研究者
J-GLOBAL ID:200901065061353898   更新日: 2020年09月01日

清野 研一郎

セイノ ケンイチロウ | Seino Kenichiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.igm.hokudai.ac.jp/byo-ri/Immunobiology-Web/Home.html
研究分野 (5件): 呼吸器内科学 ,  外科学一般、小児外科学 ,  消化器外科学 ,  実験病理学 ,  免疫学
研究キーワード (30件): NKT細胞 ,  樹状細胞 ,  IBD ,  細胞分化 ,  疾患モデル動物 ,  制御性T細胞 ,  CD25陽性T細胞 ,  α-galactosylceramide ,  細胞分代 ,  INAD ,  アデノウィルスベクター ,  RNAaseプロテクションアッセイ ,  Fas-L ,  免疫抑制 ,  慢性拒絶反応 ,  遺伝子治療 ,  大腸がん ,  ブレオマイシン ,  遺伝子導入 ,  臓器移植 ,  アポトーシス ,  MMP ,  Fas ,  FADD ,  活性酸素 ,  mRNA ,  間質性肺炎 ,  動物実験 ,  肺線維症 ,  免疫抑制剤
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 細胞培養の改善に関する技術開発
  • 細胞分取に関する技術開発
  • 免疫制御に関する創薬
  • 癌の先端的治療
  • 移植に関する諸問題
全件表示
論文 (114件):
  • Baghdadi M, Ishikawa K, Nakanishi S, Murata T, Umeyama Y, Kobayashi T, Kameda Y, Endo H, Wada H, Bogen B, et al. A role for IL-34 in osteolytic disease of multiple myeloma. Blood advances. 2019. 3. 4. 541-551
  • Muhammad Baghdadi, Hiraku Endo, Atsushi Takano, Kozo Ishikawa, Yosuke Kameda, Haruka Wada, Yohei Miyagi, Tomoyuki Yokose, Hiroyuki Ito, Haruhiko Nakayama, et al. High co-expression of IL-34 and M-CSF correlates with tumor progression and poor survival in lung cancers. Scientific Reports. 2018. 8. 1
  • Baghdadi M, Umeyama Y, Hama N, Kobayashi T, Han N, Wada H, Seino KI. Interleukin-34, a comprehensive review. Journal of leukocyte biology. 2018. 104. 5. 931-951
  • Baghdadi M, Ishikawa K, Endo H, Umeyama Y, Ataka T, Wada H, Oyamada Y, Hyakushima N, Seino KI. Enhanced expression of IL-34 in an inflammatory cyst of the submandibular gland: a case report. Inflammation and regeneration. 2018. 38. 12
  • Han N, Baghdadi M, Ishikawa K, Endo H, Kobayashi T, Wada H, Imafuku K, Hata H, Seino KI. Enhanced IL-34 expression in Nivolumab-resistant metastatic melanoma. Inflammation and regeneration. 2018. 38. 3
もっと見る
MISC (10件):
Works (1件):
  • 新規合成レチノイドの免疫抑制と動脈硬化抑制効果に関する研究
学歴 (1件):
  • - 1997 筑波大学
学位 (1件):
  • 医学博士
経歴 (5件):
  • 2012 - 北海道大学 遺伝子病制御研究所 教授
  • 2004 - 同上級研究員
  • 2002 - 理化学研究所研究員
  • 1999 - 筑波大学臨床医学系講師
  • 1997 - 日本学術振興会特別研究員
受賞 (2件):
  • 1997 - 井上財団奨励賞
  • 1996 - FIMSA Young Investigators Award
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る