研究者
J-GLOBAL ID:200901063993329690   更新日: 2021年03月03日

寺西 隆弘

テラニシ タカヒロ | Teranishi Takahiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 認知科学
研究キーワード (8件): 身体論 ,  概念形成 ,  イメージ ,  メタファー ,  embodiment ,  concept formation ,  image ,  metaphor
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2009 - 2011 Metaphorical understanding: embodiment and extensions of images
  • 2009 - 2011 メタファー(隠喩)による理解:身体性とイメージの拡張
MISC (25件):
  • 寺西隆弘. 言語ゲームとメタファーの役割:2020年の場合. コミュニカーレ. 2021. 10. 49-69
  • 寺西隆弘. 意味の出現-知識と指示対象との動的平衡-. 日本認知言語学会論文集. 2018. 18. 60-71
  • 寺西 隆弘. 脱身体化によるメタファー拡張の潜在性:英語話者は「気を揉む」か. 関西言語学会論文集 KLS32. 2012. 32. 194-205
  • 寺西 隆弘. 身体化及び脱身体化による概念形成:RESTLESSとBORINGの形成を通して. 日本認知言語学会 論文集. 2011. 11. 213-223
  • RESTLESS and BORING: Concept formation through embodiment and disembodiment. 2011. 11. 213-223
もっと見る
書籍 (3件):
  • 認知言語学論考 No.11
    ひつじ書房 2013
  • Kyoto Working Papers in English and General Linguistics 2
    開拓社 2013
  • Kyoto Working Papers in English and General Linguistics
    開拓社 2011
講演・口頭発表等 (30件):
  • 多義ネットワークにおける動的平衡状態-図形〇の場合
    (日本認知言語学会 第1回大会、オンライン開催 2020)
  • 意味の出現-知識と指示対象との動的平衡-
    (日本認知言語学会 第18回大会、大阪大学 2017)
  • Metaphorical understanding, bodily experience, and cultural context: from STRAIGHT to HETEROSEXUAL
    (1st Conference of the International Association for Cognitive Semiotics, Lund University, Sweden 2014)
  • Metaphorical understanding and abduction: the meaning of “straight”
    (1st International Conference on Linguistics, Literature, & Cultural Studies in Modern Languages, Universidad Católica San Antonio, Spain 2013)
  • Metaphorical understanding through embodiment: rub somebody’s mind
    (2nd International Conference on Theoretical and Applied Linguistics, Transilvania University, Romania 2012)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 2004 シドニー大学
  • - 2004 -
  • - 1997 シドニー大学
  • - 1997 -
  • - 1983 神戸市外国語大学 イスパニア学科
全件表示
学位 (2件):
  • PhD(応用言語学) (シドニー大学)
  • MA(応用言語学) (シドニー大学)
所属学会 (8件):
日本認知言語学会 ,  日本認知科学会 ,  International Cognitive Linguistics Association ,  Australian Linguistic Society ,  Japan Cognitive Linguistics Association ,  Japanese Cognitive Science Society ,  International Cognitive Linguistics Association ,  Australian Linguistic Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る