研究者
J-GLOBAL ID:200901064102304868   更新日: 2021年02月27日

五味 浩司

ゴミ ヒロシ | Gomi Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (10件): 獣医学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  実験動物学 ,  実験動物学 ,  動物生理化学、生理学、行動学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  解剖学
研究キーワード (10件): 器官発生 ,  ジーンターゲッティング ,  行動遺伝学 ,  遺伝子改変動物 ,  アストロサイト機能 ,  外分泌腺 ,  ホルモン分泌 ,  神経グリア ,  神経内分泌細胞 ,  系統解剖学
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2020 - 2023 セクレトグラニンIIIの機能的多様性と疾患関連性の解析
  • 2020 - 2022 セクレトグラニンIIIの機能的多様性と疾患関連性の解析
  • 2019 - 2020 分泌顆粒蛋白質による膵島細胞分別の試み
  • 2016 - 2018 ペプチドホルモンの分泌顆粒形成と分解機構(分泌顆粒の生涯)の解明
  • 2015 - 2017 ペプチドホルモン生成と分泌顆粒形成機構の連関を探る
全件表示
論文 (51件):
  • Eri Sato, Yoshinori Maeda, Yui Sato, Airi Hinata, Hiroshi Gomi, Daisuke Koga, Seiji Torii, Tsuyoshi Watanabe, Masahiro Hosaka. Culture in 10% O2 enhances the production of active hormones in neuro-endocrine cells by up-regulating the expression of processing enzymes. Biochemical Journal. 2019. 476. 5. 827-842
  • Yoshinori Maeda, Saki Kudo, Ken Tsushima, Eri Sato, Chisato Kubota, Aika Kayamori, Hiroki Bochimoto, Daisuke Koga, Seiji Torii, Hiroshi Gomi, et al. Impaired processing of prohormones in secretogranin III-null mice causes maladaptation to an inadequate diet and stress. Endocrinology. 2018. 159. 2. 1213-1227
  • Seiji Torii, Chisato Kubota, Naoya Saito, Ayumi Kawano, Ni Hou, Masaki Kobayashi, Ryoko Torii, Masahiro Hosaka, Tadahiro Kitamura, Toshiyuki Takeuchi, et al. The pseudophosphatase phogrin enables glucose-stimulated insulin signaling in pancreatic β cells. Journal of Biological Chemistry. 2018. 293. 16. 5920-5933
  • Hiroshi Gomi, Hiromi Osawa, Rie Uno, Tadashi Yasui, Masahiro Hosaka, Seiji Torii, Azuma Tsukise. Canine Salivary Glands: Analysis of Rab and SNARE Protein Expression and SNARE Complex Formation With Diverse Tissue Properties. JOURNAL OF HISTOCHEMISTRY & CYTOCHEMISTRY. 2017. 65. 11. 637-653
  • Tadashi Yasui, Hiroshi Gomi, Taishi Kitahara, Azuma Tsukise. Ultrastructure and immunohistochemical characterization of proteins concerned with the secretory machinery in goat ceruminous glands. EUROPEAN JOURNAL OF HISTOCHEMISTRY. 2017. 61. 3. 222-230
もっと見る
MISC (3件):
書籍 (12件):
  • 獣医組織学(第八版)
    学窓社 2020
  • 獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠 獣医解剖・組織・発生学(第2版)
    学窓社 2019
  • 獣医発生学(第2版)
    学窓社 2019
  • 書いて覚える塗って身につく動物解剖学ノート
    講談社 2016
  • カラーアトラス獣医解剖学 増補改訂第2版(上巻・下巻)
    チクサン出版 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (22件):
  • SecretograninIIIジーントラップマウスにおけるLacZ遺伝子発現パターンの解析
    (第163回日本獣医学会学術集会 2020)
  • イヌ涙腺上皮の形態ならびに組織化学的解析
    (第163回日本獣医学会学術集会 2020)
  • 光学顕微鏡を用いた腎小体の3次元構築の試み
    (第163回日本獣医学会学術集会 2020)
  • セクレトグラニンIIIを発現する細胞・組織を網羅的に明らかにする
    (第92回日本生化学会大会 2019)
  • 分泌顆粒蛋白質フォグリンによるインスリン分泌とシグナルの連結機構
    (第91回日本生化学会大会 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1989 - 1992 東京大学 畜産獣医学
  • 1987 - 1989 東京大学 畜産獣医学
  • 1983 - 1987 日本大学 獣医学科
  • 1983 - 1987 日本大学 獣医学科
学位 (4件):
  • 農学修士 (東京大学)
  • Master of Agriculture
  • 博士(農学) (東京大学)
  • Doctor of Agriculture
経歴 (16件):
  • 2001/04 - 2019/03 理化学研究所脳科学総合研究センター客員研究員
  • 2001/04 - 2019/03 理化学研究所脳科学総合研究センター客員研究員
  • 2014/04 - 日本大学生物資源科学部教授
  • 2011/04 - 2014/03 日本大学生物資源科学部准教授
  • 2007/04 - 2011/03 群馬大学生体調節研究所准教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2017/09 - 2019/09 日本獣医解剖学会 理事
  • 2016/12 - 2017/11 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
  • 2013/12 - 2015/11 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
  • 2012/04 - 日本獣医学会 評議員
受賞 (2件):
  • 2015/10/31 - 日本学術振興会 科学研究費審査委員表彰
  • 2006/03/20 - 群馬大学 群馬大学学長表彰
所属学会 (7件):
日本分子生物学会 ,  日本獣医解剖学会 ,  日本獣医学会 ,  日本神経科学会 ,  Society for Neuroscience ,  日本解剖学会 ,  The Histochemical Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る