研究者
J-GLOBAL ID:200901064649780141   更新日: 2021年07月03日

ローリー ゲイ

ローリー ゲイ | Rowley Gaye
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.gayerowley.com
研究分野 (1件): 日本文学
研究キーワード (1件): 源氏物語受容史、女性の伝記研究、正親町町子、花屋玉栄、中院家、中院通勝、中院仲子、与謝野晶子
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 1999 - 2008 増田小夜、『芸者 苦闘の半生涯』の英訳
  • 1999 - 2008 English translation of Masuda Sayo's _Geisha_
  • 1983 - 2007 与謝野晶子と古典文学
  • 1983 - 2007 Yosano Akiko and classical Japanese literature
  • 2006 - 正親町町子『松陰日記』の英訳
全件表示
論文 (33件):
  • ゲイ ローリー. 『松蔭日記』とその読者. 第43回 国際日本文学研究集会会議録. 2020. 43. 151-168
  • G. G. Rowley. Review of _Gendered Power: Educated Women of the Meiji Empress’ Court_, by Mamiko C. Suzuki. Journal of Japanese Studies. 2020. 46. 2. 471-475
  • G. G. Rowley. Review of _The Chaos and Cosmos of Kurosawa Tokiko: One Woman’s Transit from Tokugawa to Meiji Japan_, by Laura Nenzi. Japan Review. 2017. 31. 219-221
  • ゲイ・ローリー. Review of _Femininity, Self-Harm and Eating Disorders in Japan: Navigating Contradiction in Narrative and Visual Culture_, by Gitte Marianne Hansen. ジェンダー研究21. 2016. 6. 112-116
  • G. G. Rowley. Review of The Princess Nun: Bunchi, Buddhist Reform, and Gender in Early Edo Japan. MONUMENTA NIPPONICA. 2015. 70. 2. 306-309
もっと見る
MISC (65件):
  • G. G. Rowley. The Tale of Genji: Required Reading for Aristocratic Women. The Female as Subject: Reading and Writing in Early Modern Japan. 2010. Book chapter. 39-57
  • 伊吹和子, ゲイ・ローリー. 「谷崎源氏」端緒、経過、再考. 千葉俊二、アンヌ・バヤール・坂井編『谷崎潤一郎 境界を超えて』. 2009. Book chapter. 176-198
  • ゲイ・ローリー. 女性たちはどこに行ったのか?. ハルオ・シラネ編『越境する日本文学研究-カノン形成・ジェンダー・メディア』. 2009. Essay. 73-76
  • Ibuki Kazuko, G. G. Rowley. The Tanizaki Genji: Inception, Process, and Afterthoughts. The Grand Old Man and the Great Tradition: Essays on Tanizaki Jun'ichiro in Honor of Adriana Boscaro, edited by Luisa Bienati and Bonaventura Ruperti. 2009. Book chapter. 25-52
  • ゲイ・ローリー. 「遅れてきた姫君」の系譜-慶福院花屋玉栄の場合-. 平安文学の古注釈と受容. 2008. 1. 21-25
もっと見る
書籍 (11件):
  • 松陰日記
    2021
  • 源氏物語を書きかえる
    青簡舎 2018 ISBN:9784909181114
  • なぜジェンダー教育を大学でおこなうのか
    青弓社 2017 ISBN:9784787234193
  • Reading The Tale of Genji: Sources From the First Millennium
    コロンビア大学出版部 2015 ISBN:9780231166584
  • An Imperial Concubine's Tale: Scandal, Shipwreck, and Salvation in Seventeenth-Century Japan
    コロンビア大学出版部 2013 ISBN:9780231158541
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • 『松蔭日記』とその読者
    (第43回 国際日本文学研究集会 2019)
  • Discussant, "Female Authorship, Readership, and Reception of Premodern Japanese Literature" Panel.
    (日本アジア研究協会 2019)
  • 松陰日記の読者、形態、役割
    (The Woman in the Story: Female Protagonism in Japanese Literature 2019)
  • コメンテーター、荒木浩(講師)「光源氏と<二人の父>という宿命-ブッダの伝記が照らし出す『源氏物語』の視界」
    (日文研・アイハウス連携フォーラム 2018)
  • Discussant, International Symposium “Réécrire le Roman du Genji: traduire, commenter, adapter."
    (Réécrire le Roman du Genji: traduire, commenter, adapter 2017)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1988 - 1991 ケンブリッジ大学 日本文学
  • 1985 - 1987 日本女子大学 日本文学
  • 1984 - 1985 日本女子大学
  • 1979 - 1984 オーストラリア国立大学 日本研究学科
  • 1982 - 1983 津田塾大学
学位 (6件):
  • 博士 (ケンブリッジ大学(英国))
  • Ph.D. (University of Cambridge (U.K.))
  • 修士 (日本女子大学(日本))
  • M.A. (Japan Women's University (Japan))
  • 学士 (オーストラリア国立大学 (オーストラリア))
全件表示
経歴 (7件):
  • 2010 - 現在 早稲田大学法学学術院教授
  • 2004 - 2012 早稲田大学国際教養学部准教授(兼担)
  • 2008 - 2009 オックスフォード大学東洋学院東アジア学科研究員
  • 2002 - 2009 早稲田大学法学部助教授
  • 2001 - 2002 早稲田大学法学部客員助教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2015/03 - International Advisory Board, Japan Review Member
  • 2015/03 - 『Japan Review』編集委員会 委員
  • 1997/09 - 2003/08 European Association for Japanese Studies Secretary
  • 1997/09 - 2003/08 ヨーロッパ日本研究協会 書記官
受賞 (2件):
  • 2000/03 - キャノンヨーロッパ財団 リサーチ・フェローシップ
  • 1999/04 - キャノンヨーロッパ財団 ジャパン・フォーラム賞(1997年度)
所属学会 (5件):
早稲田大学ジェンダー研究所 ,  早稲田大学国文学会 ,  ヨーロッパ日本研究協会 ,  アジア研究協会(日本支部) ,  アジア研究協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る