研究者
J-GLOBAL ID:200901062781043250   更新日: 2024年02月09日

笠井 清登

Kasai Kiyoto
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://npsy.umin.jp/
研究分野 (5件): 生体材料学 ,  生体医工学 ,  神経形態学 ,  放射線科学 ,  精神神経科学
研究キーワード (33件): 脳プロ ,  包括脳ネットワーク・リソース・技術開発委員会 ,  包括脳ネットワーク ,  統合脳・統合脳 ,  統合脳・病態脳 ,  SPM99 ,  生物学的指標 ,  脳磁図 ,  事象関連電位 ,  社会技能訓練 ,  近赤外線スペクトロスコピー ,  異種性 ,  前頭葉機能 ,  BDNF ,  前頭葉機能障害 ,  statisical parametric mapping ,  脳・神経 ,  遺伝子 ,  心的外傷後ストレス障害 ,  錐体路 ,  認知障害 ,  magnetic resonance imaging ,  筋萎縮性側索硬化症 ,  拡散テンソルtractography ,  核磁気共鳴画像(MRI) ,  高磁場MRI ,  拡散テンソル ,  遺伝子多型 ,  エンドフェノタイプ ,  神経画像 ,  ニューロイメージング ,  中間表現型 ,  統合失調症
競争的資金等の研究課題 (44件):
  • 2021 - 2026 個体脳ー世界相互作用ループの時代・世代・ジェンダー影響の解明
  • 2021 - 2026 当事者化行動科学に向けた学術の対象・方法変革~学術者の当事者化と研究の共同創造~
  • 2021 - 2026 「当事者化」人間行動科学:相互作用する個体脳と世界の法則性と物語性の理解
  • 2019 - 2024 双方向トランスレーショナルアプローチによる精神疾患の脳予測性障害機序に関する研究開発 (分担課題名:眼球運動の状況予測性解析法の研究開発と疾患横断的理解)
  • 2020 - 2023 社会構造が個人の精神・脳機能に内在化する過程の理解に基づく精神疾患脳病態の解明
全件表示
論文 (647件):
  • Lin Cai, Norihide Maikusa, Yinghan Zhu, Atsushi Nishida, Shuntaro Ando, Naohiro Okada, Kiyoto Kasai, Yuko Nakamura, Shinsuke Koike. Hippocampal Structures Among Japanese Adolescents Before and After the COVID-19 Pandemic. JAMA Network Open. 2024. 7. 2. e2355292-e2355292
  • Shigeta Fujitani, Naoto Kunii, Keisuke Nagata, Megumi Takasago, Seijiro Shimada, Mariko Tada, Kenji Kirihara, Misako Komatsu, Takanori Uka, Kiyoto Kasai, et al. Auditory prediction and prediction error responses evoked through a novel cascade roving paradigm: a human ECoG study. Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991). 2024
  • Naohiro Okada, Noriaki Yahata, Daisuke Koshiyama, Kentaro Morita, Kingo Sawada, Sho Kanata, Shinya Fujikawa, Noriko Sugimoto, Rie Toriyama, Mio Masaoka, et al. Longitudinal trajectories of anterior cingulate glutamate and subclinical psychotic experiences in early adolescence: the impact of bullying victimization. Molecular Psychiatry. 2024
  • Akito Uno, Daiki Nagaoka, Satoshi Usami, Satoshi Yamaguchi, Rin Minami, Riki Tanaka, Yutaka Sawai, Ayako Okuma, Syudo Yamasaki, Mitsuhiro Miyashita, et al. Suicidal Thoughts and Trajectories of Psychopathological and Behavioral Symptoms in Adolescence. JAMA network open. 2024. 7. 1. e2353166
  • Mariko Tada, Kenji Kirihara, Tatsuya Nagai, Shinsuke Koike, Tsuyoshi Araki, Kiyoto Kasai. Gamma-band harmonic responses for beta-band auditory steady-state response are intact in patients with early stage schizophrenia. Neuropsychopharmacology reports. 2023
もっと見る
MISC (422件):
  • 大河内 範子, 熊倉 陽介, 濱田 純子, 田中 美歩, 中島 直美, 森島 遼, 中原 睦美, 笠井 清登. 重複障害を抱える染色体起因性疾患児の母親が学校教育において体験する困難-A qualitative study of the difficulties experienced by mothers of children with chromosomal disorder with multiple disabilities in school education. 心理臨床学研究 / 日本心理臨床学会学会誌編集委員会 編 = Journal of Japanese clinical psychology / Association of Japanese Clinical Psychology. 2023. 40. 6. 533-539
  • 宇野 晃人, 田中 美歩, 高橋 優輔, 澤井 大和, 熊倉 陽介, 森島 遼, 中島 直美, 金原 明子, 濱田 純子, 小川 知子, et al. 22q11.2欠失症候群のある人と家族が抱える福祉制度に関する困難とニーズ : 混合研究法によるアンケート回答解析-Welfare System Difficulties and Desired Support for Individuals with 22q11.2 Deletion Syndromes and Their Families : Analysis of Web Survey Results by Mixed Method Research. 精神神経学雑誌 = Psychiatria et neurologia Japonica. 2023. 125. 6. 486-497
  • 松本 純弥, 福永 雅喜, 三浦 健一郎, 根本 清貴, 岡田 直大, 橋本 直樹, 森田 健太郎, 越山 太輔, 大井 一高, 高橋 努, et al. 多施設共同研究による統合失調症・双極性障害・うつ病・自閉スペクトラム症の疾患横断的大脳皮質構造画像解析. 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報. 2022. 35. 202-202
  • 荒木剛, 荒木剛, 切原賢治, 越山太輔, 永井達哉, 多田真理子, 藤岡真生, 臼井香, 笠井清登. 統合失調症におけるミスマッチ陰性電位. 日本精神神経学会総会プログラム・抄録集. 2022. 118th
  • 森島遼, 森島遼, 小池春菜, 金原明子, 臼井香, 岡田直大, 岡田直大, 安藤俊太郎, 笠井清登, 笠井清登. COVID-19流行による全国一斉臨時休校期間中のオンライン授業と思春期メンタルヘルスの関連:疫学横断調査による検証. 日本トラウマティック・ストレス学会大会プログラム・抄録集. 2022. 21st
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • リカバリープロセス尺度日本語版の開発
    (第13回日本統合失調症学会 2018)
  • 統合失調症はどこまで治るか「リカバリーの視点から」
    (第13回日本統合失調症学会 2018)
  • Development of a Question Prompt Sheet for Schizophrenia: Dissemination strategies to raise awareness of Shared Decision Making (SDM) in Japan
    (Society of Schizophrenia Research 2017)
  • Development of a framework of recovery for mental health service users in Japan
    (Society of Schizophrenia Research 2017)
  • An ongoing trial for recovery-oriented and co-productive reform of academic schizophrenia research society: a challenge of the Japanese
    (Society of Schizophrenia Research 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2009 - 東京大学 医学部附属病院 教授
  • 2008 - 東京大学 医学部附属病院 講師
  • 2007 - 東京大学 医学部附属病院・医学部・附属病院 講師
  • 2005 - 2006 東京大学 医学部附属病院 講師
  • 2004 - 東京大学 医学部附属病院 助手・講師
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る