研究者
J-GLOBAL ID:200901066048765970   更新日: 2018年10月29日

窪田 美穂子

クボタ ミホコ | Kubota Mihoko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 英語学 ,  言語学
研究キーワード (2件): 言語学 ,  Linguisties
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 幼児の第一言語獲得(英語・日本語の諸例)
  • First Language Acquistion by Children in the Cases of English and Japanese
論文 (8件):
  • 窪田 美穂子. 幼児の日本語の禁止・義務表現の習得: 標準語と方言での異なる習得経路から. 東京造形大学研究報. 2018. 19. 25-39
  • 窪田 美穂子. 3歳から4歳までの子どもの理由を表す接続助詞 「から」の習得. 東京造形大学研究報. 2017. 18. 129-143
  • 窪田 美穂子. 理由を表す接続助詞「から」の親の使用と2〜4歳児との比較. 東京造形大学研究報. 2016. 17. 196-208
  • 窪田 美穂子. 2〜4歳児による理由を表す接続助詞「から」の習得. 東京造形大学研究報. 2015. 16. 24-34
  • 庭野 賀津子, 田邊 素子, 窪田 美穂子, 佐藤 洋介, 坪川 宏. 若年成人の対乳児発話表出時における脳反応:近赤外線分光法による検討. 感性福祉研究所年報. 2014. 15. 221-229
もっと見る
MISC (49件):
  • 窪田 美穂子. 書評紹介 「第一言語習得における語用論上の発達」 D. マシューズ編. 言語研究. 2016. 149. 61-68
  • 窪田美穂子. 非特定明確化要求に対する親と子供の文脈に基づく自己発話訂正の比較研究. 津田塾大学大学院「論集」. 2006. 27. 109-126
  • A comparative study of parental and child contextual self-repairs upon non-specific clarification requests. Tsuda Inquiry. 2006. 27. 109-126
  • 書評論文「エコロジーと言語獲得」J.レザー&J.バンダム編. Linguistics(言語学). 2004. 42. 2. 509-520
  • Book review:“Ecology of Language Acquisition,”by Jonathan Leather and Jet van Dam (Eds.). Linguistics. 2004. 42. 2. 509-520
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • 禁止を表す日本語の否定語の習得における異なる経路:標準語の「だめ」と関西弁「あかん」
    (方言学の諸方法第16回大会 2017)
  • Hemodynamic responses during the production of infant-directed speech: A NIRS study of young adults
    (JSLS言語科学会第十六回年次国際大会 2014)
  • 親子会話にみる明確化要求とその返答においての英語と日本語の比較研究
    (JSLS言語科学会第九回年次国際大会 2007)
学歴 (4件):
  • - 1995 津田塾大学 英文学
  • - 1995 津田塾大学
  • - 1989 津田塾大学 英文
  • - 1989 津田塾大学
学位 (2件):
  • 修士(英文学) (津田塾大学)
  • 修士(言語学) (米国テキサス工科大学)
経歴 (11件):
  • 2017/04 - 現在 東京造形大学 造形学部 教授
  • 2014/04 - 2017/03 東京造形大学 造形学部 准教授
  • 2000/04 - 2014/03 - 東北福祉大学 准教授
  • 1995/04 - 2000/03 東北福祉大学 専任講師
  • 2000 - - Tohoku Fukushi University, Assistant Professor
全件表示
所属学会 (13件):
言語科学会 ,  日本語用論学会 ,  社会言語科学会 ,  JCHAT言語科学研究会 ,  日本認知言語学会 ,  Society for Research in Child Development ,  日本英語学会 ,  日本英文学会 ,  津田塾大学大学院英文学会 ,  日本言語学会 ,  東京言語学会(Tokyo Area Circle of Linguistics) ,  津田塾大学言語文化研究所 ,  The Japanise Association of Sociolinguistc Sciences
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る