研究者
J-GLOBAL ID:200901064368386479   更新日: 2011年07月14日

渡辺 直隆

ワタナベ ナオタカ | Watanabe Naotaka
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 生理学 ,  電力工学
研究キーワード (2件): 医用生体工学・生体材料学 ,  電力工学・電気機器工学・放電工学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 高周波放電によるNOxガスの分解低減に関する研究
  • 電波探査の研究
  • 電波探査の研究
  • 生体インピーダンス緩和特性の動態評価
MISC (48件):
  • 渡辺 直隆, 渡辺直隆. NOxガス分解に関する高周波コロナ放電場の安定性の研究. 第50回日本大学工学部学術研究報告会 講演要旨集. 2007. 電-2-12. 79
  • 渡辺 直隆, 渡辺直隆. NOx ガス分解用高周波放電管の活性領域拡大に関する一考察. 第47回日本大学工学部学術研究報告会講演要旨集. 2004. 電-1-
  • 渡辺 直隆, 渡辺直隆. NOx ガス分解用無声放電における放電電流特性. 第46回日本大学工学部学術研究報告会講演論文集. 2003. 電-1-
  • 渡辺 直隆, 渡辺 直隆. 高周波放電によるNOxガス分解低減に関する研究. 第45回日本大学工学部学術研究報告会講演要旨集(電気電子工学部会). 2002. 電-1-25. 49-50
  • 渡辺 直隆, 箱崎 朝久, 渡辺 直隆. 高周波放電によるNOxガスの分解低減. 平成14年度 電気関係学会東北支部連合大会 論文集. 2002. 2G-13. 261
もっと見る
書籍 (4件):
  • わかる電子計測(増補改訂初版)
    日新出版 2003
  • わかる電子計測(初版)
    日新出版 2001
  • 界面下の物標の探査方法1
    大日本印刷 1989
  • Method of Detecting Subsurface Objects 1 (KW's Data Book)
    Dai Nihon Insatsu 1989
Works (4件):
  • ON THE DETECTING SENSOR OF APPROACHED FLYING OBJECTS IN SPACE
    1990 -
  • A FILL-UP TYPE CAPACITOR ANTENNA FOR SATELLITE
    1988 -
  • DECLINE OF PHYSICAL CAPACITY IN ATHLETES OBSERVED AFTER 6 ゚HEAD-DOWN TILT BED REST FOR 6 DAYS
    1987 -
  • FIELD TESTS OF A PROTOTYPE 3MHz ELECTROMAGNETIC METHOD IN WESTERN AUSTRALIA, 1972
    1972 -
学歴 (2件):
  • - 1975 日本大学大学院 工学研究科 電気工学
  • - 1969 日本大学 工学部 電気工学
学位 (2件):
  • 医学博士 (日本大学)
  • 工学修士 (日本大学)
委員歴 (3件):
  • 1998 - 2000 日本人間工学会 評議員
  • 1996 - 1997 電子情報通信学会東北支部 評議員
  • 1990 - 物理探査学会 常置委員、行事委員、学術講演委員
所属学会 (8件):
電気学会 ,  電子情報通信学会 ,  日本エム・イー学会 ,  物理探査学会 ,  日本人間工学会 ,  IEEE(THE INSTITUTE OF ELECTRICAL AND ELECTRONICS ENGINEERS,INC.) ,  日本体力医学会 ,  電子情報通信学会東北支部
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る