研究者
J-GLOBAL ID:200901065273915136   更新日: 2017年02月23日

渡辺 孝章

ワタナベ タカアキ | Watanabe Takaaki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 保存治療系歯学
研究キーワード (2件): 歯科保存学(歯周療法学) ,  Conservative dentistry (Periodontics)
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2004 - 2009 臨床実習における針刺し事故の予防教育
  • 1995 - 1997 手用歯ブラシと新しい電動歯ブラシにおけるプラークコントロールと歯周疾患の比較に関する研究
  • Nd:YAGレーザーを応用したう蝕予防
  • Temporomandibular Joint Dysfunction in the general group
  • Temporomandibular Joint Dysfunction in Adolesent Women
全件表示
論文 (6件):
MISC (52件):
書籍 (5件):
  • 歯科衛生士のための保存科アシストハンドブック
    学建書院 2014
  • ケース対応3ステップで見るプラークコントロールのテクニック
    2011
  • 新・歯科衛生士教育マニュアル 歯周病学
    クインテッセンス出版 2011
  • 歯科衛生士教育マニュアル 歯周治療
    クィンテッセンス出版株式会社 1998
  • THE TEXTBOOK FOR DENTAL HYGIENIST Periodontal Treatment
    Quintessence Publishing Co. , Ltd. 1998
講演・口頭発表等 (9件):
  • 段差歯ブラシのプラーク除去効果について
    (第140回日本歯科保存学会 2014)
  • 臨床実習における針刺し事故の実態調査と予防教育ー予防教育前後の比較ー
    (第31回日本歯科医学教育学会 2012)
  • 歯周治療におけるブラッシング指導の実際
    (臨床研修医研修会 2011)
  • 臨床実習における針刺し事故の実態調査と予防教育について
    (第28回 日本歯科医学教育学会 2009)
  • 鶴見大学附属病院における診療参加型臨床実習について
    (第28回日本歯科医学教育学会 2009)
もっと見る
Works (4件):
  • 歯周治療の長期的予後と管理システムに関するコーホート研究
    1996 -
  • The Cohort Study on Long-Term Prognosis and Management System of Periodontal Treatment.
    1996 -
  • ブラッシング圧とプラーク除去効果との関係
    1985 -
  • Relatiouship between Brushing Pressures and Plaque Removal by Toothbrushing
    1985 -
学歴 (2件):
  • - 1979 鶴見大学 歯学科
  • - 1979 鶴見大学
学位 (1件):
  • 歯学博士 (鶴見大学)
経歴 (8件):
  • 1997 - 2004 鶴見大学短期大学部 助教授
  • 1997 - 2004 鶴見大学短期大学部
  • 2004 - - 鶴見大学短期大学部 教授
  • 2004 - - Tsurumi Junior college, Professor
  • 1987 - 1997 鶴見大学 講師
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2012/04 - 現在 横浜鶴見歯周病研究会 副会長・理事
  • 1994/04 - 現在 日本歯周病学会 評議員
  • 2014/04 - 2015/03 一般財団法人 短大基準協会 評価員
  • 2012/04 - 2013/03 一般財団法人 短大基準協会 評価員
  • 2010/04 - 2011/03 財団法人 短期大学基準協会 評価員
全件表示
所属学会 (7件):
日本歯科衛生教育学会 ,  横浜鶴見歯周病研究会 ,  日本歯科医学教育学会 ,  日本歯科人間ドック学会 ,  日本障害者歯科学会 ,  日本歯科保存学会 ,  日本歯周病学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る