研究者
J-GLOBAL ID:200901062781043250   更新日: 2020年09月01日

笠井 清登

Kasai Kiyoto
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://npsy.umin.jp/
研究分野 (5件): 生体材料学 ,  生体医工学 ,  神経形態学 ,  放射線科学 ,  精神神経科学
研究キーワード (35件): 脳プロ ,  包括脳ネットワーク・リソース・技術開発委員会 ,  包括脳ネットワーク ,  統合脳・統合脳 ,  統合脳・病態脳 ,  SPM99 ,  生物学的指標 ,  脳磁図 ,  事象関連電位 ,  筋萎縮性側策硬化症 ,  社会技能訓練 ,  近赤外線スペクトロスコピー ,  amyotrophic lateral sclerosis ,  異種性 ,  前頭葉機能 ,  BDNF ,  前頭葉機能障害 ,  statisical parametric mapping ,  脳・神経 ,  遺伝子 ,  心的外傷後ストレス障害 ,  錐体路 ,  認知障害 ,  magnetic resonance imaging ,  筋萎縮性側索硬化症 ,  拡散テンソルtractography ,  核磁気共鳴画像(MRI) ,  高磁場MRI ,  拡散テンソル ,  遺伝子多型 ,  エンドフェノタイプ ,  神経画像 ,  ニューロイメージング ,  中間表現型 ,  統合失調症
論文 (308件):
もっと見る
MISC (15件):
講演・口頭発表等 (6件):
  • リカバリープロセス尺度日本語版の開発
    (第13回日本統合失調症学会 2018)
  • 統合失調症はどこまで治るか「リカバリーの視点から」
    (第13回日本統合失調症学会 2018)
  • Development of a Question Prompt Sheet for Schizophrenia: Dissemination strategies to raise awareness of Shared Decision Making (SDM) in Japan
    (Society of Schizophrenia Research 2017)
  • Development of a framework of recovery for mental health service users in Japan
    (Society of Schizophrenia Research 2017)
  • An ongoing trial for recovery-oriented and co-productive reform of academic schizophrenia research society: a challenge of the Japanese
    (Society of Schizophrenia Research 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2009 - 東京大学 医学部附属病院 教授
  • 2008 - 東京大学 医学部附属病院 講師
  • 2007 - 東京大学 医学部附属病院・医学部・附属病院 講師
  • 2005 - 2006 東京大学 医学部附属病院 講師
  • 2004 - 東京大学 医学部附属病院 助手・講師
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る