研究者
J-GLOBAL ID:200901063115152297   更新日: 2020年05月23日

高田 豊文

タカダ トヨフミ | Takada Toyofumi
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 建築構造、材料
研究キーワード (4件): Earthquake Disaster Prevention ,  Timber Structure ,  Applied Mechanics ,  建築構造学 応用力学 木質構造 地震防災
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2008 - 現在 木造住宅の耐震要素の性能に関する研究
  • 2004 - 現在 木造住宅の耐震診断・耐震補強に関する調査研究
  • 2003 - 現在 地域の地震防災活動支援に関する研究
  • 1992 - 現在 最適化技術の建築構造分野への応用研究
  • 2018 - 2018 低温乾燥で乾燥された材料の力学性能の検証
全件表示
論文 (84件):
  • 高田豊文. 木造建物の床梁断面の最適化に関する研究. 第14回コロキウム構造形態の解析と創生2019. 2019. 72-77
  • 中西茂行, 中西智惠美, 高田豊文, 中西智也, 籠本真成武. 地域産木材を活用した木造ロングスパン架構(すだれ梁)の改良継手加工の力学特性に関する実験的研究. 第22回木質構造研究会技術発表会技術報告集. 2018. 51-54
  • 高田豊文. トラス・トポロジー最適化手法を用いて形状決定された木製耐力壁の水平加力実験. 第13回コロキウム構造形態の解析と創生2018. 2018. 125-129
  • 清水信孝, 河合良道, 藤内繁明, 原富志夫, 高田豊文. 4階建てスチールハウス連層耐力壁の最適配置設計における目的関数の改良. 第13回コロキウム構造形態の解析と創生2018. 2018. 114-119
  • 清水信孝, 河合良道, 藤内繁明, 高田豊文. 4階建てスチールハウス連層耐力壁の最適配置設計における目的関数の改良. 日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集. 2018. 構造I. 377-378
もっと見る
MISC (2件):
  • 高田豊文. 耐震安全性に対する現状と課題. 旧日夏村役場建物調査報告書「自治とまちづくりの原点-旧日夏村役場・産業組合合同庁舎」. 2012. 35-40
  • 高田豊文. 防災に対する現状と課題および解決策. 彦根市河原町芹町地区伝統的建造物群保存対策調査報告書. 2011. 113-124
書籍 (6件):
  • 地域共生論-300人規模のアクティブラーニング
    サンライズ出版 2017 ISBN:9784883256136
  • 建築構造設計における冗長性とロバスト性
    日本建築学会 2013 ISBN:9784818906112
  • 三重県木造住宅耐震診断マニュアル(平成25年度改訂版)
    三重県 2013
  • 地域診断法-鳥の目,虫の目,科学の目
    新評論 2012 ISBN:9784794808905
  • 三重県木造住宅耐震診断マニュアル(平成21年度改訂版)-「木造住宅の耐震診断と補強方法」準拠-
    三重県 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • 構造最適化の未来への可能性
    (2015年度日本建築学会大会(関東)構造部門(応用力学)パネルディスカッション 2015)
  • トラス・トポロジー最適化と冗長性・ロバスト性
    (建築構造設計における冗長性とロバスト性シンポジウム 2013)
  • トラス・トポロジー最適化の理論と応用
    (建築構造力学における最近の発展と展望(その2) 2010)
Works (11件):
  • 「低温乾燥で乾燥された材料の力学性能の検証」結果報告書
    2018 - 2018
  • 「平成28年度(産委)第36号木材力学性能検証業務委託」報告書
    2017 - 2017
  • 「地域産木材を活用した木造ロングスパン架構(すだれ梁)の継手等の実大実験による強度の検証と力学特性の研究」報告書
    2016 - 2017
  • 「多賀町産木材の民間住宅への利用拡大に向けた調査研究」成果報告書
    2016 - 2017
  • 「天然乾燥による高島産杉(朽木)の横架材の品質評価(含水率とヤング係数測定)」報告書
    2016 - 2017
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1992 名古屋大学 建築学専攻
  • - 1990 名古屋大学 建築学科
学位 (4件):
  • 修士(工学) (名古屋大学)
  • 博士(工学) (名古屋大学)
  • Master (Engineering) (Nagoya University)
  • Doctor (Engineering) (Nagoya University)
経歴 (5件):
  • 2014/10/01 - 現在 滋賀県立大学 環境科学部 環境建築デザイン学科 教授
  • 2007/04/01 - 2014/09/30 滋賀県立大学 環境科学部 環境建築デザイン学科 准教授
  • 2006/03/01 - 2007/03/31 三重大学 助教授
  • 2003/04/01 - 2006/02/28 三重大学 講師
  • 1992/04/01 - 2003/03/31 三重大学 助手
受賞 (5件):
  • 2019/03 - レジリエンスジャパン推進協議会 第5回ジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化大賞)・優秀賞 災害時に応急避難施設への変身が可能な施設の開発
  • 2018/09 - キッズデザイン協議会 第12回キッズデザイン賞・審査委員長特別賞 応急避難施設
  • 2018/08 - キッズデザイン協議会 第12回キッズデザイン賞 どんぐりけんだいまえ保育園
  • 2017/10 - ウッドデザイン賞運営事務局 ウッドデザイン賞2017(ハートフルデザイン部門,建築・空間分野) どんぐりけんだいまえ保育園
  • 2015/09 - 日本デザイン振興会 2015年度グッドデザイン賞(素材・部材/生産・開発・製造技術/製造法) 住宅構造用部材/古民家耐震パネル型面格子壁
所属学会 (3件):
日本コンクリート工学協会 ,  日本計算工学会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る