研究者
J-GLOBAL ID:200901066572016152   更新日: 2021年11月11日

中西 猛

ナカニシ タケシ | Nakanishi Takeshi
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 機能生物化学 ,  機能生物化学
研究キーワード (1件): タンパク質 抗体 遺伝子工学 相互作用解析 結晶構造解析
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2017 - 2020 革新的なバイオ医薬創製に向けた分子連結技術の高度化
  • 2013 - 2016 高機能抗体創製を指向する分子連結技術の開発
  • 2011 - 2012 天然リガンドを起点とした高効率機能抗体作製法の開発
  • 2009 - 2010 ボトムアップ的ライブラリー構築による抗体様RNA分解酵素の創製
論文 (48件):
  • Asano Ryutaro, Hosokawa Katsuhiro, Taki Shintaro, Konno Shota, Shimomura Ippei, Ogata Hiromi, Okada Mai, Arai Kyoko, Onitsuka Masayoshi, Omasa Takeshi, et al. Build-up functionalization of anti-EGFR x anti-CD3 bispecific diabodies by integrating high-affinity mutants and functional molecular formats. SCIENTIFIC REPORTS. 2020. 10. 1
  • Ueda Asami, Umetsu Mitsuo, Nakanishi Takeshi, Hashikami Kentaro, Nakazawa Hikaru, Hattori Shuhei, Asano Ryutaro, Kumagai Izumi. Chemically Crosslinked Bispecific Antibodies for Cancer Therapy: Breaking from the Structural Restrictions of the Genetic Fusion Approach. INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES. 2020. 21. 3
  • Hideaki Sanada, Kazuki Kobayashi, Kenji Oyama, Takamitsu Maru, Takeshi Nakanishi, Mitsuo Umetsu, Ryutaro Asano, Izumi Kumagai. Affinity maturation of humanized anti-epidermal growth factor receptor antibody using a modified phage-based open sandwich selection method. Scientific Reports. 2018. 8. 1. 5414
  • Hideaki Sanada, Kazuki Kobayashi, Kenji Oyama, Takamitsu Maru, Takeshi Nakanishi, Mitsuo Umetsu, Ryutaro Asano, Izumi Kumagai. Affinity maturation of humanized anti-epidermal growth factor receptor antibody using a modified phage-based open sandwich selection method. Scientific Reports. 2018. 8. 1
  • Hideaki Sanada, Kazuki Kobayashi, Kenji Oyama, Takamitsu Maru, Takeshi Nakanishi, Mitsuo Umetsu, Ryutaro Asano, Izumi Kumagai. Affinity maturation of humanized anti-epidermal growth factor receptor antibody using a modified phage-based open sandwich selection method. Scientific Reports. 2018. 8. 1. 5414
もっと見る
MISC (2件):
  • 抗体医薬の最前線 抗体ドメインの積み木細工による高機能化と医用への展開. シーエムシー出版
  • 抗体ライブラリー技術の現状と今後の展望. 細胞工学
書籍 (2件):
  • 次世代医薬開発に向けた抗体工学の最前線 ファージ提示系による親和性の向上
    シーエムシー出版 2012
  • 抗体医薬の最前線 抗体ドメインの積み木細工による高機能化と医用への展開
    シーエムシー出版 2007
学歴 (4件):
  • - 2003 大阪市立大学 生物応用化学専攻
  • - 2003 大阪市立大学 生物応用化学専攻
  • - 1998 大阪市立大学 生物応用化学科
  • - 1998 大阪市立大学 生物応用化学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (大阪市立大学)
  • 博士(工学) (大阪市立大学)
経歴 (2件):
  • 2018/10/01 - 現在 大阪市立大学 工学研究科 化学生物系専攻 准教授
  • 2010/04/01 - 2018/09/30 大阪市立大学 工学研究科 化学生物系専攻 講師
所属学会 (2件):
日本蛋白質科学会 ,  日本蛋白質科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る