研究者
J-GLOBAL ID:200901065809928767   更新日: 2021年07月20日

恩田 裕一

オンダ ユウイチ | Onda Yuichi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.ied.tsukuba.ac.jp/~onda/
研究分野 (3件): 森林科学 ,  防災工学 ,  地理学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2009 - 2015 荒廃人工林の管理による流量増加と河川環境の改善を図る革新的な技術の開発
  • 2012 - 2013 「重要政策課題への機動的対応の推進及び総合科学技術会議における政策立案のための調査放射性物質による環境影響への対策基盤の確立」放射性物質の分布状況等に関する調査研究
  • 2010 - 2012 半乾燥地草原における細粒土壌の移動速度,移動履歴の解明
  • 2011 - 2011 「重要政策課題への機動的対応の推進及び総合科学技術会議における政策立案のための調査放射性物質による環境影響への対策基盤の確立」放射性物質の分布状況等に関する調査研究
  • 2003 - 2008 CREST水循環「森林荒廃が洪水・河川環境に及ぼす影響とモデル化」
全件表示
論文 (537件):
  • Sakakibara, Koichi, Iwagami, Sho, 辻村, 真貴, Konuma, Ryohei, Sato, Yutaro, Onda, Yuichi. Radiocesium leaching from litter during rainstorms in the Fukushima broadleaf forest. Science of the Total Environment. 2021. 796. 148929
  • Onda, Yuichi, Sweeck, Lieve, Shinano, Takuro, Dercon, Gerd, Yi, A Lee Zhi, Kato, H. Soil and vegetation sampling during the early stage of Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident and the implication for the emergency preparedness for agricultural systems. Journal of environmental radioactivity. 2020. 223
  • Hisadome, Keigo, Onda, Yuichi, Loffredo, Nicolas, Kawamori, Ayumi, Kato, Hiroaki. Spatial variation and radiocesium flux of litterfall in hardwood-pine mixed forest and cedar plantations based on long-term monitoring data. JOURNAL OF RADIOANALYTICAL AND NUCLEAR CHEMISTRY. 2020. 326. 2. 1491-1504
  • Fesenko, Sergey, Shinano, Takuro, Onda, Yuichi, Dercon, Gerd. Dynamics of radionuclide activity concentrations in weed leaves, crops and of air dose rate after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident. Journal of environmental radioactivity. 2020. 222
  • Kurihara, Momo, Onda, Yuichi, Yasutaka, Tetsuo. Differences in leaching characteristics of dissolved radiocaesium and potassium from the litter layer of Japanese cedar and broadleaf forests in Fukushima, Japan. Journal of environmental radioactivity. 2020. 223-224
もっと見る
書籍 (38件):
  • Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry, Accepted
    2019
  • 改訂版 地球環境学
    古今書院 2019 ISBN:9784772253192
  • IAEA TECDOC 1665: Assessment of the contribution from surface erosion of forest floors to suspended sediment in mountainous forested catchments in the Tsuzura watershed, southern Japan.
    IAEA 2011
  • 「生態系管理」,丹保憲仁編『自然と共生した流域圏・都市の再生』
    リバーフロント整備センター 2010
  • 「森林の水文地形学」 中村徹編『森林の科学への招待』
    筑波大学出版会 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (142件):
  • Monitoring channel morphology changes in a headwater stream with monocable-system photographing and structure from motion photogrammetry
    (American Geophysical Union, Fall Meeting 2018 2018)
  • UAV-SfM手法及び水文観測に基づく森林作業道ネットワークにおける水-土砂連続性の解析
    (日本地形学連合2018年秋季大会 2018)
  • 福島における放射性物質の分布状況調査 (9)福島県の森林における樹冠通過雨及び樹幹流の放射性セシウム濃度の変化要因
    (日本原子力学会2018年秋の大会 2018)
  • Data update on forest, Proposal of new parameter for IAEA document
    (Interim meeting (Fukushima parameter) of WG4 of IAEA MODARIA II 2018)
  • 福島原子力発電所事故から7年間の森林環境中の放射性セシウム移行状況
    (日本地球惑星科学連合2018年大会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1990 筑波大学 地理学・水文学
  • - 1985 明治大学 地理学
学位 (2件):
  • 理学博士
  • 理学修士
経歴 (4件):
  • 2009/03/01 - 現在 筑波大学 大学院生命環境科学研究科 教授
  • 2003/03/01 - 現在 筑波大学大学院生命環境科学研究科 筑波大学大学院生命環境科学研究科 助教授
  • 1999/04/01 - 2003/02/28 筑波大学 筑波大学講師 地球科学系
  • 1992/07/01 - 1999/03/31 名古屋大学農学部 名古屋大学農学部助手
委員歴 (3件):
  • 2004 - 現在 砂防学会 編集委員
  • 1994 - 現在 水文・水資源学会 編集出版委員
  • - 現在 日本地形学連合 委員
受賞 (1件):
  • 2008/08/27 - 水文・水資源学会 水文・水資源学会論文賞
所属学会 (10件):
日本林学会 ,  日本地理学会 ,  日本地形学連合 ,  日本地すべり学会 ,  日本水文科学会 ,  水文・水資源学会 ,  砂防学会 ,  日本応用地質学会 ,  Soil Science Society of America ,  American Geophysical Union
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る