研究者
J-GLOBAL ID:200901064519202154   更新日: 2020年02月15日

谷口 洋

タニグチ ヒロシ | Taniguchi Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 中国文学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 『史記』の物語論的研究
  • 辞賦文学の成立と展開
  • 中国古代における口頭伝承と文献資料の関係
論文 (30件):
  • 谷口 洋. 神話・小説・著述-『史記』故事世界的三個維度. 杭州師範大学学報(社会科学版). 2018. 40. 2. 102-109
  • 谷口 洋. 試論西漢士人的宋玉情結. 信陽師範学院学報(哲学社会科学版). 2017. 37. 1. 1-5
  • 谷口 洋. 早期辞賦与山川祭祀. 2016賦学国際学術研討会論輯. 2016. 2. 121-132
  • 谷口 洋. 論王褒的「九懐」-并談楚辞文学両大系统与其继承. 中国楚辞学. 2015. 21. 346-355
  • 谷口 洋. 「作者」宋玉の誕生-漢魏六朝における「作者」意識. 六朝学術学会報. 2015. 16. 1-17
もっと見る
MISC (9件):
  • 谷口 洋. 西村天囚(時彦)『楚辞纂説』解題. 『江戸・明治期日本における『楚辞』諸注釈解題』(科研費27370404「日本楚辞学の基礎的研究」〔代表・新潟大学・矢田尚子〕研究成果報告). 2017. 19-27
  • 西川ゆみ, 横山きのみ, 谷口 洋. 「安世房中歌」訳注. 古代学. 2015. 7. 73-49
  • 横山きのみ, 西川ゆみ, 谷口 洋. 漢郊祀歌十九章訳注. 中国文学報. 2014. 84
  • 谷口 洋. 中国近代にとって「偽書」とは何か-「偽書」と「疑古」の二十世紀. 千本英史編「偽」なるものの「射程」(アジア遊学161). 2013. 31-44
  • 谷口 洋. 文学部における「共通知」について仲間と語り合ったこと、それから1年後に独り思うこと. 奈良女子大学文学部研究教育年報. 2011. 8. 3-9
もっと見る
書籍 (9件):
  • 楚辞と楚文化の総合的研究
    汲古書院 2014 ISBN:9784762965210
  • 古籍弁偽学(翻訳・校閲)
    科学研究費「東アジアにおける古典偽書の比較文化的研究」(代表者:千本英史)報告書資料編pp.9-227 2013
  • 中国文化史大事典
    大修館書店 2013
  • 世界人名辞典
    岩波書店 2013
  • 入門講座 白川静の世界 II 文学
    平凡社 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (28件):
  • 《九思》与王逸所処的立場
    (中国屈原学会第十八届年会 2019)
  • 中国辞賦可以比作古希臘敘事詩嗎?:紀念清水茂教授逝世十周年
    (湖南大学中国語文学院客座教授座談会 2018)
  • 従“賢人失志”到“士人守志”-両漢之交紀行、述志賦中的自我敘述
    (第十三国際辞賦学学術研討会 2018)
  • 論劉向的「九歎」-西漢擬騒的帰結、東漢魏晋騒体賦的濫觴
    (中国屈原学会第十七届年会 2017)
  • 神話、小説、著述:『史記』故事世界的三個維度
    (第十四屆先秦両漢学術国際研討会 2017)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1995 京都大学 中国語学中国文学
  • - 1995 京都大学
  • - 1988 京都大学 文学科中国語学中国文学専攻
  • - 1988 京都大学
学位 (1件):
  • 博士(文学) (京都大学)
経歴 (7件):
  • 2015/04 - 現在 東京大学 大学院総合文化研究科 教授
  • 2012/04 - 2015/03 -:奈良女子大学教授
  • 2005/04 - 2012/03 :奈良女子大学人間文化研究科助教授(2007年4月より准教授に職名変更)
  • 2002/04 - 2005/03 :奈良女子大学文学部助教授
  • 2000/04 - 2002/03 :京都産業大学文化学部助教授
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2013 - 六朝学術学会 評議員
  • 2011 - 中国屈原学会 理事
  • 2001 - 中国辞賦学会 特約理事
受賞 (1件):
  • 1995 - 橋本循記念財団「蘆北賞」奨励賞(論文名:後漢における「設論」の変質と解体)
所属学会 (6件):
中国屈原学会 ,  中国賦学会 ,  全国漢文教育学会 ,  六朝学術学会 ,  東方学会 ,  日本中国学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る