研究者
J-GLOBAL ID:200901063001323300   更新日: 2019年06月08日

會澤 純雄

AISAWA Sumio
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 無機工業材料
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 有機/無機層状化合物ナノ複合体の合成に関する研究
  • 生体分子/無機層状化合物ナノ複合体の合成に関する研究
論文 (57件):
  • Takahito Nakakuki, Hidetoshi Hirahara, Sumio Aisawa, Satoshi Takahashi, Eiichi Narita. Hydrothermal synthesis and physiochemical properties of Ni-hectorite. Clay Science. 2005. 13. 1. 19-26
  • Hidetoshi Hirahara, Sumio Aisawa, Kunio Mori, Eiichi Narita, Yoshiyuki Oishi. Study of Interfacial Chemistry on Direct Curing Adhesion between Ni-P Plating Rubber using 1,3,5,-Triazine-2,4,6-tritiol Monosodium Salt. Surf. Interface Anal. 2003. 35. 953-959
  • Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Satoshi Takahashi, Yoshio Umetsu, Eiichi Narita. Stereoselective Intercalation of Hexose for Layered Double Hydroxide by Calcination-Rehydration Reaction. Chem. Lett. 2004. 33. 3. 306
  • 佐藤久美子,平原英俊,川村優文,會澤純雄,成田榮一. トリアジンチオール末端オリゴ(2-ブチル-2-オキサゾリン)による銅表面の改質. 色材協会誌. 2009. 82. 11. 487-492
  • Hidetoshi Hirahara, Sumio Aisawa, Takumi Akiyama, Satoshi Takahashi and Eiichi Narita. Intercalation of polyhydric alcohols into Mg-Al layered double hydroxide by calcination-rehydration reaction. Clay Science. 2005. 13. 1. 27-34
もっと見る
MISC (41件):
  • AISAWA S, TAKAHASHI S, OGASAWARA W, UMETSU Y, NARITA E. Coprecipitation Behavior of Amino Acids with Zn-Al Layered Double Hydroxide Precipitates. Clay Science. 2000. 11. 3. 317-328
  • AISAWA S, TAKAHASHI S, OGASAWARA W, UMETSU Y, NARITA E. Direct Intercalation of Amino Acids into Layered Double Hydroxides by Coprecipitation. J. Solid State Chem. 2001. 162. 1. 52-62
  • AISAWA S, HIRAHARA H, UCHIYAMA H, TAKAHASHI S, NARITA E. Synthesis and Thermal Decomposition of Mn-Al Layered Double Hydroxides. J. Solid State Chem.,. 2002. 167. 1. 152-159
  • AISAWA S, IZUMI M, TAKAHASHI S, HIRAHARA H, UMETSU Y, NARITA E. Synthesis and Thermal Decomposition of Phenylalanine Intercalated Layered Double Hydroxides. Clay Science. 2002. 12. 1. 17-24
  • 平原 英俊, 澤井 好幸, 會澤 純雄, 高橋 諭, 梅津 芳生, 成田 榮一. Mg-Fe系層状複水酸化物の合成とその制酸特性. 粘土科学. 2002. 42. 2. 70-76
もっと見る
特許 (10件):
  • シクロデキストリン含有薬剤または食品添加剤
  • トリアジンチオール担持炭化物,トリアジンチオール担持炭化物の製造方法,金属イオン吸着方法および金属回収方法
  • 剥離した層状複水酸化物を含む難燃性合成樹脂組成物
  • 架橋型層状水酸化亜鉛の層間に紫外線吸収性の化合物を取り込ませた組成物、同組成物の製造方法及び同組成物を用いた紫外線吸収剤又は外用剤
  • 層状複水酸化物のデラミネーション方法
もっと見る
書籍 (5件):
  • 粘土ハンドブック 第三版
    日本粘土学会 2009 ISBN:978-4-7655-00
  • 機能性粘土素材の最新動向(共著)
    シーエムシー出版 2010 ISBN:9784781301884
  • 細胞が食べるナノサンドイッチ-無機層状ナノ粒子のドラッグデリバリー材料への活用-
    化学同人 2011
  • ポータブル複合X線分析による白磁と青磁の胎土分析(その2)
    平泉文化研究年報 2017
  • ポータブル複合X線分析による白磁と青磁の胎土分析(その3)
    平泉文化研究年報 2017
講演・口頭発表等 (189件):
  • UV吸収剤架橋型層状水酸化亜鉛の合成とその特性
    (無機マテリアル学会第110回学術講演会)
  • スチールコード / 天然ゴムの接着界面の構造解析
    (日本ゴム協会2014年年次大会)
  • 層状複水酸化物ナノスフィアの合成とドラッグキャリアへの応用
    (第30回日本DDS学会学術集会)
  • アルコール溶媒中における層状複水酸化物への薬剤の取り込み
    (第58粘土科学討論会)
  • 急速混合法による高分散性層状複水酸化物の合成
    (第58粘土科学討論会)
もっと見る
Works (3件):
  • 層状複水酸化物を経由する環境低負荷型板状アルミノケイ酸カルシウム粒子の合成
    2002 - 2003
  • 層状複水酸化物のビタミン用分子コンテナーとしての機能創生
    2004 - 2005
  • 生体分子/層状複水酸化物複合体の創製と新規非ウィルスベクターへの応用
    2006 - 2007
学位 (1件):
  • 博士(工学) (岩手大学)
受賞 (5件):
  • 1999 - 日本粘土学会優秀講演賞
  • 2003 - 日本粘土学会優秀講演賞
  • 2005 - 日本粘土学会奨励賞
  • 2005 - 平成17年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会優秀発表賞
  • 2006 - 日本粘土学会論文賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る