研究者
J-GLOBAL ID:200901066222899779   更新日: 2021年03月29日

阿部 修人

Abe Naohito
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (2件): 経済政策 ,  経済政策
研究キーワード (4件): ミクロ計量 ,  動学分析 ,  実証分析 ,  マクロ経済学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2023 家計消費行動における分離可能性・集合財の検証
  • 2015 - 2019 POSデータを活用した家計別物価水準の計測と家計消費行動の分析
  • 2009 - 2015 日本経済論
  • 2009 - 2014 日次マーケティングデータに基づく家計消費・労働供給の分析
  • 2006 - 2009 年齢間所得格差を用いた家計消費行動と消費格差・リスクシェアリングの実証分析
全件表示
論文 (69件):
  • Naohito Abe, D.S, Prasada Rao. Multilateral Sato-Vartia index for international comparisons of prices and real expenditures (共著). Economics Letters. 2019. 183
  • 阿部修人, 上野有子. インフレ予測調査における点予測と主観的分布の整合性について (共著). 『経済研究』. 2019. 70. 2. 96-112
  • 稲倉典子, 阿部修人, 井深陽子, 森口千晶. 日本におけるカロリー価格指数と栄養素価格指数の長期的推計. 経済研究. 2019. 70. 2. 113-145
  • 阿部 修人, 稲倉典子, 小原美紀. 余暇への時間・金銭投入に関する一考察 (共著). 『経済研究』. 2018. 69. 4. 289-313
  • 阿部 修人. 物価と企業行動(下)新商品投入で実質値上げ、需要弱く「定番」は据え置き. 『日本経済新聞「経済教室」』2018年7月20日. 2018
もっと見る
MISC (8件):
  • 阿部 修人. ミクロデータが変えるマクロ経済学7「次元の呪い」回避が課題. 日本経済新聞/ 日本経済新聞社/『やさしい経済学』. 2017
  • 阿部 修人. ミクロデータが変えるマクロ経済学6 経済の早期予測に活用広がる. 日本経済新聞/ 日本経済新聞社/『やさしい経済学』. 2017
  • 阿部 修人. ミクロデータが変えるマクロ経済学5 企業や家計間の差異、無視できず. 日本経済新聞/ 日本経済新聞社/『やさしい経済学』. 2017
  • 阿部 修人. ミクロデータが変えるマクロ経済学3 POSデータ、公式統計を補う. 日本経済新聞/ 日本経済新聞社/『やさしい経済学』. 2017
  • 阿部 修人. ミクロデータが変えるマクロ経済学2 高い精度の統計 必要に. 日本経済新聞/ 日本経済新聞社/『やさしい経済学』. 2017
もっと見る
書籍 (1件):
  • 『家計消費の経済分析』
    岩波書店 2011 ISBN:9784000099196
講演・口頭発表等 (57件):
  • Cost of Living Index with Heterogeneous Preferences
    (U-Tokyo & Hitotsubashi Workshop on Economic Measurement and Activities Group: EMAG 2019)
  • Multilateral Sato-Vartia Index for International Comparisons of Prices and Real Expenditures
    (International Comparisons Conference at the University of Groningen 2019)
  • Quantifying and Accounting for Quality Differences in Services in International Price Comparisons: A Bilateral Price Comparison between United States and Japan
    (Fifty Years of International Comparison Program: Achievements and Moving Forward 2018)
  • Quantifying and Accounting for Quality Differences in Services in International Price Comparisons: A Bilateral Price Comparison between United States and Japan
    (PPP/ICP Conference 2018)
  • The Mechanism of Inflation Expectation Formation among Consumers
    (32nd Annual Congress of the European Economic Association, 70th European Meeting of the Econometric Society 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1995 - 2000 Yale University
  • 1993 - 1995 一橋大学
  • - 1993 一橋大学
学位 (2件):
  • Ph.D. (Yale University)
  • Doctor of Philosophy (Yale University)
経歴 (6件):
  • 2020/09/01 - 現在 一橋大学 役員補佐
  • 2011/04/01 - 現在 一橋大学 経済研究所 教授
  • 2007/04/01 - 2011/03/31 一橋大学 経済研究所 准教授
  • 2005/04/01 - 2007/03/31 日本銀行 調査統計局 アドバイザー
  • 2004/08/01 - 2007/03/31 一橋大学 経済研究所 助教授
全件表示
所属学会 (2件):
European Economic Association ,  日本経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る