研究者
J-GLOBAL ID:200901064560491545   更新日: 2020年07月29日

武田 重信

タケダ シゲノブ | Takeda Shigenobu
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www2.fish.nagasaki-u.ac.jp/FISH/KYOUKAN/s-takeda/index.html
研究分野 (2件): 水圏生産科学 ,  環境動態解析
研究キーワード (6件): 物質循環 ,  栄養塩 ,  赤潮生物 ,  鉄 ,  微量金属 ,  海洋植物プランクトン
競争的資金等の研究課題 (26件):
  • 2018 - 2021 The Effect of Ocean Acidification on Fe Availability to Phytoplankton in Coastal and Oceanic Waters of the Eastern North Pacific
  • 2020 - 2021 海洋酸性化による植物プランクトン鉄利用の促進と抑制
  • 2020 - 2021 水圏生産科学関連分野に関する学術研究動向ー水圏生産科学が目指す新たな研究展開ー
  • 2018 - 2021 微量金属元素による海洋亜表層窒素循環の複合的制御メカニズム
  • 2016 - 2021 近未来の海洋環境変動に対するトラフグを基軸とした海洋生態系機能の把握と活用
全件表示
論文 (34件):
  • A. Sugiyama, Y. Nogata, S. Takeda. Occurrence of barnacle larvae around the marine renewable energy test fields in Nagasaki, Japan. Proceedings of International Conference on Fisheries Engineering 2019. 2019. 178-180
  • K.H. Wong, H. Obata, T. Kim, Y. Wakuta, S. Takeda. Distribution and speciation of copper and its relationship with FDOM in the East China Sea. Marine Chemistry. 2019. 212. 96-107
  • T. Kim, H. Obata, S. Takeda, K.H. Wong, A. Mashio, T. Gamo. Organic complexation of zinc in a coastal hydrothermal area, Tachibana Bay, Nagasaki, Japan. Geochemical Journal. 2018. 52. 6. e29-e38
  • T. Shiozaki, Y. Kondo, D. Yuasa, S. Takeda. Distribution of major diazotrophs in the surface water of the Kuroshio from northeastern Taiwan to south of mainland Japan. Journal of Plankton Research. 2018. 40. 4. 407-419
  • T. Shiozaki, D. Bombar, L. Riemann, M. Sato, F. Hashihama, T. Kodama, I. Tanita, S. Takeda, H. Saito, K. Hamasaki, K. Furuya. Linkage Between Dinitrogen Fixation and Primary Production in the Oligotrophic South Pacific Ocean. Global Biogeochemical Cycles. 2018. 32. 7. 1028-1044
もっと見る
特許 (2件):
  • 循環濾過式養殖システム
  • 底部採水器
書籍 (4件):
  • Bioavailability and Biogeochemical Processes of Trace Metals in the Surface Ocean
    TERRAPUB 2014
  • Western Pacific Air-Sea Interaction Study
    2014
  • 農学入門 - 食料・生命・環境科学の魅力 -
    養賢堂 2013
  • 海の生き物100不思議
    東京書籍 2003
講演・口頭発表等 (52件):
  • Co-existence of Prochlorococcus and Synechococcus sustained by their different uptake affinity of ammonium and nitrate
    (ProSynFest 2020 2021)
  • Photodecomposition of natural organic metal-binding ligands from deep seawater
    (AGU Fall Meeting 2020)
  • Spatial distributions of atmospheric water soluble nitrogen and phosphorus depositions to the Pacific Ocean
    (PICES-2020 2020)
  • 海洋酸性化が天然有機錯体鉄の生物利用能に及ぼす影響
    (JpGU-AGU Joint Meeting 2020 2020)
  • Distribution and geochemical behavior of anthropogenic rare earth elements in the coastal environments
    (JpGU-AGU Joint Meeting 2020 2020)
もっと見る
Works (4件):
  • 浜名湖における水質環境の長期変動と生物生産に関する研究
    2001 - 2005
  • 海水中微量元素である鉄濃度調節による海洋二酸化炭素吸収機能の強化と海洋生態系への影響に関する研究
    2001 - 2004
  • 外洋プランクトン生態系研究
    1996 - 1999
  • 洋上型海洋深層水取水システムの開発と海域肥沃化、二酸化炭素吸収及び生物効果の研究開発
    1999 -
学歴 (3件):
  • 1987 - 1988 東京大学 大学院農学系研究科 水産学専攻博士課程
  • 1985 - 1987 東京大学 大学院農学系研究科 水産学専門課程修士課程
  • - 1985 旧東京水産大学 水産学部 海洋環境工学科
学位 (2件):
  • 博士(農学) (東京大学)
  • 農学修士 (東京大学)
経歴 (12件):
  • 2019/04 - 現在 長崎大学 教授
  • 2018/04 - 現在 (独)日本学術振興会 学術システム研究センター 専門研究員
  • 2017/10 - 現在 長崎大学 海洋未来イノベーション機構 機構長
  • 2017/10 - 2019/09 長崎大学 副学長(海洋研究担当)
  • 2011/04 - 2019/03 長崎大学 教授
全件表示
委員歴 (31件):
  • 2020/04 - 現在 日本海洋学会 三賞選考委員会委員
  • - 現在 日本学術会議 環境学委員会・地球惑星科学委員会合同FE・WCRP合同分科会SOLAS小委員会委員
  • - 現在 政府間海洋学委員会(IOC)協力推進委員会海洋環境・生物国内専門部会(委員)
  • - 現在 日本海洋学会(評議員)
  • - 現在 文部科学省委嘱プロジェクト研究「我が国の魚類生産を支える黒潮生態系の変動要因の解明」 研究運営委員会(評価委員)
全件表示
受賞 (4件):
  • 2020/04 - 日本海洋学会 2020年度日本海洋学会賞
  • 2014/01 - Institution of Chemical Engineers (ICemE) 2013 Hutchison Medal
  • 2007/03 - (社)日本水産学会 平成18年度日本水産学会水産学進歩賞
  • 2006/03 - (独)日本学術振興会 第2回(平成17年度)日本学術振興会賞
所属学会 (9件):
Asian Fisheries Society ,  The Oceanography Society ,  American Geophysical Union ,  日本海水学会 ,  海洋調査技術学会 ,  日本プランクトン学会 ,  American Society of Limnology and Oceanography ,  日本海洋学会 ,  日本水産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る