研究者
J-GLOBAL ID:200901063386673101   更新日: 2024年07月15日

中島 琢自

ナカシマ タクジ | Nakashima Takuji
所属機関・部署:
職名: 上級研究員
研究分野 (1件): 応用微生物学
研究キーワード (4件): 応用微生物学 ,  創薬 ,  分析化学 ,  天然物化学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2022 - 2025 植物と協生放線菌の相互関係解明
  • 2018 - 2020 複合生物培養法による難培養植物内生放線菌の分離と生育因子の解明
  • 2017 - 2020 新規エルゴステロール結合両親媒性化合物の探索
  • 2016 - 2018 微生物代謝産物からの抗結核物質の探索と作用点の解明
  • 2015 - 2018 植物モデル系による内生放線菌の分離法の構築と微生物資源の開拓
全件表示
論文 (117件):
  • Aoi Kimishima, Yuki Suzuki, Shohei Kosaka, Masako Honsho, Sota Honma, Hayama Tsutsumi, Yuki Inahashi, Yoshihiro Watanabe, Takuji Nakashima, Yukihiro Asami, et al. Binding Mode-Based Physicochemical Screening Method Using d-Ala-d-Ala Silica Gel and Chemical Modification Approach to Facilitate Discovery of New Macrolactams, Banglactams A and B, from Nonomuraea bangladeshensis K18-0086. ACS Omega. 2024
  • So-Ichiro Kimura, Yoshihiro Watanabe, Yudai Mikasa, Rei Miyano, Toshiyuki Tokiwa, Kenichi Nonaka, Takuji Nakashima, Yoshihiko Noguchi, Tomoyasu Hirose, Toshiaki Sunazuka, et al. Virgaricins C and D, new pramanicin analogs produced by Apiospora sp. FKI-8058. The Journal of antibiotics. 2024
  • Aoi Kimishima, Yuki Suzuki, Shohei Kosaka, Masako Honsho, Sota Honma, Kazunari Sakai, Hayama Tsutsumi, Yuki Inahashi, Yoshihiro Watanabe, Masato Iwatsuki, et al. Design and Synthesis of D-Ala-D-Ala Silica Gel for A Binding Mode-Based Physico-chemical Screening Method. ACS Omega. 2023
  • Yuto Hirata, Katsumi Shigemura, Michika Moriwaki, Masato Iwatsuki, Yuki Kan, Tooru Ooya, Koki Maeda, Youngmin Yang, Takuji Nakashima, Hirotaka Matsuo, et al. Growth and Migration Blocking Effect of Nanaomycin K, a Compound Produced by Streptomyces sp., on Prostate Cancer Cell Lines In Vitro and In Vivo. Cancers. 2023. 15. 10
  • Nattaporn Klykleung, Hirotaka Matsuo, Masato Iwatsuki, Yoko Takahashi, Satoshi Omura, Masahiro Yuki, Takuji Kudo, Moriya Ohkuma, Rataya Luechapudiporn, Somboon Tanasupawat, et al. Genomic analysis and physicochemical screening of ikarugamycin, fumaquinone, and a new compound, pudicin from Streptomyces sp. 3MP-14. ScienceAsia. 2023. 49. 5. 661-661
もっと見る
MISC (42件):
  • 阿南美穂, 渡邉則幸, 中島琢自, 竹山春子, 相崎英樹, 村松正道, 脇田隆字. 放線菌を用いたC型肝炎ウイルスの治療薬の開発. 日本ウイルス学会学術集会プログラム・予稿集(Web). 2023. 70th
  • 諏訪駿之介, 諏安藤正浩, 中島琢自, 堀井俊平, 松本厚子, 穴井豊昭, 竹山春子. ラマン分光法による放線菌コロニーからの二次代謝産物のin situスクリーニング手法の開発. 日本化学会春季年会講演予稿集(Web). 2023. 103rd
  • 堀井俊平, 堀井俊平, 安藤正浩, 中島琢自, SAMUEL Ashok, 高橋洋子, 竹山春子, 竹山春子, 竹山春子, 竹山春子. ラマン顕微鏡イメージングを用いたStreptomyces avermitilisの菌糸分化に伴うavermectin産生動態解析. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2023. 2023
  • 堀井俊平, 堀井俊平, 安藤正浩, 中島琢自, ASHOK Samuel, 高橋洋子, 竹山春子, 竹山春子, 竹山春子, 竹山春子. ラマンイメージングを用いたStreptomyces avermitilisの菌糸分化におけるavermectin生産の局在解析. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2022. 45th
  • 宍戸駿一, 宮野怜, 中島琢自, 松尾洋孝, 岩月正人, 中村圭祐, 菅野太郎, 江草宏, 庭野吉己, 庭野吉己. カテキンの光酸化反応機構の解明および活性酸素を介した殺菌活性評価. 日本ポリフェノール学会学術集会プログラム・講演抄録集. 2022. 15th
もっと見る
特許 (63件):
書籍 (3件):
  • Diversity of actinobacteria in the rhizosphere and their biotechnological applications
    2023 ISBN:9798886978100
  • Atopic Dermatitis: Disease Etiology and Clinical Management
    In Tech 2012 ISBN:9535101102
  • 放線菌と生きる
    テコム 2011 ISBN:4863991010
講演・口頭発表等 (138件):
  • ラマン分光法による放線菌コロニーからの二次代謝産物のin situスクリーニング手法の開発
    (日本化学会春季年会講演予稿集(Web) 2023)
  • ラマン顕微鏡イメージングを用いたStreptomyces avermitilisの菌糸分化に伴うavermectin産生動態解析
    (日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 2023)
  • 放線菌を用いたC型肝炎ウイルスの治療薬の開発
    (日本ウイルス学会学術集会プログラム・予稿集(Web) 2023)
  • ラマンイメージングを用いたStreptomyces avermitilisの菌糸分化におけるavermectin生産の局在解析
    (日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 2022)
  • カテキンの光酸化反応機構の解明および活性酸素を介した殺菌活性評価
    (日本ポリフェノール学会学術集会プログラム・講演抄録集 2022)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1991 長崎大学 水産学研究科
学位 (1件):
  • 薬学 (長崎大学)
経歴 (5件):
  • 2020 - 現在 早稲田大学
  • 2008 - 2020 北里大学
  • 2006 - 2008 製品評価技術基盤機構
  • 2002 - 2006 公益財団法人長崎県産業振興財団
  • 1991 - 2002 ポーラ化成工業(株)新薬研究所
受賞 (6件):
  • 2019/09 - 日本放線菌学会 ポスター賞
  • 2014/09 - 環境化学会 富士電機賞 廃棄物系バイオマスの高温可溶化メタン発酵に適した好熱性細菌の可溶化試験
  • 2013/03 - 日本農芸化学会 日本農芸化学研究企画賞
  • 2009/07 - 日本放線菌学会 ポスター賞
  • 2009/03 - バイオビジネスコンペJAPAN 優秀賞
全件表示
所属学会 (4件):
マリンバイオテクノロジー学会 ,  日本放線菌学会 ,  日本生物工学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る