研究者
J-GLOBAL ID:200901063642944533   更新日: 2020年09月01日

井上 公基

イノウエ コウキ | Inoue Koki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 森林科学 ,  森林科学
研究キーワード (9件): 未利用バイオマス資源 ,  森林作業者 ,  負担評価法 ,  作業負担 ,  森林作業 ,  平均集伐距離 ,  搬出作業種 ,  立木評価 ,  林学
競争的資金等の研究課題 (26件):
  • 2016 - 2019 八雲演習林の動植物調査ならびに森林資源の利用活用に関する調査研究
  • 2014 - 2015 平成26年度「北郷の森」森林環境整備計画案作成業務委託
  • 2013 - 2014 平成25年度「北郷の森」森林環境整備計画案作成業務
  • 2013 - 2014 平成25年度富士山特用林産物開発業務委託
  • 2010 - 2011 演習林のCO2評価とその有効利用に関する研究
全件表示
論文 (105件):
  • 吉岡拓如, 櫻井倫, 亀山翔平, 井上公基, Bruce Hartsough. 未利用森林バイオマスの破砕作業の生産性を最適化する土場残材の山の大きさ. 関東森林研究. 2018. 69. 1. 75-78
  • 亀山翔平, 吉岡拓如, 井上公基. 多摩木材センターの取扱量から見た花粉発生源対策による主伐事業の影響(共著). 森林利用学会誌. 2018. 33. 1. 53-58
  • 亀山翔平, 吉岡拓如, 井上公基. 四万十式作業道の開設と初回搬出間伐作業の経済収支 ~東京都多摩地域の事例~. 関東森林研究. 2017. 68. 2. 185-188
  • 山中塑生, 亀山翔平, 吉岡拓如, 井上公基. チェーンソー作業時の傾斜および姿勢の違いによる筋負担. 関東森林研究. 2017. 68. 2. 213-216
  • Kameyama, S, Yoshioka, T, Inoue, K. Effects of final cutting as a preventive measure of pollinosis and the Tama timber certification system on the local logging system and productivity (coauthor). Proceedings of Joint Regional Meeting of IUFRO RG3.03.00 and RG3.06.00 in Asia: Productivity and Safety of Final Cutting on Mountain Forests. Yamada, Y. and Suzuki, Y. (eds.), 297 pp, IUFRO RG3.03, Matsuyama. 2017. 155-162
もっと見る
MISC (13件):
  • Yoshioka, T, Kameyama, S, Inoue, K, Hartsough, B. A cost breakdown structure analysis on the grinding of logging residues. Proceedings of Grand Renewable Energy 2018: International Conference and Exhibition. Anon. (ed.) (DVD-ROM). 2018. (DVD-ROM) 4 pp. 4pp-4pp
  • 寒川町動植物調査会, 井上公基, 藤崎健一郎佐藤善和, 葉山嘉一, 大澤啓志, 槐真史, 勝呂尚之. 寒川町の動植物相について. 寒川町動植物調査報告書. 2016. 115-121
  • 井上公基. シリーズ 演習林 日本大学生物資源科学部演習林. 森林技術. 2015. 880. 28-29
  • 吉岡拓如, 井上公基, Bruce Hartsough. 短伐期林業を想定したヤナギの栽培・収穫・利用システムの経済性および温室効果ガス排出量分析. 関東森林研究. 2015. 66. 2. 233-236
  • 井上公基, 吉岡拓如, 堀尾健, 園原和夏. 小山町北郷の森周辺のSGEC森林認証取得に向けて. 平成26年度小山町「北郷の森」森林環境整備計画案委託調査. 2015. 1-65
もっと見る
書籍 (10件):
  • 文部科学省 高等学校用 森林経営
    実教出版株式会社 2014 ISBN:9784407203202
  • 北海道八雲町における地域資源を活用した地域活性化展望
    農林統計協会 2013
  • 北海道の森林
    北海道新聞社 2011 ISBN:9784894536227
  • 森林資源の循環利用を支える林業の役割(改訂森林資源科学入門)
    日本林業調査会 2007
  • 森林と木材を活かす大事典
    産業調査会 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (156件):
  • 八雲演習林の動植物調査ならびに森林資源の有効活用に関する調査研究概要
    (八雲町・日本大学連携推進協議会報告会 2019)
  • 八雲演習林の森林資源量調査-風倒木の被害-
    (八雲町・日本大学推進協議会報告会 2019)
  • 八雲演習林の森林資源量調査-UAV計測値の精度検証-
    (八雲町・日本大学連携推進協議会報告会 2019)
  • A cost breakdown structure analysis on the grinding of logging residues: A comparative study of Japanese and American operations
    (Grand Renewable Energy 2018: 2018)
  • 未利用森林バイオマスの破砕作業のコスト構造に関する日米比較
    (第129回日本森林学会大会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1977 東京教育大学大学院 農学研究科林学専攻修士課程 林学
学位 (3件):
  • 学士(農学) (日本大学)
  • 修士(農学) (東京教育大学)
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2003/04 - 日本大学生物資源科学部教授
  • 1997/04 - 2003/03 日本大学生物資源科学部助教授
  • 2001/04 - 2002/03 名古屋大学大学院非常勤講師
  • 1999/05 - 1999/10 ワシントン大学森林資源学部客員研究員
  • 1993/04 - 1999/03 宇都宮大学非常勤講師
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2017/04/01 - 森林利用学会 常務理事
  • 2013/04/01 - 2017/03/31 藤沢市 教育委員会委員
  • 2015/05 - 2016/03/31 日本森林学会 常任理事
  • 2015/04/01 - 2016/03/31 藤沢市 教育委員長
  • 2003/04/01 - 2009/03/31 森林利用学会 常務理事
全件表示
受賞 (2件):
  • 2002 - 日本林学会賞
  • 2002 - 土井林学会奨励賞
所属学会 (6件):
人間工学会 ,  生理人類学会 ,  国際林業機関連合 ,  日本林学会 ,  森林利用学会 ,  日本森林学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る