研究者
J-GLOBAL ID:200901063372244879   更新日: 2021年04月07日

緒方 晴彦

オガタ ハルヒコ | Ogata Haruhiko
所属機関・部署:
職名: 教授(有期)
ホームページURL (1件): http://www.keio-endoscopy-center.jp/
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2020 - 難治性炎症性腸管障害に関する調査研究
  • 2017 - 2020 難治性炎症性腸管障害に関する調査研究
  • 2014 - 2017 難治性炎症性腸管障害に関する調査研究
  • 2014 - 2015 難治性小腸潰瘍の診断法確立と病態解明に基づいた治療法探索
  • 2010 - 2013 超拡大内視鏡によるリアルタイム炎症性腸疾患診断への挑戦
全件表示
論文 (127件):
  • Fukuhara S, Kato M, Iwasaki E, Machida Y, Tamagawa H, Kawasaki S, Sasaki M, Kiguchi Y, Takatori Y, Matsuura N, et al. External drainage of bile and pancreatic juice after endoscopic submucosal dissection for duodenal neoplasm: A feasibility study (with video). Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society. 2020
  • Hisamatsu T, Suzuki Y, Kobayashi M, Hagiwara T, Kawaberi T, Ogata H, Matsui T, Watanabe M, Hibi T. Long-term safety and effectiveness of adalimumab in Japanese patients with Crohn's disease: 3-year results from a real-world study. Intestinal research. 2020
  • Ogata H, Hagiwara T, Kawaberi T, Kobayashi M, Hibi T. Safety and effectiveness of adalimumab in the treatment of ulcerative colitis: results from a large-scale, prospective, multicenter, observational study. Intestinal research. 2020
  • Y. Kubota, A. Corsi, G. Authelet, H. Baba, C. Caesar, D. Calvet, A. Delbart, M. Dozono, J. Feng, F. Flavigny, et al. Surface localization of the dineutron in $^{11}$Li. 2020
  • Takabayashi K, Hosoe N, Kato M, Hayashi Y, Miyanaga R, Nanki K, Fukuhara K, Mikami Y, Mizuno S, Sujino T, et al. Efficacy of Novel Ultrathin Single-Balloon Enteroscopy for Crohn's Disease: A Propensity Score-Matched Study. Gut and liver. 2020. 14. 5. 619-625
もっと見る
MISC (420件):
  • 古島 雅子, 清原 裕貴, 高林 馨, 島田 史恵, 春日 良介, 三上 洋平, 河口 貴昭, 南木 康作, 筋野 智久, 牟田口 真, et al. 内視鏡診断が有用であったCampylobacter腸炎併発の難治性潰瘍性大腸炎の一例. 日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集. 2020. 361回. 33-33
  • 福原 誠一郎, 岩崎 栄典, 金井 隆典, 茅島 敦人, 野田 まりん, 町田 雄二郎, 瀧本 洋一, 玉川 空樹, 川崎 慎太郎, 南 一洋, et al. 十二指腸乳頭部穿孔に対する内視鏡的胆管膵管ドレナージの有用性. Gastroenterological Endoscopy. 2020. 62. Suppl.1. 1237-1237
  • 宮口 和也, 高林 馨, 齋藤 大祐, 都築 義和, 大庫 秀樹, 芦谷 啓吾, 相馬 宏光, 宮永 亮一, 木村 佳代子, 中元 秀友, et al. Linked color imagingを用いた大腸内視鏡による大腸腺腫検出の検討を用いた大腸内視鏡による大腸腺腫検出の検討. Gastroenterological Endoscopy. 2020. 62. Suppl.1. 1263-1263
  • 牟田口 真, 緒方 晴彦, 金井 隆典. AIを用いた次世代の内視鏡診療 潰瘍性大腸炎における活動性評価のためのAIを併用した超拡大内視鏡の有用性. Gastroenterological Endoscopy. 2020. 62. Suppl.1. 1125-1125
  • 南 一洋, 岩崎 栄典, 福原 誠一郎, 川崎 慎太郎, 玉川 空樹, 瀧本 洋一, 町田 雄二郎, 野田 まりん, 茅島 敦人, 緒方 晴彦, et al. 当院における被包化膵壊死に対する内視鏡的ドレナージ/ネクロセクトミーの治療成績. 膵臓. 2020. 35. 3. A365-A365
もっと見る
講演・口頭発表等 (194件):
  • ビデオシンポジウム3「治療困難例のEMR」前方斜視型処置用2チャンネル電子スコープ(プロトタイプXGIF-2TK240R1)による早期胃癌EMR大型一括切除
    (第75回日本胃癌学会総会 2003)
  • シンポジウム1「胃癌EMR後の再発例に学ぶ」早期胃癌EMR後遺残・再発例の検討
    (第75回日本胃癌学会総会 2003)
  • 早期胃癌EMRの工夫
    (第75回日本消化器内視鏡学会関東地方会 2002)
  • 早期胃癌EMRの工夫.ビデオシンポジウム1 「上部消化管EMR-どうすればうまくできるか-」
    (第57回日本消化器内視鏡学会関東地方会 2002)
  • 早期胃癌EMRの工夫
    (第75回日本消化器内視鏡学会関東地方会 2002)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1983 - 1983 慶應義塾 医学科
  • 1983 - 1983 慶應義塾
学位 (2件):
  • 博士(医学) (慶應義塾)
  • 博士(医学) (Keio University)
経歴 (5件):
  • 2000 - - 大学助手(医学部内視鏡センター)
  • 1989 - 1995 大学医学部助手(内科学)
  • 1987 - 1989 大学助手(医学部内科学)
  • 1985 - 1989 大学医学部助手(専修医)(内科学)
  • 1983 - 1985 大学医学部研修医(内科)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る