研究者
J-GLOBAL ID:200901065450071822   更新日: 2020年09月25日

東矢 光代

トウヤ ミツヨ | Mitsuyo Toya
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 外国語教育
研究キーワード (2件): 応用言語学 ,  英語教育
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 現在 複線径路等至性アプローチによる英語での授業へのプロセス探求:小中高比較と理論化
  • 2011 - 2016 英語リスニングが苦手な学習者への高周波音域弁別訓練:行動分析学的検証と教授法構築
  • 2008 - 2010 英語リスニングでの閾値仮説とボトムアップ処理:高周波音域弁別と子音聞き取り能力
  • 2006 - 2007 多様な学習者のための実践的英語リスニング訓練法の行動分析学的研究
論文 (30件):
  • Mitsuyo Toya. Identifying Variables in English as Medium of Instruction: A Trajectory Equifinality Modeling Analysis of Two English Teachers in Japan. The Southeast Asian Conference on Education 2020: Official Conference Proceedings. 2020. 315-323
  • 東矢 光代, 當間 千夏. 世界の捉え方にみる学習者の特性とクラス・ダイナミクス : BEVIの結果に基づく分析. 言語文化研究紀要. 2019. 28. 23-45
  • 東矢 光代. 自己表現するオーラルコミュニケーション活動: 教職課程におけるタスク設定と個別録画カメラ使用の効果. 言語学習と教育言語学:2018 年度版. 2019. 41-50
  • 上運天 美都子, 東矢 光代. 沖縄アミークスのイマージョン教育 -9年生のふり返りを基にした考察-. 言語学習と教育言語学 2017 年度版. 2018. 11-25
  • 東矢 光代. 平成28年度「英語教育実施状況調査」に見る沖縄県の英語力と新学習指導要領対応に関する考察. 言語文化研究紀要. 2017. 26. 39-59
もっと見る
MISC (1件):
  • MacLean, G.M, Toya, M, Goya, H. iPad Usage at the Foreign Language Center. 琉球大学大学教育センター報. 2016. 19. 86-87
書籍 (2件):
  • 日本における英語イマ-ジョン教育の成果と課題-沖縄アミークスの事例-
    公益財団法人日本英語検定協会委託研究報告書 2016
  • 外国語活動の教科化にともなう教員養成カリキュラム開発 : 教育課題に対応するための教員養成カリキュラムの開発
    琉球大学( 文部科学省委託調査研究事業 : 平成27年度) 2016
学位 (3件):
  • Master of Arts (University of Hawaii at Manoa)
  • 博士(総合社会文化) (日本大学)
  • Master of Arts (University of Hawaii at Manoa)
経歴 (6件):
  • 2018/04/01 - 現在 琉球大学 国際地域創造学部 国際言語文化プログラム 教授
  • 2013/10/01 - 2018/03/31 琉球大学 法文学部 国際言語文化学科 教授
  • 2008/04/01 - 2013/09/30 琉球大学 法文学部 国際言語文化学科 准教授
  • 2003/02/01 - 2008/03/31 琉球大学 法文学部 国際言語文化学科 助教授
  • 1997/04/01 - 2003/01/31 琉球大学 法文学部 国際言語文化学科 専任講師
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る