研究者
J-GLOBAL ID:200901063825940154   更新日: 2020年09月01日

山田 篤裕

ヤマダ アツヒロ | Atsuhiro Yamada
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.econ.keio.ac.jp/about/faculty-list#modal_5038http://www.econ.keio.ac.jp/about/faculty-list#modal_5038
研究分野 (2件): 経済政策 ,  経済政策
論文 (72件):
  • Atsuhiro Yamada, Masa Higo. Mandatory retirement in Japan an overview of the past and present. Retirement in Japan and South Korea: The Past, the Present and the Future of Mandatory Retirement. 2015. 48-72
  • Matthew Flynn, Heike Schroeder, Masa Higo, Atsuhiro Yamada. Government as Institutional Entrepreneur: Extending Working Life in the UK and Japan. JOURNAL OF SOCIAL POLICY. 2014. 43. 3. 535-553
  • Abigail Davis, Donald Hirsch, Rie Iwanaga, Masami Iwata, Junko Shigekawa, Yuka Uzuki, Atsuhiro Yamada. Comparing the minimum income standard in the UK and Japan: Methodology and outcome. Social Policy and Society. 2014. 13. 1. 89-101
  • 山田 篤裕, 四方理人, 田中聡一郎, 駒村康平. 資産の考慮による要保護世帯率の変動-保護率の地域差と資産保有の関係. 三田学会雑誌. 2011. 103. 4. 573-586
  • 山田 篤裕. 国際的パースペクティヴから観た最低賃金・公的扶助の目標性. 社会政策. 2010. 2. 2. 33-47
もっと見る
書籍 (22件):
  • 最低生活保障の実証分析:生活保護制度の課題と将来構想
    有斐閣 2018
  • 社会政策:福祉と労働の経済学
    有斐閣 2015 ISBN:9784641220584
  • 最低生活保障と社会扶助基準-先進8ヶ国における決定方式と参照目標
    明石書店 2014 ISBN:9784750340968
  • Demographic Change in Japan and the EU; Comparative Perspectives
    Dusseldorf University Press 2010
  • 貧困のダイナミズム 日本の税社会保障・雇用政策と家計行動
    慶應義塾大学出版会 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • 高齢女性はなぜ低所得に陥るのか
    (第108回社会政策学会大会 2004)
  • Who Bears the Burden of Social Insurance?
    (Annual Trio Conference 2003)
  • 国際比較からみた日本における高齢者の所得格差と貧困
    (平成15年度生活経済学会関西部会 2003)
  • 日本における高齢者の所得不平等の傾向-国際比較の観点から-
    (自己責任と社会連帯 - 社会保障に関する経済的及び法律的諸問題の日独比較国際会議 2002)
  • 引退期所得の実態と格差の動向-OECD9カ国の比較から
    (統計研究会労働市場委員会 2002)
もっと見る
Works (2件):
  • 高大一貫講座(高等学校向講座)
    山田 篤裕 2003 - 2003
  • 港区区民大学公開講座
    山田 篤裕 2002 - 2002
学歴 (3件):
  • 1999 - 慶應義塾
  • 1996 - 慶應義塾
  • 1994 - 慶應義塾
学位 (4件):
  • 経済学修士 (慶應義塾)
  • 博士(経済学) (慶應義塾)
  • 経済学修士 (Keio University)
  • 博士(経済学) (Keio University)
経歴 (7件):
  • 2012/04 - 現在 慶應義塾大学経済学部教授
  • 2007/04 - 2012/03 慶應義塾大学経済学部准教授
  • 2006/09 - 2007/09 ミシガン大学社会調査研究所訪問研究員
  • 2005/04 - 2007/03 慶應義塾大学経済学部助教授
  • 2002/04 - 2005/03 慶應義塾大学経済学部専任講師
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2005/04/01 - 現在 東京都老人総合研究所 協力研究員
  • 2005/04/01 - 現在 東京都老人総合研究所 協力研究員
  • 2003/06/02 - 2005/09/30 総務省 客員研究官
  • 2003/06/02 - 2005/09/30 総務省 客員研究官
  • 2003/02/24 - 2003/05/31 Organisation for Economic Co-operation and Development Consultant
全件表示
受賞 (4件):
  • 2014/06/02 - 公益財団法人年金シニアプラン総合研究機構 山口新一郎賞 「支給開始年齢引上げ、繰り上げ支給、高年齢者雇用安定法改正、在職老齢年金制度改革が「年金と雇用の接続」に与えた影響」『年金と経済』第32巻第4号
  • 2009/06/13 - 生活経済学会 生活経済学会奨励賞 “Income Distribution of People of Retirement Age in Japan”, Journal of Income Distribution, vol.16, No.3-4, pp.31-54 (Nov. 2007).
  • 2008/12 - 医療経済研究機構 第4回医療経済研究年間優秀賞 介護保険の利用実態と介護サービスの公平性に関する研究(共著)
  • 2005/11 - 日本経済新聞社 第48回日経経済図書文化賞 高齢者就業の経済学
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る