研究者
J-GLOBAL ID:200901065266544092   更新日: 2016年01月07日

太田 仁樹

オオタ ヨシキ | Ota Yoshiki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.e.okayama-u.ac.jp/~yoota/sotahp.htmhttp://www.e.okayama-u.ac.jp/~yoota/sotahp.htm
研究分野 (3件): 政治学 ,  経済学説、経済思想 ,  思想史
研究キーワード (8件): 多民族共生 ,  民族問題 ,  国民国家 ,  国民経済 ,  Multinational Coexistence ,  National Problem ,  Nation-State ,  National Economy
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 1997 - オーストリア民族理論の研究
  • 1997 - Austrian National Theory
  • 1985 - マルクス主義理論史
MISC (12件):
  • 太田仁樹. 恒木健太郎『思想としての大塚史学』をめぐって. 季報 唯物論研究. 2014. 126. 140-145
  • Ota, Yoshiki. On Tsuneki's "Otsuka Shigaku as Social Thought". Quartly of Reseach of Materialism. 2014. 126. 140-145
  • 太田仁樹. 『ゴータ綱領批判」. 季報 唯物論研究. 2013. 124. 108-119
  • 太田仁樹. ルドルフ・ヒルファーディング. エコノミスト. 2013. 91. 32. 56-57
  • Ota, Yoshiki. Critique of the Gotha Program. A Quarterly Report of Materialism Studies. 2013. 124. 108-119
もっと見る
講演・口頭発表等 (4件):
  • 保住敏彦「ヴァイマル共和国期におけるE. ハイマンの社会政策論と社会国家の構想」へのコメント
    (経済学史学会関西部会第164回例会 2013)
  • 民族政策をめぐるカール・レンナーとオットー・バウアー
    (経済学史研究会第213回例会 2012)
  • Austrian National Policy: Karl Renner vs. Otto Bauer
    (The 213th Meeting of the KG Society for the History of Economic Thought 2012)
  • 星野中のマルクス主義研究
    (経済学史学会関西部会第159回例会 2010)
学歴 (4件):
  • - 1980 名古屋大学 経済学史
  • - 1980 名古屋大学
  • - 1973 京都大学 経済学科
  • - 1973 京都大学
学位 (1件):
  • 博士(経済学) (名古屋大学)
経歴 (2件):
  • 2004 - - 岡山大学社会文化科学研究科 教授
  • 2004 - - Professor,Graduate School of Humanities and Social Sciences,Okayama University
委員歴 (3件):
  • 2010 - 2014 社会思想史学会 年報編集主任
  • 2010 - 2014 Society for the History of Social Thought Editorial Cheaf of the Annual of the Society for the History of Social Though
  • 2003 - ポスト・マルクス研究会 オーガナイザー
所属学会 (9件):
日本政治学会 ,  政治思想学会 ,  経済理論学会 ,  ポスト・マルクス研究会 ,  経済学史学会 ,  The Japanese Society for Slavic and East European Studies ,  社会思想史学会 ,  Society for the History of Economic Thought ,  Society for the History of Social Thought
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る