講演・口頭発表等 (3件):
  • Inappropriate use of psychological verbs by Japanese learners of English
    (LCR (Learner Corpus Research) 2011 2011)
  • The Japanese Department Store as a Fantasy World - A Marketing Strategy of Linguistic Illusion(英語による発表)
    (ICLC 4 (The 4th International Contrastive Linguistics Conference) (第4回国際対照言語学会) 2005)
  • The Excessive Use of the First Person Pronoun “I” in English Compositions by Japanese Students - A Corpus Study(英語による発表)
    (ICLC 4 (The 4th International Contrastive Linguistics Conference) (第4回国際対照言語学会) 2005)
Works (4件):
  • 子供の消滅
    越智敏之, 赤堀志子, 石山伊佐夫, 田邉治子, 鈴木千尋, 吉原令子, 日高正司 2003 -
  • 世界文学にみる架空地名大事典
    監訳, 高橋康也 2002 -
  • セルジオ・レオーネ -西部劇を撃ったイタリアの悪童
    鬼塚大輔, 相原直美, 岩政祐美子, 赤堀志子, 横田由起子 2002 -
  • 映画で分かるカルチュラル・スタディーズ Cine Lesson別冊(訳書)
    鬼塚大介監訳, 横田由紀子, 内田均 2001 -
経歴 (1件):
  • 2019/04/01 - 現在 昭和女子大学 グローバルビジネス学部 会計ファイナンス学科 准教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る