研究者
J-GLOBAL ID:200901063386673101   更新日: 2021年03月29日

中島 琢自

ナカシマ タクジ | Nakashima Takuji
所属機関・部署:
職名: 上級研究員
研究分野 (1件): 応用微生物学
研究キーワード (1件): 応用微生物学、生物活性、天然物化学、分析化学、生化学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2018 - 2020 複合生物培養法による難培養植物内生放線菌の分離と生育因子の解明
  • 2017 - 2020 新規エルゴステロール結合両親媒性化合物の探索
  • 2016 - 2018 微生物代謝産物からの抗結核物質の探索と作用点の解明
  • 2015 - 2018 植物モデル系による内生放線菌の分離法の構築と微生物資源の開拓
  • 2016 - 2018 放線菌を用いたPCスクリーニングおよび遺伝子操作による新規生物活性物質探索
全件表示
論文 (94件):
  • Kazunari Sakai, Masato Iwatsuki, Masato Iizuka, Yukihiro Asami, Kenichi Nonaka, Rokuro Masuma, Mami Takizawa, Takuji Nakashima, Toshiyuki Tokiwa, Kazuro Shiomi, et al. Aldsulfin, a novel unusual anti-mannheimiosis epithiodiketopiperazine antibiotic produced by Lasiodiplodia pseudotheobromae FKI-4499. The Journal of antibiotics. 2021
  • Ashok Zachariah Samuel, Ryo Mukojima, Shumpei Horii, Masahiro Ando, Soshi Egashira, Takuji Nakashima, Masato Iwatsuki, Haruko Takeyama. On Selecting a Suitable Spectral Matching Method for Automated Analytical Applications of Raman Spectroscopy. ACS omega. 2021. 6. 3. 2060-2065
  • Shumpei Horii, Masahiro Ando, Ashok Zachariah Samuel, Akira Take, Takuji Nakashima, Atsuko Matsumoto, Yo Ko Takahashi, Haruko Takeyama. Detection of Penicillin G Produced by Penicillium chrysogenum with Raman Microspectroscopy and Multivariate Curve Resolution-Alternating Least-Squares Methods. Journal of natural products. 2020. 83. 11. 3223-3229
  • Rei Hokari, Aki Ishiyama, Masato Iwatsuki, Mayuka Higo, Kenichi Nonaka, Yuriko Nagano, Yoko Takahashi, Satoshi Ōmura, Takuji Nakashima. Hatsusamides A and B: Two New Metabolites Produced by the Deep-Sea-Derived Fungal Strain Penicillium steckii FKJ-0213. Marine Drugs. 2020. 18. 10
  • Hirotaka Matsuo, Tomoyasu Hirose, Takayuki Mokudai, Kenichi Nonaka, Yoshimi Niwano, Toshiaki Sunazuka, Yōko Takahashi, Satoshi Ōmura, Takuji Nakashima. Absolute structure and anti-oxidative activity of chaetochiversin C isolated from fungal strain Neocosmospora sp. FKI-7792 by physicochemical screening. The Journal of general and applied microbiology. 2020. 66. 3. 181-187
もっと見る
MISC (148件):
  • 三浦 悠花, 松尾 洋孝, 中島 琢自, 片岡 孝夫, 大西 素子, 木村 賢一. 琥珀と微生物由来の生物活性物質のPPM1A活性化作用とRBL-2H3細胞での脱顆粒抑制活性との関連性. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2020. 93回. [2Z05-697)]
  • 神谷 義之, 横田 麻美, 鈴木 民恵, 桜井 哲人, 中島 琢自, 高橋 洋子, 大村 智. 新規トレハロース化合物trehangelinの皮膚バリア機能に関する研究. 日本薬学会年会要旨集. 2020. 140年会. 27P-pm160
  • 向島諒, 安藤正浩, 安藤正浩, ASHOK Samuel, 中島琢自, 高橋洋子, 松本厚子, 竹山春子, 竹山春子, 竹山春子, et al. 顕微ラマン分光法を用いた生理活性物質Mangromicin類縁体の検出. 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM). 2020. 100th
  • 堀井俊平, 堀井俊平, 安藤正弘, 安藤正弘, 中島琢自, 中島琢自, ASHOK Samuel, 松本厚子, 高橋洋子, 竹山春子, et al. 顕微ラマン多変量スペクトル分解法を用いた二次代謝産物penicillin及びavermectinの菌体内検出. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2020. 2020
  • 稲橋佑起, 中島琢自, 葛山智久. PC screeningを活用した放線菌ゲノムからの新規物質探索および生合成研究. Institute for Fermentation, Osaka. Research Communications. 2020. 34. 121-128
もっと見る
特許 (63件):
学歴 (1件):
  • - 1991 長崎大学
学位 (1件):
  • 薬学 (長崎大学)
経歴 (5件):
  • 2020 - 現在 早稲田大学
  • 2008 - 2020 北里大学
  • 2006 - 2008 製品評価技術基盤機構
  • 2002 - 2006 公益財団法人長崎県産業振興財団
  • 1991 - 2002 ポーラ化成工業(株)新薬研究所
受賞 (6件):
  • 2019/09 - 日本放線菌学会 ポスター賞
  • 2014/09 - 環境化学会 富士電機賞 廃棄物系バイオマスの高温可溶化メタン発酵に適した好熱性細菌の可溶化試験
  • 2013/03 - 日本農芸化学会 日本農芸化学研究企画賞
  • 2009/07 - 日本放線菌学会 ポスター賞
  • 2009/03 - バイオビジネスコンペJAPAN 優秀賞
全件表示
所属学会 (4件):
マリンバイオテクノロジー学会 ,  日本放線菌学会 ,  日本生物工学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る