研究者
J-GLOBAL ID:200901064074942799   更新日: 2024年07月09日

山田 武千代

ヤマダ タケチヨ | Yamada Takechiyo
所属機関・部署:
職名: 主任教授
研究分野 (1件): 耳鼻咽喉科学
研究キーワード (2件): 耳鼻咽喉科頭頸部外科 ,  Otorhino laryugology Head and Neck Surgery
競争的資金等の研究課題 (23件):
  • 2022 - 2025 甲状腺がんにおける予後予測マーカーと新規治療開発のためのGPNMBの検討
  • 2020 - 2023 難治性副鼻腔炎における真菌アレルギー関与の新しい病態発見と展開
  • 2017 - 2021 スギ免疫療法長期効果に対する治療前予測・新規候補分子の機能解析
  • 2016 - 2019 遺伝子導入による顔面神経軸索再生の試み
  • 2013 - 2016 遺伝子多型関連分子と難治性上気道好酸球性病変局所の好塩基球に対する治療戦略
全件表示
論文 (147件):
  • Toshiki Yamada, Megumi Tatematsu, Shunsuke Takasuga, Akane Fuchimukai, Kenki Yamagata, Shinsuke Seki, Keiji Kuba, Hideyuki Yoshida, Ichiro Taniuchi, Günter Bernhardt, et al. TIGIT mediates activation-induced cell death of ILC2s during chronic airway allergy. The Journal of experimental medicine. 2023. 220. 7
  • Mitsuhiro Okano, Shigeharu Fujieda, Minoru Gotoh, Yuichi Kurono, Atsushi Matsubara, Nobuo Ohta, Atsushi Kamijo, Takechiyo Yamada, Yuji Nakamaru, Mikiya Asako, et al. Executive summary: Japanese guidelines for allergic rhinitis 2020. Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology. 2023. 72. 1. 41-53
  • HIROKI TOMIZAWA, Yoshiyuki Yamada, Misaki Arima, Yui Miyabe, Mineyo Fukuchi, Haruka Hikichi, Rossana C. N. Melo, Takechiyo Yamada, Shigeharu Ueki. Galectin-10 as a Potential Biomarker for Eosinophilic Diseases. Biomolecules. 2022. 12. 10
  • 富澤 宏基, 有馬 実咲, 宮部 結, 嵯峨 亜希子, 山田 武千代, 植木 重治. ヒトアレルギー疾患の病態形成における免疫系の役割 好酸球ETosisを誘導する刺激の検討. アレルギー. 2022. 71. 6-7. 826-826
  • Shinsuke Suzuki, Satoshi Toyoma, Yohei Kawasaki, Takechiyo Yamada. Irradiated fibroblasts increase interleukin-6 expression and induce migration of head and neck squamous cell carcinoma. PloS one. 2022. 17. 1. e0262549
もっと見る
MISC (177件):
  • 富澤 宏基, 山田 武千代, 宮部 結, 植木 重治. 細胞外トラップの構造的差異. 日本鼻科学会会誌. 2021. 60. 3. 351-351
  • 富澤 宏基, 山田 武千代, 宮部 結, 植木 重治. 細胞外トラップの構造的差異. 日本鼻科学会会誌. 2021. 60. 3. 351-351
  • 山田 武千代, 宮部 結, 富澤 宏基, 齋藤 秀和, 福地 峰世, 植木 重治. アレルゲン・抗原 アレルギー炎症と組織中におけるアスペルギルス抗原Aspf1同定の意義. アレルギー. 2021. 70. 6-7. 787-787
  • 富澤 宏基, 宮部 結, 福地 峰世, 山田 武千代, 植木 重治. アレルギー性炎症の新規誘導/収束メカニズム ETs/ETosisの形態および安定性に関する検討. アレルギー. 2021. 70. 6-7. 807-807
  • 山田 武千代, 宮部 結, 富澤 宏基, 齋藤 秀和, 福地 峰世, 植木 重治. アレルゲン・抗原 アレルギー炎症と組織中におけるアスペルギルス抗原Aspf1同定の意義. アレルギー. 2021. 70. 6-7. 787-787
もっと見る
書籍 (4件):
  • 耳鼻咽喉科・頭頸部外科Q&A(分担執筆:Hunt症候群でのステロイドの使用量)
    中外医学社 2013 ISBN:9784498062603
  • Proceedings of the 9th International Conference on Cholesteatoma and Ear Surgery(分担執筆:Type IV tympanoplasty for patients with severed tensor tympani tendon during cholesteatoma surgery, Cholesteatoma and ear surgery - an update)
    Kugler Publications 2013
  • 今日の耳鼻咽喉科・頭頸部外科治療指針(分担執筆:慢性肉芽腫症(CGD))
    医学書院 2008
  • Clin Exp All Rev(分担執筆:Roles of protein tyrosine kinese Syk in nasal polyps)
    2005
講演・口頭発表等 (312件):
  • アレルギー性鼻炎のトピックス
    (第2回 One Airway, One Disease Seminar 2014)
  • スギ花粉症に対する早期介入
    (平成26年東京耳鼻咽喉科医会講演会 2014)
  • アレルギー性鼻炎治療の基礎と臨床
    (H25年度熊本ENT学術講演会 2014)
  • 気管支喘息の重症度と鼻副鼻腔炎病態との関係
    (第32回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 2014)
  • スギ花粉症の感作・発症とCystatin SNの役割
    (第32回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 2014)
もっと見る
Works (11件):
  • 遺伝子多型関連分子と難治性上気道好酸球性病変局所の好塩基球に対する治療戦略, 基盤研究(B)(一般)
    2014 -
  • キメラ分子による好塩基球活性化の制御とスギ花粉症の新規治療, 基盤研究(C)(一般)
    2012 -
  • スギ花粉症に対する舌下免疫療法施行患者血清中の網羅的蛋白解析から得た新薬開発, 基盤研究(B)(一般)
    2010 -
  • 内分泌撹乱物質のアレルギー性鼻炎への影響, 基盤研究(C)(一般)
    2010 -
  • 非公開, 基盤研究(B)(一般)
    2009 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1994 福井医科大学 医学研究科 耳鼻咽喉科
  • - 1994 Fukui Medical School Graduate School, Division of Medicine 耳鼻咽喉科
学位 (1件):
  • 医学博士
委員歴 (12件):
  • 2013 - 日本鼻科学会 評議員
  • 2013 - 日本アレルギー学会 評議員
  • 2013 - 福井県聴覚障がい者協会 理事
  • 2012 - 日本鼻科学会 担当幹事
  • 2010 - 日本鼻科学会 免疫療法治療指針作成委員
全件表示
所属学会 (14件):
Clinical Immunology Society ,  Otolaryngology of Japan ,  Otology Japan ,  The Larynx Japan ,  日本耳科学会 ,  日本耳鼻咽喉科学会 ,  日本生化学会 ,  日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 ,  日本咳嗽研究会 ,  NPO法人福井県中途失聴者協会 ,  日本顔面神経研究会 ,  日本鼻科学会 ,  日本アレルギー学会 ,  福井県聴覚障がい者協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る