研究者
J-GLOBAL ID:200901063259218306   更新日: 2020年09月01日

大辻 希樹

オオツジ マレキ | Ohtsuji mareki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.cc.toin.ac.jp/univ/japanese/02_bm_engin/dep01.htmlhttp://www.juntendo.ac.jp/
研究分野 (3件): 免疫学 ,  実験病理学 ,  分子生物学
研究キーワード (1件): 自己免疫疾患、SLE、関節リウマチ
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 1)自己免疫疾患発症機序の解析、および疾患感受性遺伝子の探索。 2)環境因子が自己免疫疾患の発症および病態に与える影響。
論文 (36件):
  • Hirose S, Lin Q, Ohtsuji M, Nishimura H, Verbeek JS. Monocyte subsets involved in the development of systemic lupus erythematosus and rheumatoid arthritis. International immunology. 2019
  • Lin Q, Ohtsuji M, Amano H, Tsurui H, Tada N, Sato R, Fukuyama H, Nishimura H, Verbeek JS, Hirose S. FcγRIIb on B Cells and Myeloid Cells Modulates B Cell Activation and Autoantibody Responses via Different but Synergistic Pathways in Lupus-Prone Yaa Mice. Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950). 2018. 201. 11. 3199-3210
  • Ohtsuji M, Lin Q, Okazaki H, Takahashi K, Amano H, Yagita H, Nishimura H, Hirose S. Anti-CD11b antibody treatment suppresses the osteoclast generation, inflammatory cell infiltration, and autoantibody production in arthritis-prone FcγRIIB-deficient mice. Arthritis research & therapy. 2018. 20. 1. 25
  • Toshiaki Haga, Junichi Toei, Kenichi Mitsui, Mareki Ohtsuji, Yo Kodera, Kenichi Osada, Hiroyuki Nishimura. Aberrant Light-Induced Depression is Associated with Impaired Sensorimotor Gating in Mice. World Journal of Neuroscience. 2017. 8. 1. 1-9
  • Atikemu K, Suzuki Y, Ohtsuji M, H, Tomino Y. Influence of estrogen on the progression of kidney injury in murine IgA nephropathy. Juntendo Medical Journal. 2017. 63. 3. 178-185
もっと見る
MISC (110件):
学歴 (2件):
  • - 2006 放送大学
  • - 1997 大東文化大学付属 大東医学技術専門学校 臨床検査科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (順天堂大学)
経歴 (2件):
  • 2018/04 - 現在 桐蔭横浜大学 医用工学部 生命医工学科 専任准教授
  • 2009/04 - 2018/03 桐蔭横浜大学 医用工学部 生命医工学科 専任講師
所属学会 (9件):
日本サイトメトリー学会 ,  アメリカ免疫学会 ,  日本臨床免疫学会 ,  東京都臨床衛生検査技師会 ,  日本リウマチ学会 ,  神奈川県臨床衛生検査技師会 ,  日本臨床衛生検査技師会 ,  日本病理学会 ,  日本免疫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る