研究者
J-GLOBAL ID:200901064235764551   更新日: 2010年01月25日

渡辺 義和

ワタナベ ヨシカズ | Watanabe Yoshikazu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (7件): 医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学 ,  言語学
研究キーワード (4件): 言語病理学 ,  社会言語学 ,  Communication Disorders ,  Sociolinguistics
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 医療コミュニケーション
  • 言語療法士とクライアントのセラピー談話分析
  • 医療コミュニケーション
  • 吃音会話の社会言語学的分析
  • Medical Communication
全件表示
MISC (17件):
  • Yoshikazu C. Watanabe. Interlanguage lexicon: Investigating lexical networks at three L2 proficiency levels. アカデミア文学・語学編. 2007. 81. 177-214
  • Yoshikazu C. Watanabe. Non-fluency approach to stuttering: PCT research and communicative competence. アカデミア人文・社会科学. 2007. 84. 421-446
  • Sean O'Connell, Yoshikazu C. Watanabe. English Language Education in Policy Studies. JALT 2005 Proceedings. 2006. 468-474
  • 渡辺義和. 社会言語学から見た吃音. 言語聴覚研究. 2005. 2. 2. 88-97
  • Sociolinguistic investigation into stuttering identity. Proceedings of the 4th World Congress of Fluency Disorders. 2004. 280-284
もっと見る
書籍 (7件):
  • 『医療コミュニケーション:実証研究への多面的アプローチ』(共著)内「社会言語学的分析」
    篠原出版新社 2009
  • 『10の英会話操縦テクニック』
    アルク出版 2009
  • 『言語聴覚士のための基礎知識:音声学・言語学』(共著)内「言語学と関連分野」
    医学書院 2009
  • 『患者と医師のコミュニケーション:より良い関係作りの科学的根拠』(共同翻訳)内「会話の重要性」
    篠原出版新社 2007
  • 『講座社会言語科学 第5巻』(共著)内「言語病理学における談話分析の応用と将来」
    ひつじ書房 2005
もっと見る
Works (5件):
  • 東京ディズニーシーパーク異文化コンサルティング、日本語版製作
    1996 - 現在
  • ディズニーオンアイス日本語版製作
    1986 - 現在
  • オズの魔法使いオンアイス日本語版台本、訳詞製作
    1997 -
  • ジョージルーカス・スーパーライブ・アドベンチャー異文化コンサルティング及び日本語版台本製作
    1992 - 1993
  • Directing, assisting, supervising of, and providing cross-cultural and cross-linguistic consultations to the Japanese versions of Disney on Ice Japan tours and Tokyo DisneySea and Tokyo Disneyland
学歴 (4件):
  • - 2001 アイオワ大学大学院 言語病理学
  • - 2001 The University of Iowa Speech Pathology
  • - 1985 南山大学 仏文学仏語学科仏語言語学
  • - 1985 南山大学
学位 (2件):
  • ESL及びバイリンガリズムにおける文学修士 (ジョージタウン大学)
  • 博士(言語聴覚科学) (アイオワ大学)
経歴 (2件):
  • 1992 - 1995 南山大学 非常勤講師
  • 1992 - 1995 南山大学
受賞 (1件):
  • 1985 - 名古屋外国語専門学校通訳実践技能大会最優秀賞および中日新聞社賞
所属学会 (6件):
日本保健医療社会学会 ,  社会言語科学会 ,  聴覚協会 ASHA(American Speech-Language Hearing Association) ,  言語 ,  米スピーチ ,  International Fluency Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る