研究者
J-GLOBAL ID:200901064208641740   更新日: 2020年08月31日

千葉 智樹

チバ トモキ | Chiba Tomoki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 細胞生物学 ,  分子生物学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • ユビキチンシステムの個体生物学
論文 (52件):
  • Tsuruta, Fuminori, Okajima, Tomomi, Yano, Sarasa, Chiba, Tomoki. Quantification of Endosome and Lysosome Motilities in Cultured Neurons Using Fluorescent Probes. Journal of visualized experiments : JoVE. 2017
  • Kajiwara, C, Kondo, S, Uda, S, Dai, L, Ichiyanagi, T, Chiba, T, Ishido, S, Koji, T, Udono, H. Spermatogenesis arrest caused by conditional deletion of Hsp90α in adult mice. Biology Open. 2012. 1. 977-982
  • Kato, M, Chiba, T, Li, M, Hanyu, Y. Bioluminescence assay for detecting cell surface membrane protein expression. Assay Drug Dev Technol. 2010. 9. 31-39
  • 加藤, 三恵子, 笹森, えりこ, 千葉, 智樹, 羽生, 義郎. 2Ep14 in vitro培養系における免疫細胞の分化誘導解析(抗体工学,一般講演). 日本生物工学会大会講演要旨集. 2009. 21. 0. 64
  • Kim,M, Nakamoto,K, Nishimori,S, Tanaka,K, 千葉,智樹. A novel ubiquitin ligase involved in p57Kip2 proteolysis regulates osteoblast cell differentiation. EMBO rep. 2008. 9. 878-884
もっと見る
書籍 (4件):
  • 細胞生物学
    化学同人 2012
  • 生物学事典
    東京化学同人 2010
  • 分子細胞生物学事典
    2009
  • ヒトの生物学
    2007
講演・口頭発表等 (6件):
  • 微小核を介した神経細胞-ミクログリア間の情報伝播
    (日本分子生物学会 2018)
  • 微小核を介した神経細胞-ミクログリア間の情報伝播
    (日本分子生物学会 2018)
  • プロテアソーム関連タンパク質PA200及びEcm29の二重欠損マウスにおける雄性不妊機構の解析
    (2017年度生命科学系学会合同年次大会 2017)
  • 酸化ストレス応答のタンパク質分解による制御
    (物構研談話会 2017)
  • The Regulation of Nrf2-Keap1 Antioxidant Response by a Novel Cullin-like Protein
    (Cold Spring Harbor Laboratory Meeting (The Ubiquitin Family) 2013)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (筑波大学)
委員歴 (1件):
  • - 現在 日本生化学会 評議員
所属学会 (3件):
日本細胞生物学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る