研究者
J-GLOBAL ID:200901065063894810   更新日: 2020年09月09日

山崎 倫昭

Yamasaki Michiaki | Yamasaki Michiaki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.msre.kumamoto-u.ac.jp/~kankyo/index-j.htmhttp://www.msre.kumamoto-u.ac.jp/~kankyo/index-j.htm
研究分野 (2件): 材料加工、組織制御 ,  構造材料、機能材料
研究キーワード (5件): 材料工学 ,  金属工学 ,  腐食防食学 ,  マグネシウム合金 ,  ヘテロ組織制御
論文 (150件):
  • Teruki Tsuchiya, Masahiro Fukuda, Hiroaki Ohfuji, Michiaki Yamasaki, Yoshihito Kawamura, Masafumi Matsushita. A novel long-period phase in Mg97Yb2Cu1 alloy. Journal of Alloys and Compounds. 2020. 844
  • K. Takagi, M. Yamasaki, Y. Mine, K. Takashima. Temperature dependence of prismatic slip in a single-crystalline long-period stacking ordered Mg-Zn-Y alloy. Scripta Materialia. 2020. 178. 498-502
  • Koji Hagihara, Takuya Okamoto, Ryohei Ueyama, Michiaki Yamasaki, Yoshihito Kawamura, Takayoshi Nakano. Loading orientation dependence of the formation behavior of deformation kink bands in the Mg-based long-period stacking ordered (LPSO) phase. Materials Transactions. 2020. 61. 5. 1821-1827
  • Kristián Máthis, Daria Drozdenko, Gergely Németh, Stefanus Harjo, Wu Gong, Kazuya Aizawa, Michiaki Yamasaki, Yoshihito Kawamura. In-situ Investigation of the Microstructure Evolution in Long-Period-Stacking-Ordered (LPSO) Magnesium Alloys as a Function of the Temperature. Frontiers in Materials. 2019. 6. 270
  • D.Drozdenko, Michiaki Yamasaki, Kristián Máthis, Patrik Dobroň, Pavel Lukáč, N. Kizu, Shin ichi Inoue, Yoshihito Kawamura. Optimization of mechanical properties of dilute Mg-Zn-Y alloys prepared by rapid solidification. Materials and Design. 2019. 181. 107984
もっと見る
MISC (168件):
  • 高山 隼太朗, 眞山 剛, 諸岡 聡, Gong Wu, Stefanus Harjo, 山崎 倫昭. α-Mg/LPSO二相合金鋳造材における格子ひずみ発達機構. 日本金属学会2019年(第165回)秋期講演大会講演概要集. 2019
  • 上山 椋平, 萩原 幸司, 眞山 剛, 山崎 倫昭, 河村 能人, 中野 貴由. 計算,実験によるMg基LPSO相におけるキンク帯形成挙動の考察. 日本金属学会2019年(第165回)秋期講演大会講演概要集. 2019
  • 西本宗矢, 山崎 倫昭, 井上 晋一, 河村 能人. 高強度Mg-Zn-Y-Al急速凝固合金の破壊靭性に影響を及ぼす組織因子の解明. 日本金属学会2019年(第165回)秋期講演大会講演概要集. 2019
  • 川上 智大, 山崎 倫昭, 井上 晋一, 河村 能人. LPSO型Mg-Zn-Y系合金押出材の腐食および応力腐食割れ挙動. 日本金属学会2019年(第165回)秋期講演大会講演概要集. 2019
