研究者
J-GLOBAL ID:200901064924729666   更新日: 2019年07月31日

山本 和彦

ヤマモト カズヒコ | Yamamoto Kazuhiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 中国哲学、印度哲学、仏教学 ,  中国哲学、印度哲学、仏教学
研究キーワード (7件): サンスクリット ,  仏教学 ,  インド哲学 ,  Sanskrit ,  Buddhist Studies ,  Hinduism ,  Indian Philosophy
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2007 - A Study of Liberation (mukti) in Indian Philosophy
  • 1988 - A Study of Navyanyāya
論文 (28件):
  • 山本 和彦. ヨーガ行法における正しい行為(satkāra)について. 『仏教学セミナー』. 2016. 103. 1-14
  • 山本 和彦. インド新論理学の解脱論. 大谷大学. 2012. 1-237
  • 山本 和彦. ガンゲーシャの苦滅論. 『仏教学セミナー』. 2011. 94. 1-13
  • ウダヤナの解脱論. 『仏教学セミナー』. 2010. 91. 1-17
  • 『ニヤーヤ・スートラ』の解脱論. 『大谷大学研究年報』. 2010. 62. 1-35
もっと見る
MISC (12件):
  • Perception and Sacred Words in Vācaspati Miśra. Buddhist Seminar. 2004. 79. 1-15
  • Review: Katsuhiko Kamimura (Tr.), Mahābhārata (Japanese Translation from Sanskrit) 1-7. Buddhist Seminar. 2003. 77. 83-86
  • Pakṣatā and Anumiti in Navya-nyāya. Studies in the History of Indian Thought. 1998. 10. 27-52
  • The Process of Inferential Cognition in the Navyanyāya. Journal of Indian and Buddhist Studies. 1997. 46. 1. 65-71
  • The Obstructing Factor of Inferential Cognition in the Navyanyāya. Journal of Indian and Buddhist Studies. 1996. 45. 1. 108-112
もっと見る
書籍 (11件):
  • インド新論理学の解脱論
    法藏館 2015 ISBN:9784831870803
  • 「ガンゲーシャの知行併合論批判」『奥田聖應先生頌寿記念インド学仏教学論集』
    佼成出版社 2014
  • 'The Temporal Sequence of Inferential Cognition in Navya-Nyāya', Nyāya-Vasiṣṭha: Felicitation Volume of Prof. V. N. Jha
    Sanskrit Pustaka Bhandar, Kolkata, India 2006
  • 'The Temporal Sequence of Inferential Cognition in Navya-Nyāya', Nyāya-Vasiṣṭha: Felicitation Volume of Prof. V. N. Jha
    Sanskrit Pustak Bhandar 2006
  • Raghunātha Śiromaṇi on Pakṣatā and Pratibandhaka『長崎法潤博士古稀記念論集 ー仏教とジャイナ教ー』
    平楽寺書店 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • 『中論』における否定と肯定
    (大谷大学仏教学会 2013)
  • 世界の仏教(1)インド
    (大谷大学生涯学習講座開放セミナー 2011)
  • インド古典テキストの重層性について
    (大谷大学仏教学会 2011)
  • ハーヴァード大学における仏教学研究について
    (大谷大学仏教学会 2008)
  • 正統バラモン思想とは何か
    (大谷学会 2004)
もっと見る
Works (5件):
  • 大谷大学図書館所蔵貝葉写本『パンニャーサジャータカ』の文献的研究
    2001 - 2004
  • Transliteration from Manuscripts in Khmer Script of Paññāsajātaka kept at the Otani University Library, Pāli Manuscripts Research Project
    2001 - 2004
  • インド・バンダルカル東洋学研究所所蔵サンスクリット写本調査
    2002 -
  • 『大谷大学図書館所蔵 貝葉寫本目録』編集協力
    1995 -
  • Catalogue of Palm Leaf Manuscripts Kept at the Otani University Library, a member of the editorial staff
    1995 -
学歴 (7件):
  • 1986 - 1993 大谷大学 仏教学
  • - 1993 大谷大学
  • 1984 - 1986 大谷大学 仏教学
  • - 1986 大谷大学
  • 1980 - 1984 大谷大学 仏教学科
全件表示
学位 (2件):
  • Ph.D (University of Poona)
  • 博士(文学) (大谷大学)
経歴 (9件):
  • 2012 - 現在 大谷大学
  • 2012 - 現在 大谷大学 教授
  • 2007 - 2012 大谷大学 准教授
  • 2007 - 2008 ハーヴァード大学 客員研究員
  • 2007 - 2008 Associate at Harvard University
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2013 - 現在 日本印度学仏教学会 理事 評議員
  • 1999 - 現在 ジャイナ教研究会 幹事
所属学会 (12件):
日本仏教学会 ,  大谷学会 ,  大谷大学仏教学会 ,  ジャイナ教研究会 ,  日本印度学仏教学会 ,  バンダルカル東洋学研究所 ,  The Otani Society ,  Otani University ,  The Society of Buddhist Studies ,  Association of Jaina Studies ,  Japanese Association of Indian and Buddhist Studies (JAIBS) ,  Bhandarkar Oriental Research Institute
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る