研究者
J-GLOBAL ID:200901064638779354   更新日: 2020年05月29日

恩田 邦藏

オンダ クニゾウ | Onda Kunizo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 数理物理、物性基礎
研究キーワード (5件): Molecule Collision Dynamics ,  Atom ,  分子衝突動力学 ,  原子 ,  物理学一般
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 電子と分子の衝突素過程の研究
  • C60クラスターと荷電粒子の衝突における共鳴状態の研究
  • 原子と分子の衝突素過程の研究
  • Study on Elementary Collision Processes between Electrons and Molecules
  • Study on Resonance States in Collision between C60 Clusters and Charged Particles
全件表示
MISC (36件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • Isotope effect on dynamics of a collinear He + H┣D3+(/)2┫D3 collision
    Atomic and Plasma-Material Interaction Data for Fusion 2001
  • Low energy heavy particle collision relerant to gas divertor physics
    Present Status on Atomic and Molecular Data Relerant to Fusion Plasma Diagnostics and Modeling ed. H. Tawara, NIFS-DATA-39 1997
  • 原子と二原子分子の衝突における解離過程(共著)
    第18回原子衝突国際会議抄録 1993
  • 水分子による電子の散乱(共著)
    第18回原子衝突国際会議抄録 1993
  • Dissociation processes in collisions between an atom and a diatomic molecule
    XVIII International Conference on the Physics of Electronic and Atomic Physics 1993
もっと見る
Works (69件):
  • 日本物理学会第56回年次大会(於 中央大学多摩校舎)
    2000 -
  • 日本物理学会第55回年次大会(於 新潟大学)
    2000 -
  • Isotope effect on dynamics of nonreactive, reactive, and dissociative processes in a collinear He + H┣D3+(/)2┫D3 collision : A case study on heavy-heavy-light collision system.
    2000 -
  • Isotope effect on dynamics of nonreactive, reactive, and dissociative processes in a collinear He + H┣D3+(/)2┫D3 collision : A case study on heavy-light-heavy collision system.
    2000 -
  • 水素原子と水素分子の衝突での組み替え/解離過程の研究
    1997 - 1998
もっと見る
学位 (1件):
  • 理学博士
所属学会 (4件):
原子衝突研究協会 ,  ニューヨーク科学アカデミー(The New York Academy of Sciences) ,  米国物理学会(The American Physical Society) ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る