  • 成本 裕希, 萩原 幸司, 中野 貴由, 山崎 倫昭, 河村 能人. Mg基LPSO相におけるキンク帯形成・分布制御. 日本金属学会2019年(第165回)秋期講演大会講演概要集. 2019
もっと見る
特許 (46件):
書籍 (3件):
  • マグネシウム合金の先端的基盤技術とその応用展開
    株式会社シーエムシー出版 2012
  • Advanced Magnesium Technologies and their Applications
    2012
  • 高清浄雰囲気制御クローズド粉末冶金プロセッシングシステムを用いた高清浄急速凝固アルミニウム合金粉末の作製 (ゼロエミッション・アルミニウム・マスフローシステムの構築に関する委員会報告書「アルミニウムの完全リサイクルシステム構築に向けて」(研究部会報告書No.45) 45巻124-131頁)
    (社) 軽金属学会 2005
講演・口頭発表等 (18件):
  • マルチモーダル微細組織制御によるMg合金の力学特性改善
    (第75回高性能Mg合金創成加工研究会定期講演会「不均一変形組織とMg合金の機械的特性」 2019)
  • 急冷薄帯固化成形プロセスによる高耐食高靭性ナノ結晶Mg合金の開発
    (2019年度金属ガラス・ナノ金属結晶材料合同講演会「最近の金属ガラス・粉末冶金研究」 2019)
  • LPSO形成過程の階層的クラスター自己集合構造の観点からの解析
    (繊維学会予稿集 2019)
  • Mg合金表面への高耐食MgO成膜のためのレーザ照射表面改質
    (第3回天田財団レーザプロセッシング助成研究成果発表会 2019)
  • Mg-Zn-Y合金の鍛造基礎特性(第四報 後方押出加工)
    (第142回日本金属学会春期大会講演概要 ((社)日本金属学会) 2008)
もっと見る
Works (8件):
  • 加工熱処理によるマグネシウム合金内部組織の電気化学的均質化と腐食制御
    2008 - 2009
  • Mg合金表面への高耐食MgO成膜のためのレーザー照射表面改質 (財)天田金属加工機械技術振興財団 平成20年度研究助成事業
    2006 - 2009
  • 粒間化合物の結晶方位関係制御による高耐熱Al合金の開発 (社)日本アルミニウム協会 平成19年度研究助成事業
    2006 - 2008
  • 特化した機能を持つ形状記憶・超弾性合金の開発
    2005 - 2008
  • 金属ガラスの過冷却液体の変形・粘性と成型加工プロセス
    2003 - 2008
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1998 - 2000 東北大学 材料物性学専攻 博士後期課程
  • 1996 - 1998 東北大学 材料物性学専攻 博士前期課程
  • 1992 - 1996 東北大学 金属工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東北大学)
経歴 (8件):
  • 2019/04 - 現在 熊本大学 大学院先端科学研究部 教授
  • 2011/12 - 2019/03 熊本大学 先進マグネシウム国際研究センター 准教授
  • 2015/09 - 2016/12 クイーンズランド大学 機械および採鉱学部 研究員
  • 2008/12 - 2011/12 熊本大学 大学院自然科学研究科 准教授
  • 2005/01 - 2008/12 熊本大学 衝撃・極限環境研究センター 助手・助教
全件表示
受賞 (86件):
  • 2020/03 - 国立大学法人熊本大学工学部 第19回優秀教育者表彰 材料物理化学
  • 2019/11 - 国立大学法人熊本大学 平成30年度研究活動表彰
  • 2019/11 - 一般社団法人軽金属学会 軽金属学会第137回秋期講演大会優秀ポスター発表賞(指導学生受賞) Mg-Zn-Y合金急冷薄帯固化成形材の擬似体型中での腐食及び応力腐食割れ挙動
  • 2019/04 - 公益財団法人天田財団 奨励論文賞 Mg合金表面への高耐食MgO成膜のためのレーザ照射表面改質
  • 2019/03 - 新学術領域研究「ミルフィーユ構造の材料科学」 新学術領域研究「ミルフィーユ構造の材料科学」平成30年度年次報告会ポスター賞(指導学生受賞) ミルフィーユ構造を有するMg-Zn-Gd合金の難燃化
全件表示
所属学会 (3件):
腐食防食学会 ,  軽金属学会 ,  日本金属学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る