研究者
J-GLOBAL ID:200901063327183109   更新日: 2020年09月09日

古川 亮平

フルカワ リョウヘイ | Ryohei Furukawa
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (4件): 進化生物学 ,  分子生物学 ,  細胞生物学 ,  発生生物学
研究キーワード (2件): 免疫進化 ,  個体性
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2023 ヒトデ幼生の自己・非自己認識に関わる種特異的糖鎖の探索
  • 2018 - 2021 海洋プランクトン幼生の成長:摂餌の消化・吸収と栄養素の伝播・受容
  • 2018 - 2020 DNAメチル化・トランスクリプトーム・血漿メタボロームの3層オミックス解析を用いた電気加熱式たばこの喫煙・受動喫煙の県境影響に関する疫学研究
  • 2017 - 2020 ヒトデ幼生のマクロファージ遊走阻止因子による炎症制御機構の解明
  • 2009 - 2012 変態を経て変化する棘皮動物人での自然免疫系の分子基盤を探る
論文 (18件):
  • Yamazaki A, Morino Y, Urata M, Yamaguchi M, Minokawa T, Furukawa R, Kondo M, Wada H. Pmar1/phb homeobox genes and the evolution of the doublenegative gate for endomesoderm specification in echinoderms. Development (Cambridge). 2020. 147. 4
  • Sekii K, Yorimoto S, Okamoto H, Nagao N, Maezawa T, Matsui Y, Yamaguchi K, Furukawa R, Shigenobu S, Kobayashi K. Transcriptomic analysis reveals differences in the regulation of amino acid metabolism in asexual and sexual planarians. Scientific Reports. 2019. 9. 1. 6132
  • Komaki S, Shiwa Y, Furukawa R, Hachiya T, Ohmomo H, Otomo R, Satoh M, Hitomi J, Sobue K, Sasaki M, et al. IMETHYL: An integrative database of human DNA methylation, gene expression, and genomic variation. Human Genome Variation. 2018. 5. 18008
  • Shigeru Saito, Gen Hamanaka, Narudo Kawai, Ryohei Furukawa, Jun Gojobori, Makoto Tominaga, Hiroyuki Kaneko, Yoko Satta. Characterization of TRPA channels in the starfish Patiria pectinifera: involvement of thermally activated TRPA1 in thermotaxis in marine planktonic larvae. SCIENTIFIC REPORTS. 2017. 7. 315-321
  • Tsuyoshi Hachiya, Ryohei Furukawa, Yuh Shiwa, Hideki Ohmomo, Kanako Ono, Fumiki Katsuoka, Masao Nagasaki, Jun Yasuda, Nobuo Fuse, Kengo Kinoshita, et al. Genome-wide identification of inter-individually variable DNA methylation sites improves the efficacy of epigenetic association studies. NPJ GENOMIC MEDICINE. 2017. 2. 11
もっと見る
MISC (2件):
  • Smith L, Arizza V, Hudgell M, Barone G, Bodnar A, Buckley K, Cunsolo V, Dheilly N, Franchi N, Fugmann S, et al. Echinodermata: The complex immune system in echinoderms (Advances in Comparative Immunology, 10.1007/978-3-319-76768-0_13). Coresource 1. 2018
  • 古川 亮平, 清水 厚志. IMMオミックスリファレンスパネルの取り組み. 生化学. 2016. 88. 1. 36-43
書籍 (4件):
  • 動物学の百科事典
    丸善出版 2018
  • Advances in Comparative Immunology
    Springer International Publishing 2018 ISBN:9783319767673
  • 実験医学別冊 RNA-Seq実験ハンドブック
    羊土社 2016
  • 実験医学増刊 エピゲノム研究 就職の全体像の理解から先制・個別化医療へ
    羊土社 2016
講演・口頭発表等 (70件):
  • イトマキヒトデの変態初期過程のトランスクリプトーム解析
    (日本動物学会 第91回大会 2020)
  • イトマキヒトデの変態を誘起するバクテリアの同定と変態過程のステージ分類
    (日本動物学会関東支部 第72回大会 2020)
  • プラナリア有性化におけるアミノ酸の役割
    (2019)
  • プラナリア有性化因子の給餌刺激で発現が誘導される遺伝子について
    (2019)
  • ビピンナリア期からブラキオラリア期へ:ヒトデ幼生の身体サイズの増加と神経ネットワーク形成
    (日本動物学会 第90回 大阪大会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2010 - 2012 慶應義塾 基礎理工学
学位 (2件):
  • 博士(理学) (慶應義塾)
  • 博士(理学) (Keio University)
委員歴 (2件):
  • 2016/09 - 現在 日本比較免疫学会 役員
  • 2016/09 - 現在 日本比較免疫学会 役員
受賞 (2件):
  • 2016/08/19 - 日本比較免疫学会 日本比較免疫学会 古田優秀論文賞 2つのマクロファージ遊走阻止因子がヒトデ幼生の間充織細胞の走化性を制御する
  • 2009/08/04 - 日本比較免疫学会 古田奨励賞 ヒトデ胚の間充織細胞における<i>Ap</i>DOCKタンパク質の構造及び発現解析
所属学会 (2件):
日本比較免疫学会 ,  日本動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る